Googleが共有するあなたのプライバシー

誰もが知るように、Googleはユーザーからあらゆるデータを収集し続けています。収集されているのは検索語の履歴、クリックしたリンクに関するデータ、Gmailでのやりとりなどですが、これだけではありません。Googleの弁護士が最近提出した書類により、すべてのデータの保存と処理が「Googleの通常業務において」行われていることが改めて確認されました。もちろんこれには、スパムフィルタリング、関連性の高い広告の選択、検索結果の個別調整が含まれています。 「検索結果の個別調整」についてはまだあまり知られていませんが、私たちはここ数年間、まさに自分用のGoogleを利用しています。検索結果の最初のページにおもしろいサイトや予想外のサイトが表示されたり、自分自身のサイトが結果の上位に表示されたりしても、勇んで友達に見せないほうがよいでしょう。同じ言葉を検索したとしても、友達の検索結果の先頭ページにはまったく違ったサイトが表示されるからです。実は、検索結果や、Googleと提携しているサードパーティサイトに表示されるコンテキスト広告から、その人の興味や習慣が正確にわかってしまうことがあります。Googleのサーバー、そしてそこに保存されているあなたの秘密にアクセスできるのは、Googleの社員だけ(他にはせいぜいNSAの調査官くらい)ですが、厄介なことに、ブラウザー画面を見るだけで誰でもこのプライベートなデータをのぞき見ることができるのです。たとえば、Google セーフサーチを無効にした状態でごく無難な言葉を検索したとき、画像検索結果にいかがわしい写真がたくさん表示されるかもしれません。あなたがこのようなコンテンツに興味があることが丸わかりです。たぶん、同じような検索結果を過去にクリックしたことがあるのですね。Webサイト上の広告は「コンテキスト認識型」と呼ばれていますが、サイトのコンテンツではなくその人が行ったGmailでのやりとりや検索結果に応じて表示されることからそう呼ばれています。 そんなわけで、広告セクションを見れば、あなたが新型のプリウスを買おうとしていることや、ヘルペスの治療に関心があること、急いで家の屋根を修理しようとしていることが分かってしまう場合があります。もちろんコンテキスト広告はいつも適切に動作するわけではないので、表示結果は証明された事実というよりは、可能性の高い推測ていどのものです。一方で、こうした情報を入手するのに大した手間はかかりません。誰かがこれらのプライベートなデータを見るのに何かをハッキングする必要はなく、あなたのコンピューターから「5分間Webを見て回る」だけでよいのです。 誰かがこれらのプライベートなデータを見るのに何かをハッキングする必要はなく、あなたのコンピューターから「5分間Webを見て回る」だけでよいのです。 検索エンジンの追跡をかわすのは大変です。Googleは多額の資金と膨大な労力をつぎこんでユーザーを特定し、ユーザーを一人ひとり区別してきました。このための方法は数多くあります。よく知られたCookieの他にも、LSOやFlash Cookieといった永続的な追跡ブイがあり、場合によってはブラウザーの一意の「指紋」(Webページのダウンロード要求のヘッダー)を特定することもできます。こうした追跡手段をすべて排除するには、ブラウザーのキャッシュとCookieを無効にし、特別なブラウザープラグインを使ってその他タイプのローカルストレージを削除し、AdBlockやNoScriptという拡張機能を利用する必要があります。そしてもちろん、ブラウザーから絶対にGoogleサービスにログインしないことです。 こうした制限をすべて適用すると、Webが実に窮屈な場所になってしまうため、完全に適用するのは病的なほど疑い深いユーザーだけでしょう。別の次善策としては、DuckDuckgoのような、さほど詮索好きでない検索エンジンを使う手もあります。DuckDuckgoはユーザー別の検索カスタマイズや追跡をしないことを約束していますが、それでもいたるところのWebページに埋め込まれたGoogle アナリティクスのトラッキングコードに対処しなければなりません。Gmailを使わないことにするのはハードルが高いので、Googleの各種サービスへアクセスする場合にはサービスごとに違うブラウザーを利用するとよいでしょう。このやり方に最も適したブラウザーはGoogle Chromeかもしれません。ただし、プライバシーを重視するなら、Googleサービスを利用する以外の目的でChromeを使うのは避けるべきです。

Googleがシェアするプライバシー-featured

誰もが知るように、Googleはユーザーからあらゆるデータを収集し続けています。収集されているのは検索語の履歴、クリックしたリンクに関するデータ、Gmailでのやりとりなどですが、これだけではありません。Googleの弁護士が最近提出した書類により、すべてのデータの保存と処理が「Googleの通常業務において」行われていることが改めて確認されました。もちろんこれには、スパムフィルタリング、関連性の高い広告の選択、検索結果の個別調整が含まれています。

Googleがシェアするプライバシー-title

「検索結果の個別調整」についてはまだあまり知られていませんが、私たちはここ数年間、まさに自分用のGoogleを利用しています。検索結果の最初のページにおもしろいサイトや予想外のサイトが表示されたり、自分自身のサイトが結果の上位に表示されたりしても、勇んで友達に見せないほうがよいでしょう。同じ言葉を検索したとしても、友達の検索結果の先頭ページにはまったく違ったサイトが表示されるからです。実は、検索結果や、Googleと提携しているサードパーティサイトに表示されるコンテキスト広告から、その人の興味や習慣が正確にわかってしまうことがあります。Googleのサーバー、そしてそこに保存されているあなたの秘密にアクセスできるのは、Googleの社員だけ(他にはせいぜいNSAの調査官くらい)ですが、厄介なことに、ブラウザー画面を見るだけで誰でもこのプライベートなデータをのぞき見ることができるのです。たとえば、Google セーフサーチを無効にした状態でごく無難な言葉を検索したとき、画像検索結果にいかがわしい写真がたくさん表示されるかもしれません。あなたがこのようなコンテンツに興味があることが丸わかりです。たぶん、同じような検索結果を過去にクリックしたことがあるのですね。Webサイト上の広告は「コンテキスト認識型」と呼ばれていますが、サイトのコンテンツではなくその人が行ったGmailでのやりとりや検索結果に応じて表示されることからそう呼ばれています。

そんなわけで、広告セクションを見れば、あなたが新型のプリウスを買おうとしていることや、ヘルペスの治療に関心があること、急いで家の屋根を修理しようとしていることが分かってしまう場合があります。もちろんコンテキスト広告はいつも適切に動作するわけではないので、表示結果は証明された事実というよりは、可能性の高い推測ていどのものです。一方で、こうした情報を入手するのに大した手間はかかりません。誰かがこれらのプライベートなデータを見るのに何かをハッキングする必要はなく、あなたのコンピューターから「5分間Webを見て回る」だけでよいのです。

誰かがこれらのプライベートなデータを見るのに何かをハッキングする必要はなく、あなたのコンピューターから「5分間Webを見て回る」だけでよいのです。

検索エンジンの追跡をかわすのは大変です。Googleは多額の資金と膨大な労力をつぎこんでユーザーを特定し、ユーザーを一人ひとり区別してきました。このための方法は数多くあります。よく知られたCookieの他にも、LSOやFlash Cookieといった永続的な追跡ブイがあり、場合によってはブラウザーの一意の「指紋」(Webページのダウンロード要求のヘッダー)を特定することもできます。こうした追跡手段をすべて排除するには、ブラウザーのキャッシュとCookieを無効にし、特別なブラウザープラグインを使ってその他タイプのローカルストレージを削除し、AdBlockやNoScriptという拡張機能を利用する必要があります。そしてもちろん、ブラウザーから絶対にGoogleサービスにログインしないことです。

こうした制限をすべて適用すると、Webが実に窮屈な場所になってしまうため、完全に適用するのは病的なほど疑い深いユーザーだけでしょう。別の次善策としては、DuckDuckgoのような、さほど詮索好きでない検索エンジンを使う手もあります。DuckDuckgoはユーザー別の検索カスタマイズや追跡をしないことを約束していますが、それでもいたるところのWebページに埋め込まれたGoogle アナリティクスのトラッキングコードに対処しなければなりません。Gmailを使わないことにするのはハードルが高いので、Googleの各種サービスへアクセスする場合にはサービスごとに違うブラウザーを利用するとよいでしょう。このやり方に最も適したブラウザーはGoogle Chromeかもしれません。ただし、プライバシーを重視するなら、Googleサービスを利用する以外の目的でChromeを使うのは避けるべきです。

死後のデジタル資産管理-featured

死後のデジタル資産管理を考える

デジタルデバイスは多くの人にとって極めて重要な財産です。写真、パスワード、アカウント情報など最も重要な類の個人情報が保存されており、私たちの行く先々に毎日付いてきます。助手のような存在であるデジタルデバイスを、誰もが細心の注意を払って保護しています。考えたくないという人もあると思いますが、自分の資産を自分で守ることができなくなった後もどのように保護し続けていくか、を考えることは重要です。死後のデジタル資産管理をどうするか、自分自身に問いかけてみましょう。 Googleはこの問題を一足先に検討しています。同社は先ごろ、Inactive Account Managerという機能をリリースしました(日本語対応はまだですが)。自分が死んだときにアカウントをどう扱うか、ユーザーが事前に決めることができるという機能です。Googleアカウントのユーザーは、使用しない期間が3か月、6か月、または12か月続いた後に情報が削除されるようにするか、指名した人物に自分のデータへのアクセス権を与えるか、選択することができます。少しの間デジタル世界から離れただけで自分の情報が消されるのは困る、という場合も心配はいりません。Googleが何らかの行動を起こす前に、Googleからメールとテキストメッセージの両方が届きます。 この機能を設定することについて考えるのは恐ろしく感じられるかもしれませんが、自分自身や他の人の情報を保護し続けたいと思うなら、本当に検討する価値のある機能です。今、プライベートな情報を誤った人の手に渡したくないなら、それを物理的にコントロールできなくなった後も続けるべきではないでしょうか。 Inactive Account Managerを設定することについて考えるのは恐ろしく感じられるかもしれませんが、自分自身や他の人の情報を保護し続けたいと思うなら、本当に検討する価値のある機能です。 一部のソーシャルネットワーキングサイトは、Googleのように死後のオプションを提供しています。ソーシャルメディア大手のFacebookには無くなった方のアカウントに関する特別リクエストのフォームがあり、友達や家族が故人となったユーザーのアカウントの停止を依頼することができます。Facebookはそのフォームを受け取ると、ユーザーのプロフィールを友達と家族だけが閲覧できるようにするか、無期限に停止するかのアクションを取ります。LinkedInやTwitterといったサイトでもユーザーの近親者が同様のリクエストを送信できるため、自分の身に最悪の事態が起きた場合にソーシャルアカウントをどのように扱ってほしいか、親族と話しておくようにしましょう。 残念ながら、死後のデジタル資産をどう扱うかをユーザーが設定できる機能は、すべてのオンラインサービスやソフトウェア製品が開発しているわけではありません。しかし、デバイスを保護するために今のうちにできる予防的なセキュリティ手段もあります。 情報を整理する:データをきちんと管理して、整理されたフォルダーに分けておくと、誰にデータの扱いを任せたとしても、はるかに簡単に処理できるはずです。資産を重要度別や所有者別に分けるのもいいでしょう。あるファイルを永久に削除したい場合や、特定の個人に送信したいという場合は、それがはっきりとわかるように保存してラベルをつけてください。 家族に説明書きを残す:家族の誰かに渡したい情報があり、その情報に自分のデバイスからアクセスできるように設定したら、次のステップについての説明を書き留めてオフラインで保存しておくといいかもしれません。アクセスパスワードとともに指示内容を書き出し、鍵をかけて封印した場所に保存するか、生前遺言に含めておくという方法も、検討する価値はあります。 人々の生活においてデジタルデバイスの重要性が高まったのは最近のことであるため、すでに述べたように、死後のデジタル資産管理に関する計画に役立つツールや機能は、まだそれほど多くはありません。しかし、Googleのおかげで、死後のデジタル資産管理を適切に計画できるという方向へ最初の一歩が踏み出されました。他のサービスが成長するのもそれほど先の話ではないでしょう。

死後のデジタル資産管理-featured
ヒント