要らないメールを排除する方法

スパム。メールを使っている人なら誰でも、この言葉に特別な感情を持っているのではないでしょうか。イライラする気分だったり、げんなりする感覚だったり。Kaspersky Dailyで紹介したヒントを活用していても、対策をすり抜けてくるスパムメールがあるかもしれません。特定のメールアドレスから繰り返しスパムを受け取るようだったら、このメールアドレスを「スパム」フォルダー送りにしてしまいましょう。 カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティのWindows向けプログラム)には、アンチスパムのコンポーネントがあります。受信メールをスキャンし、要らないメールを設定に従って振り分ける機能です。 [スパム]フォルダーに振り分けるメール送信元アドレスのリストを作成しましょう: カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014のメインウィンドウの下部にある[設定]リンクをクリックします。 次の画面で左側のリストから[プロテクション]を選択し、ウィンドウ右側の[アンチスパム]を選択します。 [アンチスパム]ウィンドウで、[詳細設定]をクリックします。  [スパムと判定するメール]セクションで、[ブロックするメールアドレスからのメール]チェックボックスをオンにします。同じ行にあるリンク[設定]をクリックし、次に開くウィンドウで[追加]ボタンをクリックします: ブロックするメールアドレスを指定します。ステータスを「有効」に変更して[追加]をクリックします。 必要に応じて、送信元のステータスを「無効」にすることもできますし、送信元をリストから削除することもできます。ブロックされた送信元のリストは、ファイルにエクスポートできるので、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014がインストールされている別のコンピューターに設定をインポートするのも簡単です([ブロックするメールアドレス]画面上部にあるリンク[インポート]および[エクスポート]を使用してください)。

ヒント:kis2014スパム

スパム。メールを使っている人なら誰でも、この言葉に特別な感情を持っているのではないでしょうか。イライラする気分だったり、げんなりする感覚だったり。Kaspersky Dailyで紹介したヒントを活用していても、対策をすり抜けてくるスパムメールがあるかもしれません。特定のメールアドレスから繰り返しスパムを受け取るようだったら、このメールアドレスを「スパム」フォルダー送りにしてしまいましょう。

ヒント:kis2014スパム-アニメ

カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティのWindows向けプログラム)には、アンチスパムのコンポーネントがあります。受信メールをスキャンし、要らないメールを設定に従って振り分ける機能です。

スパム]フォルダーに振り分けるメール送信元アドレスのリストを作成しましょう:

  1. カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014のメインウィンドウの下部にある[設定]リンクをクリックします。
  2. 次の画面で左側のリストから[プロテクション]を選択し、ウィンドウ右側の[アンチスパム]を選択します。
  3. アンチスパム]ウィンドウで、[詳細設定]をクリックします。
  4.  [スパムと判定するメール]セクションで、[ブロックするメールアドレスからのメール]チェックボックスをオンにします。同じ行にあるリンク[設定]をクリックし、次に開くウィンドウで[追加]ボタンをクリックします:

アンチスパム-ブロック1

  1. ブロックするメールアドレスを指定します。ステータスを「有効」に変更して[追加]をクリックします。

アンチスパム-ブロック2-3

必要に応じて、送信元のステータスを「無効」にすることもできますし、送信元をリストから削除することもできます。ブロックされた送信元のリストは、ファイルにエクスポートできるので、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014がインストールされている別のコンピューターに設定をインポートするのも簡単です([ブロックするメールアドレス]画面上部にあるリンク[インポート]および[エクスポート]を使用してください)。

EFF:サービスの暗号化

EFFのレポート:暗号化導入が進んでいる企業、そうでない企業

強力に暗号化された通信は、安全でプライバシーが確保された通信です(ただし、暗号化が施された通信ソフトウェアやプロトコルに不正がないことが前提です)。したがって、強力な暗号化を採用している企業は、顧客のプライバシーとセキュリティに配慮している企業だと言えます。 電子フロンティア財団(EFF)は常に、ユーザーのデータを慎重に扱うIT企業や通信企業を広く一般に伝えようとしています。一方で、ユーザーデータの保管方法がお粗末な企業については、容赦なく社名を公表して批判します。 EFFがこのほど公開したレポート「Encrypt the Web」では、まさにこの通りのことが行われました。EFFは、検索大手Google、インターネットサービスプロバイダーSonicNet、クラウドストレージプロバイダーのDropboxとSpiderOakといった企業を、顧客のデータを強力で全面的な暗号化で保護しているとして高く評価しています。EFFのレポートで特に高い評価を受けたこの4社は、データセンターリンクの暗号化、HTTPS、HSTS、Forward Secrecy、STARTTLSのサポートという5つのカテゴリすべてで基準を満たし、チェックマークを獲得しました。各カテゴリについて簡単に説明すると、まずデータセンターリンクの暗号化とは、Googleが自社のデータセンター間で送受信するデータ(過去に攻撃を受けたことが知られる弱点)を暗号化しているということです。次にHTTPS(Hypertext Transfer Protocol Secure)は、実装することでユーザーと特定のWebサイトの通信が必ず暗号化されたチャネルを通るようになります。HSTS(HTTP Strict Transport Security)は、ユーザーとの通信が常時HTTPSで行われるWebサーバーセキュリティポリシーです。Forward Secrecy(Perfect Forward Secrecyともいう)は暗号化の仕組みであり、1つの鍵を盗まれたとしても通信がそれ以上解読されないという理想の状態でもあります。STARTTLSはメールの拡張機能のようなもの。平文のメール通信を暗号化された通信に切り替えて、どんなメールクライアントを使用していてもメールが暗号化されるようにします。 「誰かに正しいことをやらせたいなら、仲間からちょっとプレッシャーをかけてやるのが一番」 少し話が逸れてしまいましたが、先ほど書いたように、Google、SonicNet、Dropbox、SpiderOakが今回のレポートでトップに立ちました。Facebookは特別賞といったところでしょうか。対象のすべての暗号化機能を実装中であるため、条件付きで5つすべてのチェックを獲得しています。Twitterも評価が高く、STARTTLSを除く全カテゴリでチェックマークを獲得しました。 LinkedIn、Foursquare、Tumblrはチェックが3つで、ちょうど中間の評価でした。Yahoo!のチェックは1つでしたが、導入を計画しているポリシーがあり、条件付きでもう1つチェックを獲得しています。AppleはiCloudでHTTPSをサポートしているためチェック1つ。Microsoft、MySpace、WordPressも同じくチェック1つでした。 EFFによると、暗号化に力を入れていない企業は、Amazon、AT&T、Comcast、Verizonです。この4社はいずれもチェックがゼロでした。 EFFは今年、「Who’s Got Your Back?」というレポートも発表しています。さほど意外ではないと思いますが、その結果は今回のEncrypt the Webレポートと同様でした。Who’s Got Your Backは、IT企業や通信企業が、政府のデータ開示要求に簡単に応じているか、それともユーザーのプライバシーの権利を守っているかを調べたレポートです。どちらのレポートでも、Twitter、Google、SonicNet、SpiderOakの取り組みが支持され、Apple、Yahoo!、Verizon、AT&T、Comcast、Amazonが厳しい評価を受けています。 もちろん、この2つのレポートは公開時期が離れているため、その間に多くの変化がありました。政府が支援する諜報活動についてさらなる事実が判明したのです。2つのレポートに相関関係があるとすれば(私はあると思います)、それは政府や悪意のあるスパイ行為からのプライバシー保護を強化しようという動きが一部のIT企業に見られるということです。 EFFの上席弁護士クルト・オプサール(Kurt

EFF:サービスの暗号化
ヒント