ネットいじめから身を守るために

2015年8月11日

インターネットには怖い面があって、とてもひどいネットいじめの場になってしまうことがあります。こういう嫌がらせに巻き込まれると、なかなか抜け出せなくなってしまいます。

tips-for-kids-05-featured

いじめっ子は、思い込みから抜け出せない人です。オトナにならないといけないのは、いじめっ子の方です。皆さんがこういう人たちのために時間やエネルギーをムダにする必要はありません。自分にとって大事なことに時間とエネルギーを使いましょう。

チャットやコメントがエスカレートしてきたら、次のようなことを考えてみてください。

  • ネット上でいじめられている、脅されている、からかわれている、嫌がらせを受けていると感じたら、その場から離れることが大切です。いじめっ子と同じレベルに落ちてはいけません。皆さんは賢い人たちです。サイトの管理者にいじめを報告して、解決してもらいましょう。
  • ネットいじめが続いているときや、いじめがもっとひどくなりそうなときは、必ずおうちの人に相談してください。いじめっ子の中に学校の知り合いがいても、遠慮しないで!これは告げ口ではありません。大人だって、困ったことがあったら誰かに相談します。傷つく人が出てくる前にいじめを止めるのが大事なんだ、と思ってください。
  • 自分に関すること(知らないうちに撮られた写真や盗まれた写真など)がネットでばらまかれそうなときは、すぐにおうちの人に知らせて、公開されないようにサイト管理者に連絡してもらってください。