盗難

7 記事

iPhoneを2度盗まれた話

巧妙な手口に乗せられてちょっとした詐欺に遭ってしまったとき、「iPhoneを探す」アプリは助けになりませんでした。なぜでしょうか?

旅先での緊急事態:スマートフォンをなくしたら

夏は誰にとっても休暇にうってつけの季節ですが、犯罪者からすれば、1年で最も忙しい時期です。旅行者は犯罪者の格好の餌食であり、その旅行者が多いということは、犯罪者は窃盗する対象に事欠かない状況にあるといえます。さらに、スマートフォンやモバイルデバイスが世界中で人気となっている現在、今まで以上に魅力的な環境になりました。 今では、貴重品は鍵をかけて保管する、公共の場では貴重品を目につく場所には置かない、混雑した観光スポットでは特にスリに注意するなどの以前からある旅行の注意事項だけではなく、旅先でデータを盗られないために、旅行者が知っておくべき注意事項がほかにもあります。中でも重要なのは、デバイスをなくしたときに電話できるように、International Mobile Station Equipment Identity(IMEI)を書き留めておくこと(IMEIは自動車に付けられる車両識別番号のデバイス版のようなものです)、そしてプロバイダーの電話番号を控えておくことです(電話番号は国内からかける場合と海外でかける場合とで違うので、正しい番号を記録するよう注意しましょう)。 デバイスをなくしたときに電話できるように、International Mobile Station Equipment Identity(IMEI)を書き留めておき、プロバイダーの電話番号も控えておきます。 しかし、最悪の事態が発生したとしましょう。湖や浜辺、その他夏の旅行先として思い浮かぶ場所で、あなたはスマートフォンかタブレットを紛失してしまいました。そのときには、データ盗難で発生する可能性のある被害を最小限に抑えて、うまくいけばデバイスを取り戻せるように、すぐに次の措置を取りましょう。 自分の携帯電話に電話:理想的な展開としては、携帯電話を単に置き忘れていて着信音が近くから聞こえるか、親切な人が拾っていて、取りに行く場所を教えてくれることです。 デバイスを検索:最良のシナリオとはいかなかった場合、デバイスの回収や遠隔操作によるデータ消去のために、すぐに行動を起こしましょう。デバイスにカスペルスキー モバイル セキュリティがインストールしてあるならば、そのデバイスを検索する、メッセージを送る、あるいは(窃盗犯かもしれない)デバイス使用者の写真を撮影することができます。また、必要に応じて遠隔操作でデータを消去して、データやIDの盗難を防ぐことが可能です。 SIMカードをブロック:携帯電話が契約したものかプリペイドかに関わらず、紛失したことに間違いがないのならば、これが次のステップになります。お勧めしたように、紛失したまたは盗難にあったデバイスについて報告する際にIMEIと携帯電話キャリアの番号が控えてあれば、SIMカードをブロックすることができます。キャリアに電話して、SIMをすぐにロックしてもらいます。これで、データへのアクセスを防いで、失うものをデバイス自体の損失にとどめます。 事件を報告:最悪の事態が発生して、旅先でスマートフォンを単に置き忘れたわけではなく、盗難にあったことがわかったら、地元の警察署にすぐに連絡します。当局に携帯電話のIMEIかシリアル番号を伝えましょう。もしも窃盗犯が逮捕された場合には、犯人を起訴するのにこの情報が極めて重要な役割を果たします。

iPhone の保護

インフォグラフィック:iPhoneを保護するには

世界各地の警察機関は、iPhone の盗難が全般的な犯罪率を押し上げていると報告しています。Kaspersky Lab では、皆さまの iPhone を守るためのアドバイスをご紹介したいと思います。万一 iPhone を盗まれたり失くしたりしたときに役立つ、ヒントの数々をご覧ください。