カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ:小規模企業を守るために

2018年10月31日

すべての企業に専任のサイバーセキュリティスペシャリストがいるとは限らないのは、珍しいことではありません。小規模な企業では、ときには中小企業であっても、フルタイムの専任IT担当者がいないことがあります。しかし、サイバー脅威にさらされており、保護が必要なのは、他の企業と変わりありません。そのような状況であっても、適切なソリューションがあれば、サイバーセキュリティの業務をこなすことも決して不可能ではありません。たとえば最近アップデートされたカスペルスキー スモール オフィス セキュリティも、そうしたソリューションの1つです。

小規模企業に特有の課題

少人数オフィスや小規模企業は、微妙な状況にあります。個人向けのサイバーセキュリティ製品では不十分、かといって法人向け製品では管理の手間がかかりすぎます。

中小規模の企業では、往々にして、1人のIT担当者がサイバーセキュリティ業務も担当しています。しかし、ITの業務は幅広く、セキュリティ製品の管理に十分な時間を割くことはできません。それでもIT担当者がいるだけまだいい方です。Kaspersky Labが行った調査『Growing businesses safely: Cloud adoption vs. security concerns』(英語版PDF)によれば、小規模企業の約3分の1がセキュリティ管理の業務を専門外の社内スタッフに任せており、中にはIT担当のポスト自体がないところもありました。

小規模企業に特化した製品

小規模企業に特化したセキュリティ製品を開発するにあたり、当社では以下の基本原則を定めています。

  • 効率性に優れている
  • 導入手順がシンプル
  • 管理が容易
  • 直感的なインターフェイス
  • 余分なものがない設計

当社の小規模企業向け製品「カスペルスキー スモール オフィス セキュリティ」は、セキュリティのスペシャリストやITの専門職でなくても、インストールや管理が可能です。サイバー脅威からの保護を開始するのに複雑な設定手順は必要なく、ほぼ社員の誰でも管理できるようになっています。サイバーセキュリティの管理に必要なライセンス情報、ユーザー情報、デバイスに関する情報、製品バージョンなどの情報は、すべてWebコンソールから確認できます。製品の各機能モジュールはさほど管理を必要としないため、スタッフは時間をとられることなく本来の職務に集中できます。

この製品で保護できるもの

あらゆる企業は、規模の大小にかかわらず、さまざまなマルウェアによる攻撃やソーシャルエンジニアリングを使った攻撃(フィッシングなど)の標的となる可能性があります。カスペルスキー スモール オフィス セキュリティが保護するビジネス資産の例を、いくつか挙げてみましょう。

資金

金銭詐欺は、依然として損害が大きいタイプの攻撃の1つです。カスペルスキー スモール オフィス セキュリティのネット決済保護機能は、会社の資金を詐欺から守ります。安全な正規の金融機関サイトへのアクセスのみを許可することで、実行が許されていないアプリケーションや安全でないブラウザー拡張機能から財務データを守ります。

データ

業務関連の情報も、サイバー犯罪者の主な標的です。この製品は、ファイルやフォルダーの暗号化が可能です。このほか、暗号化型マルウェアからデータを保護できるように、自動バックアップと復元の機能も備えています。

アプリケーション

アプリケーション更新プログラムの有無を所定のスケジュールで検索することで、ビジネスで利用するアプリケーションを最新の状態に保つのを支援します。アプリケーションの脆弱性がサイバー犯罪者に悪用されるリスクを軽減します。

サーバー

必要であれば、カスペルスキー スモール オフィス セキュリティをサーバー上にインストールして、ワークステーションと同様にサーバーを保護することも可能です。

製品の詳細情報、購入、無料体験版のお申し込みについては、カスペルスキー スモール オフィス セキュリティのページをご覧ください。