Apple のセキュリティ機能「Gatekeeper」が抱える厄介な問題

2012年11月5日

Apple 社の最新デスクトップ OS に搭載されるセキュリティ機能は、果たして画期的なコンピューター保護技術なのか、それとも IT 業界を牛耳るための同社の新たな一手なのか。その印象は、見方によってまったく異なります。

アップルストア
pio3 / Shutterstock.com

なぜこのような印象を受けるのでしょうか。それは、OS X Mountain Lion(同社 9 番目のバージョンとなる Mac デスクトップ向け OS の最新版)に搭載されるセキュリティ機能「Gatekeeper」が、ユビキタスな iPhone の基盤である iOS プラットフォームと似た動作をするからです。iPhone ユーザーであれば誰もが知っているとおり、iPhone では iTunes App Store で承認および販売されるアプリのみダウンロードできます。この仕組みの良いところは、ストアには Apple 社が承認したアプリしかなく、アプリ作成者も審査される点です。不正アプリが審査をかいくぐる可能性は低く、危険なマルウェアやトロイの木馬が仕込まれていないプログラムを利用できるので、ユーザーは安心して iPhone を楽しめます。その一方で、こうした仕組みによって Apple 社が自社のハードウェア/ソフトウェアのエコシステムにユーザーを囲い込もうとしている疑念も浮かび上がります。同社のアプリしか使えないようにすることで、利益を確保しているという見方もあります。

Mountain LionのGatekeeper 機能には、3 つのユーザー設定があります。1 つは、すべてのソフトウェアおよびアプリの実行を許可する設定。2つめは、App Store または Apple デベロッパーで承認されたアプリを実行許可する設定。3 つめは、公式 App Store のアプリとソフトウェアのみを実行許可する設定です。いずれも単純で分かりやすい選択肢です。ここで気をつけなければならないのは、3 つめの設定に(潜在的に)存在する問題です。

Apple 社のソフトウェアとアプリのみを実行できるよう Mac に設定することで、iPhone 同様、悪意のあるプログラムは排除され、Apple 社が承認したものだけを実行できるようになります。うがった見方をすれば、今後同社から提供される OS ではユーザーの選択肢はなく、ハードウェア上で実行できるのは Apple 社のソフトウェアのみとなる可能性があるわけです。3 つめの設定は、その布石にも見えます。Apple 社は引き続き大きな存在感を市場で発揮しています(2012 年の第 1会計四半期の売上高は 460 億ドルでした)。そんな同社が、こうした機能を使ってユーザーを Apple 社のハードウェア / ソフトウェアのエコシステムに囲い込み、さらに多くの利益を獲得しようと動いている可能性があるのです。

もちろん、Apple 社はこのような方向性について公式に発表しているわけではありません。むしろ、今後の計画については、CIA が国家機密を守る以上の鉄壁の守りで外部から保護しています。そのため、業界アナリストは同社の今後を予測する際に、上記のような噂や推測に頼るほかありません。

Gatekeeper が Apple 社の次代のハードウェア/ソフトウェアと相互運用できるかどうかは、まだ分かりません。しかし、そうなった場合、ユーザーは Apple 社の製品を購入するとき、セキュリティと自由のどちらを選ぶか選択を迫られることになるでしょう。