7火山制覇プロジェクト:オリサバ山征服!

7大陸の最高峰の火山に挑み続ける女性登山家オルガ・ルミィヤンツェヴァ氏。今回のオリサバ山は大変な困難に見舞われましたが、見事登頂に成功しています。

オリサバ山

ヨーロッパやロシアの人々が冬支度をしながら現在の天気に文句を言っているころ、ロシアの勇気ある女性登山家オルガ・ルミィヤンツェヴァ(Olga Rumyantseva)氏は、また新たな火山への登頂に成功しました。オルガは7大陸最高峰の火山を1人で登るというチャレンジを続けており、Kaspersky Labは彼女の挑戦をサポートしています。

オルガと天気について話しましたが、我々の天気についての不満など、彼女が標高5,000mで経験した悪天候に比べれば、取るに足らないことに思えてきます。

さて、今回登るオリサバ山は、メキシコにそびえる北米最高峰の火山です。標高は5,000mを超え、メキシコで1番高く、北米でも3番目に高い山とされています。オルガは以前オリサバ山に登ったことがあるので、この山の環境はとてもなじみ深いものでした。

orizaba

到着初日、オルガは車をレンタルしてプエブラ州に向かいました。彼女は、メキシコではこの地で休息を取ることにしています。翌日訪れたトラチチュカは、オリサバ山へのあらゆる探検の出発点です。彼女はそこでコンチェッロ氏に出会いました。コンチェッロ氏は30年にわたって、すべてのアルピニストが最初のシェルター(標高4,200m地点)に辿り着けるように手助けしている有名な人物です。彼はまた、オリサバ山の頂上では手に入りにくい水やガソリンも売っています。

オリサバ山はメキシコの最高峰で、北米でも3番目に高い山とされています

次の日は気候に体を慣らし、雪線(4,800m)まで登りました。その後、オルガが風邪を引いてしまったことが明らかになります。午前3時に喉の激痛で眠れなくなってしまい、彼女はそのまま登り続けることを決意しました。登らなければここにいる意味がなくなり、帰るしかありません。彼女は自分を奮い立たせて登り続けました。暗闇のために何度か道を見失いましたが、ついに山頂に辿り着きました!頂上では非常に強く冷たい風が吹いていて、風に邪魔されて旗を広げるのが大変でした。

しかし、別のアルピニストグループがやって来て、オルガが歴史的な瞬間を記録するのを助けてくれました。その後彼女は無事に基地まで下りましたが、声が出なくなってしまいました。とても残念なことです。みんなが祝ってくれて、話しかけてくれたのに、ちゃんと会話に参加できないのですから。

オルガの一刻も早い回復を願います。今回の登山で改めて感じさせられたことがあります。いつも簡単に目標を達成できるとは限りませんが、困難にめげず、目標達成のために努力すれば、成功できるはずです。オルガは当面、メキシコ湾の側でリハビリを行って体力の回復を図り、次回の登山に備えます。彼女が次に目指すのは、チリのオホス・デル・サラド山です。

kmps2014:全部守る

すべてを保護しよう

多くの人にとってアンチウイルス製品は、1台のコンピューターで使うためのものでした。しかしこれは5年、10年、いや15年前の話です。状況は変化し、テクノロジーの領域はここ数年で一変しました。現在、多くの家庭では1台どころかたくさんのコンピューターを所有しており、ノートPCにタブレット、さらにスマートフォンを1、2台持っていることも珍しくありません。従来のPCと同様、こうしたデバイスもオンラインの脅威から保護する必要があります。しかし、デバイスごとに製品をインストールするよりも、よい方法があります。こうしたデバイスすべてに対応する製品を利用する方法です。カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティは、WindowsベースのPC、Androidスマートフォンやタブレット、Macやラップトップにいたるまで、ひとつのパッケージで守ります。 家庭のIT環境は、これまでにないスピードで変化しています。最近の調査では、インターネット接続が可能なデバイスの保有数が1世帯平均4.5台であること、スマートフォンやタブレットの数が増加していることが分かりました。一方で、オンライン上のさまざまな脅威からきちんと守られているのは個人向けデスクトップコンピューターだけ、ということはよくあります。だとすると、残りの3.5台のデバイスは、攻撃に対して無防備な状態だということです。しかも、コンピューターへの脅威はWindowsだけのものではなくなりました。多くのマルウェアがAndroid向けに作成されており、Macは大量感染に悩まされています。また、フィッシングやソーシャルエンジニアリングなどのインターネット上の脅威はいたるところに存在しますし、さまざまなデバイス(コンピューターから冷蔵庫まで!)が侵入を受ける可能性があります。保護されていないスマートフォンで知らずにフィッシングサイトを訪れてしまったとしたら、支払いの安全はどうなる?Windows向けアンチウイルス製品は持っているけれど、タブレットが盗まれたときの対策はどうしよう?Macのユーザーでも、犯罪者のボットネットに組み入れられる脅威はWindows PCと変わらない。…デジタルデバイスを守る製品を選ぶときには、このような脅威をすべて考慮する必要があります。カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティは、1つのパッケージですべてを保護します。スマートフォンやタブレット、ラップトップ、Mac、デスクトップPCのどんな組み合わせでも大丈夫です。また、自分が持っているデバイス全部を守るのか、家族みんなの持っているデバイスを守るのかによって、製品のライセンスタイプを選べます。デバイスの台数制限はないので、新しくデバイスを買ったときも安心です。1台しか持っていない方には、1台用のライセンスが2つ入ったタイプをご用意。さらに、ライセンスの有効期間中にデバイスを交換したとしても、製品を新しいデバイスへ移行するのは難しくありません。 お使いのコンピューターやモバイルデバイスをすべて保護する、シンプルで使いやすく便利な手段を、皆さまにご提供いたします Kaspersky Lab、アレクサンダー・エロフィーエフ(Alexander Erofeev) オンラインバンキングやオンラインショッピングは一般的なものとなりつつあり、利用者の98%はオンラインの金融サービスを使用しています。こうした金銭のやりとりには特別な保護が必要です。金銭に関連した情報の入力に使うデバイスは、フィッシングやパスワードの窃盗、データ傍受などからさまざまなレベルで守られていなければなりません。カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティは、各デバイス上でスパイウェアを検知し、駆除します。フィッシングサイトのリンクも検知してブロックします。さらに、デバイスのタイプごとに特別な保護機能が追加で搭載されています。PCやMacでは、キーボード入力を保護することで金融データ送信を守る機能。Windows向けには、保護された環境内で決済操作を行う技術。オンラインバンキングやPayPalなどの電子決済システムを利用するときや、オンラインで買い物をするときは、この機能の出番です。さまざまなOSのさまざまなデバイスをサイバー犯罪者が同時に標的としてきたとき、こうした技術を組み合わせて対処する以外に方法はありません。残念ながら、こういった複合的で組織的な攻撃は、今や珍しくないのが現状です。オンラインバンキング利用者を狙うZeusやSpyEyeなどのマルウェアはモバイル版(それぞれZitMo、SpitMo)が登場し、世界中で膨大な数のコンピューターおよびデバイスが感染しています。 とはいえ、マルウェア関連の事例のほとんどはWindowsベースのコンピューターで発生していて、高度化した悪意あるアプリケーションの大半はこのプラットフォーム向けに開発されている、という事実は否定できません。Windowsユーザーの保護を強化するため、カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティには、まだ知られていない新たな脅威からでも新しいレベルで防御する、新しい技術が組み込まれています。ZETAシールドはその1つで、文書の内容をはじめとするファイルのコンテンツを分析し、エクスプロイトを示唆するような例外がないかスキャンします。また、ランサムウェアの増加に対処するため、不当に画面をロックするソフトウェアを自動的に無効化するシンプルなツールを開発しました。 さまざまなプラットフォームに対応し、柔軟なライセンスタイプをそろえたカスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティは、皆さまのデジタルライフと大切な情報を守ります。詳しいラインナップはこちらをご覧ください。

kmps2014:全部守る
ヒント