位置情報の追跡、注意すべきはNSAよりも自分自身の投稿

米政府の国家安全保障局(NSA)による広範で侵略的な情報収集に対し、世界が身構えています。その発端となったエドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏が公開し続ける大量の機密文書には、NSAが世界中の市民や政府を継続的に監視していることが詳しく書かれていました。 しかし現在、個人の詳細なプロフィールを作成しているのはNSA風の盗聴や綿密な調査ではありません。人々は自分についての情報を簡単に差し出してしまうため(意図的に提供するにせよ、知らず知らずのうちに渡すにせよ)、野心的なWebユーザーは多くの個人情報を簡単に知ることができます。私たちがいつどこで、特定の物理的な場所に行くのかを予想することさえ可能なのです。 カリフォルニア大学バークレー校と国際コンピューターサイエンス研究所が共同で開発したアプリが、この現実を浮き彫りにしています。この「Ready or Not?」というアプリは、ソーシャルメディアへの投稿を使用してユーザーの物理的な移動がどのように追跡されるのかを示すもので、TwitterやInstagramの投稿の一般公開されているGPSデータから、ユーザーが投稿した場所と、そこから投稿した時間を表す地図を作成します。 以前指摘したように、ユーザーが友人やフォロワーと共有したがるこうした位置情報データは、さまざまな危険をもたらします。自宅の住所を露呈してしまう危険や、別の場所にいるときに自宅に押し入られるリスクのほか、子どもを悪人の目にさらけ出す恐れもあります。中でも子供への危険は非常に大きなものです。その理由は、若いユーザーは多くの個人データを簡単にソーシャルメディアで共有してしまう傾向にあること、10代の若者は(昔からそうでしたが)大きなリスクを冒しながらも結果をあまり気にかけない傾向があることです。Ready or Not?アプリは主にTwitterとInstagramを対象としていますが、FacebookやFoursquareなどの他のソーシャルメディアサイト、アプリが提供する同様のジオタグ機能も、これと似たリスクを生み出します。 Ready or Not?アプリは、Webでのデータのやりとりや共有のリスクについて、ユーザー(特に若いユーザー)を教育することを目的としたWebサイトの一部です。このサイトでは、ソーシャルメディアでプライバシーを守るための10原則を紹介しており、個人情報がオンラインに流れると何が起きるのか、どのように悪用される恐れがあるのかを詳しく説明しています。これらの原則には、Web上で匿名性が失われたことや、どんなデータでもオンラインに投稿されれば制御できなくなること、などがあります。 ユーザーが自分の居場所を追跡されるリスクを軽減する最善の方法は、InstagramやFacebookの位置情報機能を無効にすることです。Foursquareを使っている人はTwitterアカウントにリンクさせてはいけません。 ユーザーが自分の居場所を追跡されるリスクを軽減する最善の方法は、InstagramやFacebookの位置情報機能を無効にすることです。Foursquareを使っている人はTwitterアカウントにリンクさせてはいけません。また、保護者は子どものソーシャルメディア活動について彼らと何度も話をして、投稿やステータスアップデートで自分の居場所を決して共有してはならないと繰り返し説明する必要があります。

米政府の国家安全保障局(NSA)による広範で侵略的な情報収集に対し、世界が身構えています。その発端となったエドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏が公開し続ける大量の機密文書には、NSAが世界中の市民や政府を継続的に監視していることが詳しく書かれていました。

NSAではなく-title

しかし現在、個人の詳細なプロフィールを作成しているのはNSA風の盗聴や綿密な調査ではありません。人々は自分についての情報を簡単に差し出してしまうため(意図的に提供するにせよ、知らず知らずのうちに渡すにせよ)、野心的なWebユーザーは多くの個人情報を簡単に知ることができます。私たちがいつどこで、特定の物理的な場所に行くのかを予想することさえ可能なのです。

カリフォルニア大学バークレー校と国際コンピューターサイエンス研究所が共同で開発したアプリが、この現実を浮き彫りにしています。この「Ready or Not?」というアプリは、ソーシャルメディアへの投稿を使用してユーザーの物理的な移動がどのように追跡されるのかを示すもので、TwitterやInstagramの投稿の一般公開されているGPSデータから、ユーザーが投稿した場所と、そこから投稿した時間を表す地図を作成します。

以前指摘したように、ユーザーが友人やフォロワーと共有したがるこうした位置情報データは、さまざまな危険をもたらします。自宅の住所を露呈してしまう危険や、別の場所にいるときに自宅に押し入られるリスクのほか、子どもを悪人の目にさらけ出す恐れもあります。中でも子供への危険は非常に大きなものです。その理由は、若いユーザーは多くの個人データを簡単にソーシャルメディアで共有してしまう傾向にあること、10代の若者は(昔からそうでしたが)大きなリスクを冒しながらも結果をあまり気にかけない傾向があることです。Ready or Not?アプリは主にTwitterとInstagramを対象としていますが、FacebookやFoursquareなどの他のソーシャルメディアサイト、アプリが提供する同様のジオタグ機能も、これと似たリスクを生み出します。

Ready or Not?アプリは、Webでのデータのやりとりや共有のリスクについて、ユーザー(特に若いユーザー)を教育することを目的としたWebサイトの一部です。このサイトでは、ソーシャルメディアでプライバシーを守るための10原則を紹介しており、個人情報がオンラインに流れると何が起きるのか、どのように悪用される恐れがあるのかを詳しく説明しています。これらの原則には、Web上で匿名性が失われたことや、どんなデータでもオンラインに投稿されれば制御できなくなること、などがあります。

ユーザーが自分の居場所を追跡されるリスクを軽減する最善の方法は、InstagramやFacebookの位置情報機能を無効にすることです。Foursquareを使っている人はTwitterアカウントにリンクさせてはいけません。

ユーザーが自分の居場所を追跡されるリスクを軽減する最善の方法は、InstagramやFacebookの位置情報機能を無効にすることです。Foursquareを使っている人はTwitterアカウントにリンクさせてはいけません。また、保護者は子どものソーシャルメディア活動について彼らと何度も話をして、投稿やステータスアップデートで自分の居場所を決して共有してはならないと繰り返し説明する必要があります。

ios7ロック迂回-featured

iOS 7にロック画面迂回のバグ

Appleのモバイルデバイス向けの新しいオペレーティングシステムには明らかな欠陥があり、それを悪用すると、セキュリティコードを入力してデバイスをロック解除することなく、だれでもユーザーの連絡先情報やソーシャルメディアアカウントにアクセスできます。 ZDNetによると、現在広く報道されているこのエクスプロイトは、カナリア諸島に住む兵士が最初に発見したといいます。同氏は9月17日の火曜日、この脆弱性を詳細に説明するビデオをYouTubeにいち早く投稿しました。このビデオでは、Forbes.comの記事で説明されている通り、ロック画面を迂回する手順について詳しく述べています。 誰でもこのバグを悪用できる。まず、ロック画面で上方向にスワイプしてこの電話の「コントロールセンター」にアクセスし、タイマーを開く。スリープボタンを長押しすると、[スライドで電源オフ]オプションが出てくるが、ここで[キャンセル]をタップしてホームボタンをダブルタップすると、マルチタスク画面にアクセスできる。ここから、カメラや保存されている写真にアクセスできる。また、これら写真をこのユーザーのメールやTwitter、Flickrのアカウントから共有することも可能だ。  この欠陥は本質的に広範囲に及ぶもので、上で説明した手順を通じてユーザーの写真とその写真の共有機能に自由にアクセスできます。これには、ソーシャルメディアアカウントやメールへのアクセスも含まれ、さらにiMessageで写真を送信するオプションを選べば、ユーザーのすべての連絡先とそこに保存された情報にアクセスできます。 報道によれば、Appleはこの問題を認めており、今後のソフトウェアアップデートで修正する予定だとしています。 報道によれば、Appleはこの問題を認めており、今後のソフトウェアアップデートで修正する予定だとしています。 パッチ適用までの間は、ロック画面でのコントロールセンターへのアクセスを無効化することで、この問題を防ぐことができます。[設定]から[コントロールセンター]に行き、[ロック画面でのアクセス]をスワイプしてロック画面でコントロールセンターを表示させないようにします。 コンピューターやモバイルデバイスなどの新しいオペレーティングプラットフォームでは、最初の公開時にバグがあるのはほぼ予想されたもので、Appleもそういった問題をめぐる議論を知らないわけではありません。2012年にiOS 6の提供が開始されたとき、Appleはそれまで搭載されていたGoogle Mapsアプリを廃止して、自社製の不完全なナビゲーションツールであるApple Mapsに置き換えました。このアプリではいつも、目的地を適切に検索できず、不正確な道順が示されました(それが命にかかわるような状況まで生んでいます)。また、そのGPS機能を使った位置情報は間違っていました。普段は誤りを認めることのないAppleですが、このときはアプリの欠陥を公式に認めて、結局そのデザイナーを解雇しています。 創設者であるスティーブ・ジョブズ(Steve Jobs)氏が2011年に亡くなってから、初めてのオペレーティングシステムに対する大がかりな見直しとして強く期待されていたiOS 7は、セキュリティ上の大きな失敗もあり、Appleにとって残念な結果となりました。 追記:この不具合を修正するソフトウェアアップデート、iOS 7.0.2が日本時間9月27日にリリースされました。

ios7ロック迂回-featured
ヒント