グリーンベアと行く!第28回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース

2017年9月14日

2017年9月2日、「第28回メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」が筑波サーキットにて開催されました。

クルマ関連を中心とした各メディアが4〜5人のドライバーによるチームを編成し、レース仕様のマツダ ロードスターで競い合う4時間の耐久レース。初代ロードスターが発売された1989年から年一回開催され、今回は第28回となる伝統あるレースです。

Kaspersky Labはモータースポーツとの縁が深く、スクーデリア・フェラーリやDS Virgin Racingのパートナーですが、今回はITmedia x MONOistチームのスポンサーとしてサポートさせていただくことに。レース当日は、社員が応援に行ってまいりました。グリーンベアも一緒です。

午前中は雨でレースコンディションが心配でしたが、午後になると日差しが出て爽やかな晴天になりました。

スタッフユニフォームに身を包み、やる気十分のグリーンベア

予選中。ITmedia x MONOistチームのマシンは17番

ほろ苦く甘いかき氷が美味しい… ʕ•ᴥ•ʔ

このレースはマツダの特別協賛で行われます。マツダといえば広島を代表する企業。ということで、広島のお好み焼きの実演&試食コーナー、広島名産品販売コーナー、広島カープグッズコーナーなどがありました。また、マツダの技術を身近に体験できるコーナーもあり、車のパーツを展示する中で、マツダ社員の手ほどきを受けつつ鋳造や磨きの体験作業に取り組む子どもたちの姿も多く見られました。

決勝レースに先立ち、セレモニーが行われます。各チームのメンバーがステージに上がって決意表明します。

各チームには、60リットルのガソリンで4時間を走るという厳しい条件が課されています。昨年よりも10リットル減とあって、燃費が気懸かり…。セレモニーでは、何とか完走したい!との声がいくつも挙がりました。

ITmedia x MONOistチームの皆さん(と、グリーンベア)

出走前。ITmedia x MONOistチームは26番目のスタートです

車内の様子を撮影した動画を見せていただきました。細やかにギアを調整しつつの走行は、いかにも繊細。それから、車内はすごく、暑かったそうです…。

決勝レースは16時〜20時の4時間です。周回を重ねるうちに、だんだんと日が暮れてきました。秋の空気がひんやりしています。

最初は慎重なペースで進んだレースでしたが、途中でペースアップする時間帯あり、ガス欠でリタイアするクルマあり。何度も目の前を通り過ぎる我等が17番のマシンを追っていると、まるで我が子を見るような心持ちになってきます。

レースを制したのは、コンスタントにペースを保ったJ-waveチーム(車番号は813!)。我等がITmediaチームは、最後の一周に突入したところで無念のガス欠となってしまいました…

レースが終わると、ドライバーもスタッフも一緒に、マシンを丁寧に拭いて綺麗にします。お疲れさま… 思わず私たちもクルマを撫でて労っていました。

キレイにして返すところまでがレース