アクティベーション回数の上限とは

カスペルスキー製品のライセンスに関する記事の締めくくりとして、よくあるケースをもう1つご紹介したいと思います。あなたがシステムの再インストールを行っているとしましょう。アンチウイルス製品を入れないわけにはいきませんよね。インストーラーを起動して、ライセンス番号を入力しました。でも・・・このメッセージは何でしょう? 多くの場合、このメッセージの原因としてお客様が考えるのは(私は何度も耳にしてきたのですが)、ライセンスがインストールされたコンピューターが多過ぎるということです。「そうだとしたら、誰かが私のライセンスを盗んだに違いない!うちのコンピューターは1台しかないのだから!」 どうぞ落ち着いてください。場合によっては、コンピューターの台数ではなく、アクティベーションの回数が重要なこともあるのです。同じコンピューターでアクティベーションした場合も同様です。 いつものように、まずは公式の文書から見ていきましょう。使用許諾契約書には次のように書かれています。「3.1. お客様がご自身の端末に変更を加えた場合、あるいは、端末にインストールされたほかのベンダーのソフトウェアの変更を行った場合、本ソフトウェアの再アクティベーションが必要となる場合があります。また、再アクティベーションの回数には権利者が制限を設ける場合があります。」 言うまでもありませんが、この制限は海賊版対策として設けられたものです。もちろん、異常な回数のアクティベーションが行われるとカスペルスキーのサーバーが反応しますが、それにはある程度時間がかかることもあります。ライセンスの悪用を防止するため、アクティベーション回数の特殊なカウントが導入されました。特定のライセンスコードが既定の上限に達すると、上のエラーメッセージが表示され、そのライセンスを使えなくなります。 特定のライセンスコードの上限に達すると、エラーメッセージが表示され、そのライセンスを使えなくなります では、「既定の上限」とは具体的にどのようなものなのでしょうか?この仕組みが導入された当初は極めて高い上限が設定されており、1ライセンスコード当り100回のアクティベーションが可能でした。2台版ライセンスの場合にこの上限を超過するには、両方のPCで毎週末、1年にわたって再インストールを繰り返すことになります。当然ながら、この機能による海賊版対策は効率が悪かったので、さらなる研究が行われました。「世界規模での海賊行為の分析」とでも言うべきものです。その分析の結果、地域ごとにソフトウェア海賊行為のレベルが設定され、各地域に独自のアクティベーション回数の上限が設けられました。そのため、エラーメッセージが表示されるまでに何回の再アクティベーションが可能なのかは、一概には言えません。上限の回数は、海賊行為の状況に応じて定期的に見直しが行われているからです。言えるとしたら、アクティベーション回数は2回(紙切れに手書きされたライセンスコードがジャガイモ500グラムくらいの値段で売られている地域)から50回(海賊行為がそれほど横行していない地域)の間ということくらいです。 —でも、システムの再インストールが推奨される場合もありますよね。テクニカルサポートの人に勧められることもありますよ。 確かにその通りです。しかし、そもそもコンピューターの問題を解決する手段はシステムの再インストールだけではありません。他にも、製品ライセンスの合法的な所有者であれば、いつでもテクニカルサポートに手助けを求めることができます。覚えている方もいると思いますが、以前の記事で、ライセンスコードが書かれた紙を期限が切れるまで保管しておくことが重要だとお伝えしました。ライセンスコードのカードが役立つのは、まさにこのような状況です。ライセンスコードが書かれた実際の文書の写真かスキャン、あるいは、オンラインストアからのコードが書かれたメールを送ってください。ライセンスコードが悪用されたという証拠が何もなければ、カスペルスキーのスペシャリストがライセンスアクティベーションの回数をリセットし、現在のすべてのアクティベーションを取り消します。コードが盗まれて10か国で20台のコンピューターで使われている場合は、ブロックすべきコードの代わりに新しいコードが提供されます。とはいえ、最近ではライセンスコードの不正使用が減ってきています。これはもちろん、企業にとっても、その製品を購入する大切なお客様にとっても良いことです。 テクニカルサポートの依頼でアンチウイルスを再インストールする場合や最新バージョンにアップグレードする場合については、製品のアンインストールを[スタート]メニューから行い、コンピューターにライセンス情報を保存することを選択すれば、アクティベーション回数が増えるのを避けることができます。この場合、ライセンスコードは後でカスペルスキーのインストーラーによって使用され、アクティベーション回数は変わりません。ただし、オペレーティングシステムを完全に再インストールした場合や、特殊なユーティリティを使ってシステムを削除した場合は、この限りではありません。 ではまとめます。上の写真のエラーメッセージは、あなたのライセンスが別のコンピューターで使われているということではありません。ライセンスコードを使用した回数が多すぎるということを通知するものです。この問題を解決するには、Kaspersky Labのテクニカルサポートに連絡して、ライセンスコードが書かれた紙のコピーを送る必要があります。 しかし、カスペルスキー製品は多くのコンピューターで問題なく動作するので、再インストールが必要になることはほぼないでしょう。カスペルスキー製品で良い体験を!

アクティベーション上限

カスペルスキー製品のライセンスに関する記事の締めくくりとして、よくあるケースをもう1つご紹介したいと思います。あなたがシステムの再インストールを行っているとしましょう。アンチウイルス製品を入れないわけにはいきませんよね。インストーラーを起動して、ライセンス番号を入力しました。でも・・・このメッセージは何でしょう?

多くの場合、このメッセージの原因としてお客様が考えるのは(私は何度も耳にしてきたのですが)、ライセンスがインストールされたコンピューターが多過ぎるということです。「そうだとしたら、誰かが私のライセンスを盗んだに違いない!うちのコンピューターは1台しかないのだから!」 どうぞ落ち着いてください。場合によっては、コンピューターの台数ではなく、アクティベーションの回数が重要なこともあるのです。同じコンピューターでアクティベーションした場合も同様です。

アクティベーションエラー(超過)

いつものように、まずは公式の文書から見ていきましょう。使用許諾契約書には次のように書かれています。「3.1. お客様がご自身の端末に変更を加えた場合、あるいは、端末にインストールされたほかのベンダーのソフトウェアの変更を行った場合、本ソフトウェアの再アクティベーションが必要となる場合があります。また、再アクティベーションの回数には権利者が制限を設ける場合があります。

言うまでもありませんが、この制限は海賊版対策として設けられたものです。もちろん、異常な回数のアクティベーションが行われるとカスペルスキーのサーバーが反応しますが、それにはある程度時間がかかることもあります。ライセンスの悪用を防止するため、アクティベーション回数の特殊なカウントが導入されました。特定のライセンスコードが既定の上限に達すると、上のエラーメッセージが表示され、そのライセンスを使えなくなります。

特定のライセンスコードの上限に達すると、エラーメッセージが表示され、そのライセンスを使えなくなります

では、「既定の上限」とは具体的にどのようなものなのでしょうか?この仕組みが導入された当初は極めて高い上限が設定されており、1ライセンスコード当り100回のアクティベーションが可能でした。2台版ライセンスの場合にこの上限を超過するには、両方のPCで毎週末、1年にわたって再インストールを繰り返すことになります。当然ながら、この機能による海賊版対策は効率が悪かったので、さらなる研究が行われました。「世界規模での海賊行為の分析」とでも言うべきものです。その分析の結果、地域ごとにソフトウェア海賊行為のレベルが設定され、各地域に独自のアクティベーション回数の上限が設けられました。そのため、エラーメッセージが表示されるまでに何回の再アクティベーションが可能なのかは、一概には言えません。上限の回数は、海賊行為の状況に応じて定期的に見直しが行われているからです。言えるとしたら、アクティベーション回数は2回(紙切れに手書きされたライセンスコードがジャガイモ500グラムくらいの値段で売られている地域)から50回(海賊行為がそれほど横行していない地域)の間ということくらいです。

でも、システムの再インストールが推奨される場合もありますよね。テクニカルサポートの人に勧められることもありますよ。

確かにその通りです。しかし、そもそもコンピューターの問題を解決する手段はシステムの再インストールだけではありません。他にも、製品ライセンスの合法的な所有者であれば、いつでもテクニカルサポートに手助けを求めることができます。覚えている方もいると思いますが、以前の記事で、ライセンスコードが書かれた紙を期限が切れるまで保管しておくことが重要だとお伝えしました。ライセンスコードのカードが役立つのは、まさにこのような状況です。ライセンスコードが書かれた実際の文書の写真かスキャン、あるいは、オンラインストアからのコードが書かれたメールを送ってください。ライセンスコードが悪用されたという証拠が何もなければ、カスペルスキーのスペシャリストがライセンスアクティベーションの回数をリセットし、現在のすべてのアクティベーションを取り消します。コードが盗まれて10か国で20台のコンピューターで使われている場合は、ブロックすべきコードの代わりに新しいコードが提供されます。とはいえ、最近ではライセンスコードの不正使用が減ってきています。これはもちろん、企業にとっても、その製品を購入する大切なお客様にとっても良いことです。

テクニカルサポートの依頼でアンチウイルスを再インストールする場合や最新バージョンにアップグレードする場合については、製品のアンインストールを[スタート]メニューから行い、コンピューターにライセンス情報を保存することを選択すれば、アクティベーション回数が増えるのを避けることができます。この場合、ライセンスコードは後でカスペルスキーのインストーラーによって使用され、アクティベーション回数は変わりません。ただし、オペレーティングシステムを完全に再インストールした場合や、特殊なユーティリティを使ってシステムを削除した場合は、この限りではありません。

ではまとめます。上の写真のエラーメッセージは、あなたのライセンスが別のコンピューターで使われているということではありません。ライセンスコードを使用した回数が多すぎるということを通知するものです。この問題を解決するには、Kaspersky Labのテクニカルサポートに連絡して、ライセンスコードが書かれた紙のコピーを送る必要があります。

しかし、カスペルスキー製品は多くのコンピューターで問題なく動作するので、再インストールが必要になることはほぼないでしょう。カスペルスキー製品で良い体験を!

高くつく無料ゲーム

無料のゲームほど高くつく?深みにはまるときのサイン5つ

私が今年、電子ゲームに関して知った事実の中で一番驚いた、そして意外だったことをお話しします。よく聞いてください…無料のゲームに支払われる金額は、ゲーム機本体とゲーム機でプレイするゲームを足した金額よりも多いのです! 広告バナーなどから発生した売り上げのせいだ、と思うかもしれません。もしそう思うなら、考えが変わることでしょう。簡単に言うと、支払いのほとんどはダウンロード前ではなく、プレイ中に行われています。Apple App Storeの売り上げの実に77%はゲームからのもので、そのうちの92%がアプリ内購入です。最近のゲームでは、クリアしようとする人が思いもかけず多額の金銭を使って、ゲーム中に散財してしまうことは珍しくありません。一般社会と同様に、ゲームの開発者も2種類に分けられます。モラルのある人と、それほどない人です。後者の開発者の場合、ユーザーになるべく多くのお金を使わせながら、そのことについてなるべく考えさせないように、ゲームのルールを設定しています。心理学者が雇われて、人間の弱点や感じ方を利用する方法を編み出し、金銭を搾り取るプロセスを広めて、文句が出ないようにしているのです。この記事では、「無料の」ゲームに多額のお金を費やしてしまう兆候を見分ける方法を紹介します。 1. 危険度の高いグループに属している 仮想アイテムにお金を使ってしまいがちな人々、というグループがあります。ゲーム開発者は特にそうした人々を狙って、ゲームのコンセプトやビジュアルを設計することがあります。そのグループとは、若い人たちです。最も危ないのが子供たちで、魔法の薬やら剣やらに何千ドルもあっさりと使ってしまうことがあります。しかし子供たちをターゲットにする開発者は、親の意思、訴訟の可能性、政府の規制などの大きなリスクを抱えることになります。そのためゲーム開発者は、法的には問題ないものの、いまだ若者である25歳以下の人々をターゲットにすることを好みます。脳はこの年頃まで発達を続けるため、それより若い人は入り組んだ事柄について合理的な決定を下すのが比較的苦手です。そのような若者たちがマンガのようなキャラクターを使って楽しんでいることからも、彼らの中にまだ子供っぽい考え方が残っていることが分かります。 「Whales」(ゲームに最もお金を使っている上位5%を指す)の中で大多数を占めるのは男性(66%)で、30歳未満の人たちです。そのような人たちは普通、モバイルゲームだけでなくゲーム機を使うゲームも利用しており、週に11時間以上をゲームに費やしています。 2. Facebookなどのソーシャルアカウントへの接続をしきりに要求するゲームである 友人の前で何か達成できる、ゲームのパートナーを見つけられる、などと約束する広告はよくあります。実際には、開発者の狙いはまったく別にあります。彼らは友人があなたよりうまくゲームをプレイしているという情報を知らせることで、あなたにプレッシャーをかけたいのです。これは虚栄心をうまく利用するやり方です。ゲームを進めるためにお金など払いたくないと思っている人でも、喜んで5ドルを払ってうぬぼれを満たそうとするかもしれません。 3. 仮想通貨を多用するゲームである ゲームの中で最もやっかいな落とし穴が「仮想通貨」です。意識しないでいると、仮想のお金は本物のお金よりも簡単になくなってしまいます。命5つを2ドルで買わないかと言われたら、おそらく断ってコーヒーを1杯買う方を選ぶでしょう。でもそれを16ピンククリスタルで買わないかと言われると、買ってしまう人がいるかもしれません。そのピンククリスタルとは、2日前に「本当は3ドルで20クリスタルのところを、25クリスタルにしてあげる」という割引セールで買ったものでした。このように、支払いと実際に使う時点との間隔が長いほど、この落とし穴の有効性は増します。この間隔を引き延ばすためにゲーム開発者は、他のアイテムと組み合わせたアイテムを使います。たとえば、カラークリスタル10個を使って指輪を1つ作り、3つの指輪と鎖1本を使ってネックレスを作ります。そして次に、スーパーネックレスを作るために特別に大きなクリスタルを買う必要がある、といった具合です。それぞれの部品は少額かもしれません。でもスーパーネックレスを作る頃になると、もはや誰も計算していないかもしれませんが、50ドル近くを出費していることになるのです。 アンフェアなゲームの中には、ゲームの中盤に劇的に難しくなるように設計されており、ほとんどのプレーヤーはお金を払ってレベルアップしない限りクリアできないようになっているものがあります 4. 長いこと問題なくプレイしてきたのに、途中で先に進めなくなる 無料のゲームで昔からよく使われる手口は、ゲームを段階的に難しくしていき、最後には異常なレベルまで引き上げるというものです。もちろんどんなゲームでも、最初より最後の方が難しくなるのは当然のことです。しかし真っ当なゲームの場合は、平均的なプレーヤーならば通常のプレイ中に熟練度を高めて、極端なまでに努力する必要はなく、最終的にはゲームをクリアできます。正当に設計されたゲームならば、プレーヤーの70~90%は妥当な時間内に必要なスキルを習得してクリアできます。アンフェアなゲームの中には、ゲームの中盤に劇的に難しくなるように設計されており、ほとんどのプレーヤーはお金を払ってレベルアップしない限りクリアできないようになっているものがあります。 5. ゲーム内でゆすられる プレーヤーの心理に訴えかけるこの手口は、次のようなものです。あなたは長いことゲームを(無料で)プレイして、キャラクターを育成し、技を磨き、武器を集めています(または、ある王国に住んで家を建てているところかもしれません――何でもかまいません)。そして突然、崩壊が訪れます。そこには「ボス」がいて、あなたは戦闘に負け、これまで集めた武器を半分失うことになります。ここであなたの前には選択肢が提示されます。お金を払って戦闘をやり直す(そしてさらにもう少しお金を払ってレベルアップし、戦闘に勝つ)か、元に戻ってもう一度キャラクターを育成するかです。このメカニズムは明らかに「ゆすり」です。自分が費やしてきた多大な時間を失うのを避けるためだけにお金を払わされるのですから。 残念なことに、ゲームを始めて最初の頃に現れるサインは、5つのうち最初の3つだけです。後の2つは、プレイを進めてしばらく経たないと現れません。だからこそ、こうしたサインのうち3つが当てはまると感じられる場合は、ゲームから完全に手を引くことをお勧めします。楽しくて手ごろな価格のパワーアップアイテムを用意しているゲームはたくさんあります。しかしそれらのアイテムは、クリアするのに必須なわけではありません。似たようなものは他にも、レベル強化パックやキャラクターのデコレーションなどがあります。正当なゲームだけプレイして、悪い手口に引っかからないようにしましょう。

高くつく無料ゲーム
ヒント