2018年7月11日

00000JAPAN利用の際に通信を保護する方法

ニュース 特別プロジェクト 製品

大規模災害が発生した際には、Wi-Fi「00000JAPAN」(ファイブゼロジャパン)が被災地域を対象に無料開放されます。記事執筆現在、西日本豪雨の被災地において「00000JAPAN」が提供されています。先月の大阪北部地震の際にも提供されました。

「00000JAPAN」は利便性を優先するという性質上、通信が暗号化されません。そのため、通信内容が第三者に盗聴されるリスクがあり、内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)が注意を呼び掛けています。

オンラインバンキング口座やWebサービス(SNSなど)へのログイン、お金に関する情報のやりとり、住所や生年月日等の個人情報のやりとりなど、重要情報を含む通信を行う際には、通信を暗号化して保護する「VPN」の使用をお勧めします。

カスペルスキーでは、VPNアプリ「カスペルスキー セキュアコネクション」をご提供しています。本製品には無料版があり、1日あたり200MBの通信量まで(本製品からマイ カスペルスキーにログインした場合は300MBまで)無料でご利用いただけます。ぜひお役立てください。

  • カスペルスキー セキュアコネクションのインストール方法はこちら
  • カスペルスキー セキュアコネクションの製品説明ページはこちら