2016年9月6日

法人向けランサムウェア対策:Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Business

テクノロジー ビジネス 脅威 製品

コンピューターのロックやファイルの暗号化により大切なデータを人質として身代金の支払いを要求するタイプのマルウェア「ランサムウェア」は、個人法人を問わず世界中で脅威となっています。調査によると、企業を標的とするランサムウェア攻撃の数は、2014年度から2015年度にかけて5.8倍にも増加したことが明らかになりました。

世界各国の企業を対象にKaspersky Labが実施した2016年度の調査では、過去12か月のうちにランサムウェアの攻撃を経験したと回答した中小企業は、全体の42%でした。身代金を支払ったのはそのうち34%、しかし、支払った企業のうち約18%は、データを取り戻すことができませんでした。

Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Businessは、ランサムウェアからの保護を目的とし、他社製品とも共存しながら企業データを守る、無料のツールです。

———-

ダウンロードのお申し込みはこちらから

———-

Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Businessとは

KART-main

ランサムウェアの侵入を阻止し、ランサムウェアによって加えられたシステム変更を元に戻します。

主な特徴

  • 軽量、かつ無料でご利用いただけます
  • 当社法人向け製品が有するランサムウェア検知機能のうち、主なテクノロジーを実装します
  • 中核となるテクノロジー: Kaspersky Security Networkを使用したファイルレピュテーション、システムウォッチャー
    ※注:通常製品のファイルアンチウイルス機能とは異なります
  • Windows 7〜10に対応
  • 管理者モード、ユーザーモードあり。検知レポートはメールにて管理者へ通知されます

制限事項

  • 一元管理には対応しておりません
  • インターフェイスは英語のみとなっております
  • 当社製品が導入済みの環境ではご利用いただけません

———-

ランサムウェア対策以外の機能を搭載した
フル機能版のセキュリティ製品の導入をお考えの場合は、
こちらのページをご参照ください

———-

 

中核となるテクノロジー

Kaspersky Security Network(KSN

世界中の数百万もの当社製品ユーザーが参加する、当社独自のクラウドネットワークです。日々発生する新種の脅威や悪意ある活動に関する情報を収集し、当社製品およびサービスに反映させることで、迅速かつ強固な防御を実現しています。

システムウォッチャー

OSファイルおよび設定に対する変更や、プログラムの実行、ネットワーク経由のデータ交換など、システム内で発生する重要イベントをモニタリングします。不正なイベントを未然に防ぐだけでなく、発生したイベントが不正なものであったと判断した場合には、加えられた変更をロールバックします。

———-

Kaspersky Anti-Ransomware Tool for Businessの
ダウンロードのお申し込みはこちらから

 ———-