7火山制覇プロジェクト フィナーレ:オホス・デル・サラド山征服!

2013年12月26日

冒険に行く機会は誰の人生にもあります。Kaspersky Labは、冒険心に満ち溢れ、常識に囚われない人に尊敬の念を抱いています。7大陸最高峰の火山に登るロシアの登山家、オルガ・ルミィヤンツェヴァ(Olga Rumyantseva)氏を私たちが支援してきたのはそのためです。オルガは今年、シドリー山キリマンジャロ山ダマーヴァンド山エルブルス山オリサバ山ギルウェ山の登頂に成功しています。そして先日、彼女の旅で7番目の火山、オホス・デル・サラド山を制覇しました。オルガは自分の挑戦が「英雄的」だったことを否定するので、彼女がオホス山に登った動機は「勝利への情熱」や「熱意」といった言葉で表現することにします。 IMG_0930

まず、オホス・デル・サラド山は世界最高峰の火山であり、標高は22,615フィート(約6,893m)です。登ることを許されるのは経験豊富な登山家のみ。登山の最終段階は非常に困難で、場合によってはロープを使わなければなりません。さらに、このように極めて高い場所の気候に体を慣らすには10日ほどかかります。当初の登山計画はシンプルでした。オルガは地元ガイドのマリオとともにレフュジオ・テジョス(5,800m地点)まで行って、そこで10日間過ごし、同地の気候に体を慣らしてから、単身での登山を開始する予定でした。しかし、最初からすべてが悪い方向に進んでしまいます。車のコントロールがきかなくなり、「カーブを曲がりきれず崖から転落し、車が宙返りして天井から地面に落ちました」とオルガは振り返ります。この事故のせいでコピアポまで戻らなければなりませんでした。オルガは同市の病院で、怪我をした手の手術を受けます。「目が覚めると、周りにたくさんセンサーがあって、点滴を打たれていました。これからどうするべきか考え始めました。もし、英語を話せる思慮深い人が近くにいたら、きっと数日入院してロシアに帰るように私を説得したでしょう。しかし、英語を話せるのはマリオだけで、しかも私と同じ『登山マニア』だったのです」。オルガはこう告白しました。結局、オルガは医師に特別な包帯を巻いてもらい、マリオとともに新しい車で「早々にオホス山に向かい」ました。オルガの手の怪我を考えると、1人で登るのはあまりにも危険だったため、マリオが山頂までずっと同行することになりました。 IMG_0789

4日間車で往復し、テジョスまで歩いて登ったくらいでは、山の気候に体を慣らしたことにはなりません。しかし、残された時間はどんどんなくなっており、これ以上登山を延期することはできなかったのです。この勇敢な2人組は、5日目にオホス・デル・サラドの山頂に向かって登り始めました。オルガに登山を楽しむ余裕はありません。6,000mを超える高地で、片手しか使えず、体も気候に慣れていなかったからです。「絶対に真似しないでください。本当に危険です」とオルガは言います。特に大変だったのが、頂上へと至る最後の難所です。両手を使わなければなりませんでした。「体調が悪く、どうにかゆっくりと進んでいましたが、『もう帰った方がいいのでは』とずっと考えていました。一度マリオにそう言おうとしたのですが、2人ともごく基本的な英語しか話せず、2人とも知っている単語はほとんどありませんでした。なので、よく『会話』にジェスチャーを使っていました。手袋をしているとジェスチャーはさらに大変です。どうやって登ったか詳しく覚えていませんが、私たちはついに頂上まで登りました」(オルガ談)

下山も長く険しい道のりでしたが、事故は起きませんでした。オルガはもうモスクワに戻っており、怪我の治療を受けて回復中です。早く元気になることを祈っています!そしてもちろん、私たちはオルガの偉業を祝いたいと思います。彼女は世界で3番目に7大陸最高峰の火山をすべて制覇した登山家なのですから。わずか1年でこれを成し遂げた人は他にいません。彼女がまた刺激的で安全な冒険に行けることを願っています。IMG_0641