カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android、比較テストで再び好成績

2014年5月1日

モバイルセキュリティ製品のテストが最新のマルウェア2,000サンプルを使用して実施され、カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidがトップの成績を収めました。

kisa av-test

第三者テスト機関AV-Testによるこの比較テストでは、31社の製品がテストされました。今年3月に活発な活動を見せていた2,266個のマルウェアサンプルを、いかに検知してストップするか、誤検知(実際は無害でも「有害」なものとして誤って検知すること)はどの程度か、という内容です。また、デバイスのパフォーマンスやバッテリーの持ち、インターネット速度に対する影響も測定されました。

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidは、テストに使われたマルウェアの100%を検知して無害化することに成功しました。テスト参加製品の平均成功率は95%でした。同製品はまた、1つの誤検知を出すこともなく、デバイスのリソースに対する影響も大きくありませんでした。総合的な結果として、カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidは13満点中13点を獲得し、「Certified」の認証を得ました。

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidは、テストにてマルウェアを100%検知して無害化することに成功しました。テスト参加製品の平均成功率は95%。

Kaspersky Labのモバイル脅威リサーチグループのヴィクトル・チェビシェフ(Victor Chebyshev)は、次のように述べています。「モバイルセキュリティ製品の主な仕事は、サイバー犯罪者の手からユーザーのデータを守ること、そして、モバイルデバイスがスパムの発信源やサイバー犯罪の起点にされてしまうのを防ぐことです。また、ユーザーが製品を選ぶときは、デバイスのパフォーマンスに与える影響が大きな決め手になることもしばしばです。そのため、スマートフォンやタブレット向けのセキュリティ製品は、サイバー空間の脅威から高いレベルでユーザーを守るだけでなく、使用感に影響を与えないことが重要なのです」。

テストはAndroid 4.3上で行われ、テスト対象製品は既定の設定で使用されました。また、定義データベースの更新が可能、利用可能な保護ツールを利用可能、また、クラウドベースのサポートサービスも参照可能な状態でテストが行われました。

Kaspersky Labの製品は、第三者機関による各種テストで、コンスタントに高得点を上げています。カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidは、2014年1月、PC Security Labsによるテストでも第1位の成績を収めています。