サイバーセキュリティ

89 記事

CYBERSECURITY FOR THE NEXT GENERATION 2013 STUDENT CONFERENCE:アジア太平洋・中東・アフリカラウンド

次世代のITセキュリティを担う人材を発掘し育てる取り組み、「Kaspersky Academy CyberSecurity for the Next Generation 2013」。カンファレンスでは、世界各地から集まった学生たちが、ITセキュリティに関する研究成果を発表しあいます。まずは地域ラウンドが開催され、勝ち抜いた学生たちは夏開催の決勝ラウンドに進みます。3月21日から23日にかけて、アジア太平洋・中東・アフリカラウンドがシンガポールにて開催されました。会場となったシンガポール国立大学には、アジア太平洋、中東、そしてアフリカから、若い世代の参加者たちが集合しました。 今回のカンファレンスに参加したのは、選考に勝ち残ったフィリピン、マレーシア、イラン、インド、日本、香港、オーストラリア、南アフリカの学生たちです。 このカンファレンスがスタートして6年。今回は初めて、プレゼンテーションが2日に分けて行われました。学生たちによるプレゼンテーションのほか、Kaspersky LabのエキスパートやITスペシャリスト、さらにはインターポールやシンガポール警察によるプレゼンテーションもありました。 1位を獲得したのは、「Detection of Security Vulnerability in Indonesian Near Field Communication (NFC) Applications」(インドネシアのNFCアプリにおけるセキュリティぜい弱性の検知)と題するプレゼンテーションとデモを披露した、インドネシアのFirman Azhariさんです。彼のプレゼンテーションは、大学関係のスペシャリストやジャーナリスト、IT業界およびKaspersky Labのエキスパートたちで構成される審査員団に、強い印象を与えました。2位は「Design of Behavioural Biometric-based Authentication with an