使い捨てメールでネット上の足跡を消そう

2013年11月29日

最近の米国家安全保障局(NSA)の情報漏えいで明らかになったように、デジタル生活によって匿名性の維持とプライバシーの保護が非常に難しくなってきています。その理由は何といっても、ユーザー自身が追跡を非常に簡単なものにしてしまう傾向があるからです。ソーシャルメディアで共有する個人情報の量は、抑えたいと思う範囲をどうしても超えてしまうものですが、どんなに難しく感じるとしても、オンラインに残す足跡を最小限に抑える方法はあります。

使い捨てメール

その方法の1つは、使い捨てのメールとログイン情報を利用することです。持っているアカウントの数が多いほど、インターネット上で追跡されやすくなりますが、匿名のアカウントを使うことで足跡を限定し、そうしたアカウントから受け取るスパムの量を減らすことができます。

メールの変更: ユーザーのコメントを求めるWebサイトは、一度は少なくなったものの、Facebookやメールでのログインによってユーザーの身元を証明するよう要求を強めています。しかし、そのサイトを一度しか訪問しないつもりでも、自分の本名や本物のメールアドレスを教えてはいけません。1回ログインすると永久につきまとわれる可能性があります。代わりに使い捨てのメールアドレスを使用しましょう。たとえば使い捨てアドレス専門のサービスmailnator.comなどがあります。

共有のログイン情報: 同様に、bugmenot.comなどのサービスは、誰もが無料で使える共有のログイン情報とパスワードを提供します。こうした情報を利用すれば、どこでも行きたいサイトに行くことができ、そのために個人データの提出を求められることもありません。

期間限定のアカウント: 二度と訪れることはないと確信しているサイトにログインする場合は、ごく短時間で消滅するメールアドレスを使ってみましょう。Guerrilamail.comでは60分間だけ使用できるアドレスが提供されています。また、10minutemail.comはその名のとおり、10分で消えるアカウントを取得できます。

ブラウザープラグイン:FirefoxとChromeの両方で、インターネットでのプライバシーを保護するプラグインが数多く提供されています。たとえばMaskMe(Chrome向け)はログインのためにメールアドレスを匿名にすることができます。

 

もちろん、自分の足跡を最小限に抑えるためには、足跡について知る必要もあります。自分のデジタルデータを洗い出して詳しく分析しましょう。使っているソーシャルメディアサイト、一度でもアカウントを作成したあらゆるWebサイトをすべてリスト化して、使用したユーザー名とログイン情報をまとめてください。古いアカウントは閉じて、共有したくない個人情報をソーシャルメディアサイトから削除し、自分が共有する情報や他人が自分について共有する情報に気を配りましょう。助けが必要な場合は、DeleteMeのようなサービスを利用するといいでしょう。さまざまなサイトから個人情報を削除する作業を無料で引き受けてくれます。