Kaspersky United:パートナー企業と共に

2019年10月1日

カスペルスキーの法人向け部門は、パートナー企業を通じて製品およびサービスの販売を展開しています。販売代理店、セキュリティサービスプロバイダー、マネージドサービスプロバイダーなど、さまざまなパートナーの活動を支援するのが当社のパートナープログラムです。

先日、カスペルスキーは新たなパートナープログラム「Kaspersky United」を発表しました。2019年10月1日より専用ポータルサイトを開設しパートナー企業の登録受付を開始、運用開始は2020年1月1日となります。

カスペルスキーのパートナープログラムが目指すところは、パートナー企業とのエコシステムの強化です。販売活動を支援するための施策を用意すると共に、多様化するパートナー企業の強みを活かすための特別プログラムを導入しました。

4段階のステータスレベル

Kaspersky Unitedのパートナーシップには、Kasperskyの製品およびサービスの年間売上金額と認定資格者数に応じた4つのステータスレベル、「Registered」「Silver」「Gold」「Platinum」があります。ステータスに応じてリベート、マーケティング支援、セールスインテンティブプログラムなどのベネフィットを得ることができます。また、要件を満たすことで上位ステータスへの移行が可能となっています。

スペシャライゼーションプログラム

多様化するお客様のニーズおよびパートナー企業の専門性を踏まえ、脅威インテリジェンス、標的型攻撃などの高度な脅威、クラウド環境、産業用制御システム分野など、パートナー企業の強みを活かした営業活動を支援するスペシャライゼーションプログラムを用意しました。認定を取得の上、一定の要件を満たすことでリベートを受け取ることができるシステムです。また、取得した認証により、他社と比較した専門性の高さをアピールすることができます。現時点で対象となるソリューションとサービスは、Hybrid C loud Security、Threat Management and Defense、Threat Intelligence、Industrial Cybersecurityで、トレーニングコースも用意しています。

各種支援

パートナーの技術者育成および営業活動推進に役立てていただくために、Kaspersky Unitedでは、当社製品およびサービスに関するものをはじめ、さまざまなトレーニングを提供します。このほか、お客様が抱えるセキュリティの課題を解決するためのスキルと知識を得ていただくことを目的に、各種トレーニングを実施するほか、脅威の最新情報も提供します。

また、販売支援の各種キャンペーンおよびプロモーションも随時企画します。

専用ポータルサイト

実績確認、案件登録、各種申請などは、専用の日本語ポータルサイトを通じて行うことができます。見積用ツールの利用、オンライントレーニングの受講もポータル内で可能です。このほか、キャンペーンやプロモーションに関する情報も、ポータル内で展開されます。

ローンチ記念キャンペーン

当プログラムの運用開始に合わせ、2020年1月1日より、法人向けエンドポイントセキュリティの最上位統合プラットフォーム「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」と、法人向け脆弱性およびパッチ管理用セキュリティ製品「Kaspersky Vulnerability and Patch Management」のライセンス販売価格を改定します。なお、Kaspersky Unitedローンチ記念キャンペーンとして、2019年10月1日より、新しい販売価格に基づき提供を開始します。

○「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」の価格例:
1年新規購入数量100ライセンス 現行価格2,176,000円(税別)→ 新価格1,033,000円(税別)

○「Kaspersky Vulnerability and Patch Management」の価格例:
1年新規購入数量100ライセンス 現行価格913,000円(税別)→ 新価格516,000円(税別)

パートナープログラムKaspersky UnitedおよびKaspersky Unitedローンチ記念キャンペーンの詳細については、以下のフォームよりお問い合わせください。