VPN の基本と、利用すべき理由

2013年5月10日

移動先でも簡単に機密データへアクセスできるようになると同時に、攻撃者による盗難リスクも高まる現在、バーチャルプライベートネットワーク(VPN)はますます重要な存在となりました。そこで今回は VPN の基本をおさらいしたいと思います。

vpn_title

  • VPN の仕組みVPN は、インターネット上のユーザーとデータとの間、またはユーザーと Web サイトとの間を安全に接続し、データを暗号化して交換できるようにする技術です。ユーザーはシステム上(もしくは最近増えているタブレットやモバイルデバイス上)で VPN ポータルを開くか、VPN の Web サイトにアクセスして VPN 接続を確立します。これにより、コンピューターとネットワークの通信は VPN によって安全に保護されます。
VPN は、インターネット上のユーザーとデータとの間、またはユーザーと Web サイトとの間を安全に接続し、データを暗号化して交換できるようにしてくれます。
  • VPN を使う理由:ほとんどの人は、VPN は出張者やリモートワーカー用に会社が定めたツールで、業務データを守るために利用するものと考えているかもしれません。しかし、今や事情は異なり、VPN はあらゆる場面で活用されています。たしかに、出張者や膨大な量のデータをダウンロードする人にとっては特に有用ですが、基盤にあるのはデータを確実に常時保護できる最適な方法だという考えです。安全なネットワーク内で業務を行う人にとって、VPN は追加のセキュリティ対策になります。一方で、出張先を仕事場にして公共の Wi-Fi を使う人は、VPN を利用することが大変重要となります。攻撃者はカフェやホテル、空港などで無防備な人たちを狙いますが、VPN があれば身を守ることができます。
  • VPN の選定:VPN には、無料のものから有料のものまで、さまざまな種類があります。いずれにしても価格は極端に高いわけではなく、月 5 ~ 10 ドルが目安でしょう。有料 VPN で最も人気があるのは、HamachiPrivate Internet AccessAstrill です。無料 VPN で人気が高いのは、Shrew SoftComodo Unite、Hamachi ベーシック(無料版)です。

注意事項:他のセキュリティ対策と同様、最も安全と言われる VPN にも悪用されるリスクがあります。また、悪意のあるファイルをダウンロードしてしまうと、安全が保証できなくなります。そのため、メールやダウンロードしたファイルを開封するとき、リンクをクリックするときは、普段以上に注意してください。そして、VPN に 100 % の安全を期待するのではなく、強力なセキュリティ製品を導入してください。たとえば、カスペルスキー インターネット セキュリティ(カスペルスキー 2013 マルチプラットフォーム セキュリティに同梱)は、オンライン上で安全に活動できるようユーザーを保護するほか、VPN の有無を問わず攻撃者から守ってくれます。