ホームオフィス改善のすすめ:古い機器の再利用

安全なテレワークのために。もう使わなくなった古いタブレット、ノートPC、モデムを使って快適なデジタル空間を作りましょう。

職場では、仕事に必要なものを会社がすべて用意してくれます。十分なパワーのあるコンピューター、インターネットへのアクセス、ヘッドセット、それにビデオ会議用のWebカメラも。これに対してテレワークの場合、すべてがスムーズに進むとは限りません。もちろん、会社によってはノートPCを支給してくれますし、インターネット接続料を払ってくれる会社もあります。しかし、多くの人は自分自身で自宅環境を整えなければなりません。

これは大変な手間です。Webカメラも何も付いていない家庭用コンピューター1台を、家族共同で使わなければならない家庭もあるでしょう。Wi-Fiが届かない部屋のあることが判明した家庭もあるかもしれません。

新しい機器を購入するのも1つの手です。しかし、古い機器を再利用すれば、かなりの節約になる可能性があります。旧型のスマートフォンや古いノートPCなど、もう時代遅れだけれどもまだ動作するデジタル機器があるのなら、現役復帰させましょう。今回はその方法を説明します。

コンピューターとノートPC

ほとんどの人は業務に当たってコンピューターが必要ですが、すぐに使えるデスクトップPCやノートPCを皆が持っているわけではありません。しかし、作業によっては、古いデバイスで十分にこなせる可能性があります。たとえば、学校の勉強や文書作成のような。

もちろん、多少の手間はかかります。古いデバイスはアップグレードが必要かもしれませんし、おそらく、不要なプログラムやファイルを削除しなければならないはずです。もしかすると、正常に動かないコンポーネントの交換が必要かもしれません。それでも、新しいノートPCを買うよりも、USBキーボードを買って古いノートPCを使いやすくする方が、ずっと安上がりです。

古いコンピューターを整備しても動作が遅かったり誤作動したりする場合には、OSを再インストールしてみましょう。Macの場合は、macOS復元機能を使用します。Windowsの場合は、インストールディスクを使用します(インストールディスクがない場合は、MicrosoftのWebサイトからOSのインストールイメージをダウンロードしてください)。新しいことにチャレンジしてみたいなら、Google Chromium OSなど、別のOSを試してみるのもいいでしょう。

手先が器用で技術的な心得があるなら、古いPCのハードウェアをアップグレードしてPCのパフォーマンスを改善するのも良さそうです。たとえば、RAMを4GB以上に増やす(多くのノートPCにはメモリー増設用に空きスロットがあります)、HDDをSSDに交換するなどです。新しいコンポーネントは古いコンピューターとの互換性がなくてはならないので、あらかじめ要件を確認しておきましょう。

セキュリティのこともお忘れなく。信頼できる最新版のセキュリティ製品をインストールすることをお勧めします。カスペルスキー セキュリティは、Windows 7以降またはmacOS 10.12 Sierra以降に対応しています。

追加のモニター

古いモニターは、ノートPCの内蔵ディスプレイの代わりに使えますし、追加のモニターに設定してデスクトップを拡張することもできます。

モニターは、ケーブルでコンピューターに接続する必要があります。モニターとコンピューターのポートが一致しない場合にはアダプターが必要です(選択肢はいろいろあります)。追加モニターの設定方法は、OS開発元のWebサイトで説明されています。

Windows 10の場合

macOSの場合

タブレットをモニターとして使用する

古いタブレットも、追加のモニターとして使えます。追加のモニターとして使うには、タブレットとコンピューターに、iDisplay(iOS版Android版)、Duet Display(iOS版Android版)などの専用のアプリをインストールする必要があります。似たようなプログラムは多数ありますが、無料のものは、多数の広告が表示されたり試用期間しか動作しなかったりしがちです。また、必要以上の権限を要求するアプリもあります。古いバージョンのAndroidには、アプリが実行できる動作を制限するためのオプションがないので、権限の付与は慎重に行いましょう

タブレットをコンピューターに接続するには、USBケーブルまたはWi-Fiを使用します。USBケーブルの方が、Wi-Fi経由よりも接続が安定します。Wi-Fi経由の方は、タブレットの配置を変えたり、必要に応じて別の場所に移動したりしやすいという利点があります。アプリを選ぶときには、必要な接続方法に対応しているかどうか確認してください。

アプリの追加が必要ない場合もあります。たとえばMacBookとiPadが手元にある場合、Sidecar機能を使用して、iPadを2台目のディスプレイとして利用できます。ただし、この機能を使用するには、iPadOS 13に対応する比較的新しいiPadが必要です。

インターネットへの接続

仕事や学習をリモートで行う人が家族の中に何人もいる場合には、それぞれの居場所が必要になりますが、場所によってはWi-Fi環境が良くないかもしれません。家庭内ネットワークを改善する方法はいろいろありますが、古いデバイスを活用する方法もあります。

USBモデム

まずは、余っているUSBモデムまたはモバイルルーターを使って、Wi-Fiが届かない部屋でインターネットを利用できるようにする方法です。SIM容量の補充(またはSIMの購入)が必要になるかもしれませんが、アクセスポイントを追加することを考えれば安上がりです。

また、古いモデムを予備のアクセスポイントとして使うこともできます。メインで利用しているインターネットサービスプロバイダーがタイミング悪くメンテナンス作業に入ってしまった場合や停電が起きた場合、特に便利です。

Wi-Fiルーター

このほか、古いWi-Fiルーターを、メインのルーターと他のデバイスの間で中継器(Wi-Fiリピーター)として使う方法もあります。

ルーターをリピーターモードに設定する手順は、機種によって異なります。ルーターのユーザーマニュアルを参照してください。インターネット上でも、設定手順が見つかる可能性があります。ルーターの名前と一緒に「リピーター」「ブリッジモード」「WDS」といったキーワードで検索してみてください。

アクセスポイントとしてのスマートフォン

余分なルーターがなければ、古いスマートフォンでもアクセスポイントになります(ただし、インターネット共有に対応していない旧型のスマートフォンは使えません)。アクセスポイントとして使用するには、データ通信量が無制限で、他のデバイスのテザリングに制限のないSIMカードが必要です。SIMカードを挿入したら、スマートフォンの設定で、アクセスポイントとして使うためのオプションを有効にします。

Androidスマートフォンの場合(バージョンによって手順やメニュー名が若干異なる場合があります):

  • 画面を上から下へスワイプします。
  • アクセスポイントのアイコンを押し続け、Wi-Fiアクセスポイント、またはテザリングモード設定を開きます(これらは同じものです)。
  • ネットワーク名と強力なパスワードを入力します。

iPhoneの場合:

  • [設定]を開きます。
  • [インターネット共有]を選択します。
  • [ほかの人の接続を許可]をオンにします。
  • [”Wi-Fi” のパスワード]をタップし、強力なパスワードを設定します。

インターネット接続の共有は、Wi-Fi経由だけではなく、USBケーブル経由でもできます。USB経由で共有する場合、スマートフォンでの設定は特に必要ありませんが、コンピューターに何らかのソフトウェアをインストールする必要があるかもしれません。たとえば、USBを使用してiPhone経由でインターネットにアクセスするには、iTunesが必要です。もちろん、Appleデバイスを使用しているのなら、コンピューターにはすでにiTunesがインストールされているとは思いますが。

Webカメラ

新型コロナウイルス感染症流行に伴う外出規制により、多くの企業は会議や面接をビデオ会議で行うようになりました。しかし、ノートPCのカメラは画質がよくないことが多く、デスクトップPCの多くはカメラを内蔵していません。外付けWebカメラは品薄になったり価格が上がったりしていましたが、古いデバイスを再利用すれば問題は解決です。

スマートフォンまたはタブレット

スマートフォンやタブレットのカメラは、それほど新しいものでなくても、そこそこの画質を提供する能力があります。ノートPCの内蔵Webカメラよりも、画質はほぼ確実に上です。Webカメラに転用するには、コンピューターとスマートフォン(またはタブレット)に専用のアプリをインストールします。

Webカメラアプリは有料・無料併せて多数あり、さまざまなOSの組み合わせで利用できます。スマートフォンとコンピューターに同じアプリをインストールし、これらデバイスを同じネットワークに接続し、必要であれば設定を行う、というのが基本的な手順です。実際の手順はアプリによって異なるので、アプリの指示に従ってください。

デジタルカメラ

スマートフォンの内蔵カメラがある程度の水準に到達したとき、多くの人はデジタルカメラを顧みなくなりました。まだデジタルカメラが手元にあるなら、これをWebカメラとして再利用できます。Webカメラの場合もアプリが必要です。よく使われるのは、WindowsではSparkocam、macOSではEcamm Liveで、どちらも有料ですがWebカメラを買うよりは安く済みます(いずれも英語ページ)。自分が使うカメラに対応しているアプリを選んでください。

カメラメーカーも、インターネットでの高画質動画に対する顧客のニーズに応えようとしています。ニコンとキヤノンは、デジタルカメラをWebカメラとしてコンピューターに接続するためのソフトウェアを独自開発しており、現在のところベータ版が公開されています。

おまけ:タブレットをデジタルフォトフレームに

家で長い時間を過ごさなければならないのであれば、仕事スペースの居心地を良くするだけではなく、見栄えも良くしたくなるかもしれません。仕事には必要ありませんが、古いタブレットを電子フォトフレームに変えて、スペースに彩りを添えることもできます。必要な作業は、スライドショー機能を持つフォトビューアーアプリを入れることだけ。たとえばAndroid向けのGoogleフォトというアプリは、クラウドストレージ内の画像を繰り返し表示することができます。

タブレットを閲覧専用にしているなら、世界につながる窓のように使ってみるのはいかがでしょうか。世界各地の見所にライブカメラが配置され、映像をリアルタイム配信しています。タブレットのブラウザーからライブカメラにアクセスすれば、仕事の合間に有名な景色を眺めたり、動物園でのんびりしているパンダを眺めたりすることができます。

あなたの快適なデジタル空間

この状況の中、インターネット上での生活は、突如として日常の最前線に躍り出ました。この感染症の流行とそれに伴う制約の数々がこの先どのくらい続くのか、私たちに言えることはありませんが、現在の状況を最大限に楽しむお手伝いをすることはできます。

Kaspersky Dailyでは、ホームオフィスの構築や改善に関する記事に「Digital Comfort Zone」というタグを付けています。これらの記事で取り上げるライフハックは、このパンデミックの後でもきっと役に立つことと思います。2020年が私たちに何かを教えてくれたとしたら、それは「デジタルテクノロジーこそが未来だ」ということではないでしょうか。

ヒント