スマートフォンの充電に潜むセキュリティリスク

スマートフォンの充電にセキュリティリスクが?ぴんとこないかもしれませんが、盗難やデバイスの故障、データ漏えいなどの危険があるのです。

charge-featured

最近のスマートフォンはバッテリーの消耗が激しく、1日に1回充電する程度では済まないことがあります。長時間使用しようものなら、日中は電源を求めさまよい歩き、コンセントを発見次第、何はともあれ電源ケーブルを挿す方も多いでしょう。そんな何の変哲もない場面でセキュリティを考えるというのも、一見不思議に思えるかもしれません。懐中電灯や電動歯ブラシを充電するように、スマートフォンをコンセントに挿して充電しているだけですから。しかし、実はそこには注意しなければならない危険が潜んでいるのです。

charge_title

盗難

最もわかりやすいリスクに、充電時の盗難が挙げられます。スマートフォンは通常、コンセント、PCのUSBポート、またはその他の電源供給口に挿して充電します。このとき、自宅や安全なオフィスであればともかく、充電中にスマートフォンから離れるのは危険です。もちろん、カフェや空港であればスマートフォンを置きっぱなしにする人はそう多くないと思いますが、オフィスのデスクや車の中であれば目を離すこともあるでしょう。スマートフォンが(車内荒らしなどで)盗まれるのは、大抵の場合、このようなときです。充電を中断して用事を済ませてから、再度戻って充電を再開するようにしてください。あとで盗まれたスマートフォンを探すよりも、数段良いと思います。それができない場合は、紙、スカーフ、ジャケットなどで覆うなど、少なくともスマートフォンが見えないように隠す努力をしてください。公共スペースで充電する場合、最も安心できる方法は、この数年でよく見かけるようになった専用の自動充電ボックスを利用することです。充電ボックスは箱形の収納スペースで、コンセントまたは各キャリアのさまざまな機種に対応したケーブルが入っています。このほか、最新設備が整うホテルであれば、充電器付きセーフティボックスを置いているところもあります。

データ漏えい

普通は考えもしないものですが、PC経由または車や飛行機のUSBポート経由で充電するとき、実は電力以外にもデータがやり取りされることがあります。自分のPCに接続しているときは問題ないのですが、他人のPCや「機内のエンターテインメントシステム」といった異なるデバイスに接続するときは十分注意してください。設定によって異なりますが、スマートフォンは通常、カメラソフトで写真を転送するPTP(画像転送プロトコル)モードか、メディアプレイヤーで動画ファイルなどを転送するMTP (メディア転送プロトコル)モードでPCに自動接続され、接続先のPCにスマートフォン内の関連ファイルすべてをアップロードしています。特にスマートフォン内に人には見られたくない写真が保存されている場合は、厄介な問題です。このような自動アップロード機能は、多くのアルバムマネージャのほか、Dropboxやその他同種のアプリケーションで初期設定になっており、想像以上に頻繁に実行されています。

スマートフォンがリムーバブルディスクモード(UMS、大容量ストレージ)のときに自動接続すると、SDカード内のファイルはすべてPCからアクセスできる状態となります。ドキュメントはもちろんのこと、アプリケーションで作成したバックアップ用データのコピー、その他さまざまなものにアクセスできるということです。

この問題を回避する最も簡単な方法で、通常は非常に有効な手段となるのが、充電前にスマートフォンの電源をオフにして充電完了後にオンにすることです。これであれば(電源に)接続してもバッテリー充電しか行われず、適切なスクリーンセーバーが画面に表示されるだけで済みます。それ以外の動作は実行されません。どうしてもオンにしたまま充電する必要があれば、スマートフォンの設定を注意深く確認してください。PC接続時に表示されるプロンプト、または設定の小項目でPCとの接続モードを選択する際に「充電のみ」を選択し、その他は必要に応じて手入力で設定してください。機種によっては、PCの接続確立時にセキュリティコードを入力させるよう設定できるものもあります。また、一部の Androidスマートフォンではセキュリティコードを補完するアプリケーションを追加で利用することが可能です。

ウイルス感染

この脅威はそれほど大きくないのですが、頭の片隅に置いておくべきでしょう。Androidスマートフォンでデバッグモードが有効だと、PCからUSBポート経由でさまざまな管理者コマンドを実行できるほか、アプリケーションは不正アプリを含むすべてのものをインストールさせることができます。また、リムーバブルディスクモードのスマートフォンはUSBフラッシュドライブと同じで、PCが感染している場合はウイルスがスマートフォンにコピーされる可能性もあります。ウイルスはスマートフォン自体では動作せず、危険はないように感じるかもしれませんが、次回接続先のPCに感染するリスクがあります。

この問題への対処は、とても簡単です。Androidであれば、デバッグモードを無効にして(通常、[アプリケーション]-[開発]の設定グループにあります)、Google Play以外からアプリケーションをインストールできないように禁止することです([提供元不明のアプリ]をオフにする)。このほか、(Androidのみならず)すべてのスマートフォンでUMS接続モード(リムーバブルディスクモード)をオフにして、メディアプレイヤーとカメラソフト(MTPおよびPTP)を選択するようにしましょう。その意味で、アンチウイルス機能を含むスマートフォン保護システムをインストールするのも1つの手です。

充電時の電圧に注意

不適切な充電器を利用すると、非常に複雑かつ大変好ましくない結果を招く可能性があります。ある簡易調査によると、ほとんどの人は互換性のあるジャックを使ってスマートフォンを充電しているそうです。しかし、このような方法は充電に時間がかかる、またはあまりに時間が短すぎるなど、理想的な充電環境が得られません。また、バッテリーが完全に充電されない可能性があるほか、結果的に蓄電池のオーバーヒートや突然の電源オフ、再起動などを招く可能性もあります。そうなった場合、一部データが失われるだけでなく、スマートフォン自体が完全に故障する可能性すらあります。恐ろしい話に聞こえますが、実はかなりの頻度で発生しており、特に電池消費の激しい最新機種で頻発しています。

注:USB経由で充電されたスマートフォンは、供給電圧がいずれも5ボルトになります。一方で、充電器の電圧は500~1,500mАとさまざまで、新しい強力なモデルは1,000mАからが一般的です。「別の」アダプターを使用する際は、電圧に対してそれほど厳密に準拠する必要はないものの、通常の2倍以上にならないよう気をつけてください。

当然のことながら、一番シンプルなアドバイスは、メーカーが推奨するとおり「スマートフォン付属の充電器のみを使用すること」です。しかし、それを常に実行できるかというとそうでないのが現実です。そこで、初めて「別の」充電器を使用するときに守るべき点をご紹介します。

  • 最も安心できる方法は、充電時にスマートフォンの電源を切ることです。
  • 充電時の最初の20分間は、5分おきにスマートフォンを触って確認してください。異常なまでに熱い場合は、すぐに充電器から取り外してください!最近のスマートフォンは充電中に熱くなるので、それ自体はまったく問題ありません。通常の熱さと間違った電力供給によるオーバーヒートの区別をつけられるよう、感覚を身につけてください。
  • 充電時にスマートフォンの電源をオフにできなければ、上記の推奨事項に従って個人データの漏えい対策をしてください。
  • 運転中にGPSを利用する、動画を見るなど、充電中にスマートフォンを利用する場合は、スマートフォンの熱の状態とバッテリー残量表示を監視します。最新の機種によっては、充電する以上の速さで電力を消耗するものがあります。その場合は、より強力な充電器を手に入れてください。

Snapchatの危険

「Snapchatは友人と時間を共有するための新しい手段です」。写真を一時的に共有するアプリケーション、Snapchatの「会社情報」ページの冒頭には、このように書かれています。非常に曖昧な文言なので事実を正確に表すものではありませんが、10代の若者が秘密の(つまり裸の)写真を共有するために使用していると言われるアプリの説明としては、全く言葉足らずです。 Snapchatには写真と動画を削除する既定の機能があるため、セクスティングに最適なアプリであるという意見には、どんなに純粋な評者でさえも同意するでしょう。スタンフォード大学の将来有望な4人の若者がどれほど純真か、あるいは4人がSnapchatを開発したとき何を考えていたかは関係ありません。 セクスティング全般については、ここではあまり取り上げないことにします。というのも、この素晴らしい新世界ではスマートフォンに適応型カメラが搭載され、常時インターネットに接続されているために、分別のない子どもたちが自分の際どい写真を送り合うのを止める手段はないからです。こうした写真を送るのはすでに簡単で一般的な行為となっており、テキストメッセージ、メール、Twitter、Facebookなど、そのためのモバイルソーシャルアプリはいくらでもあります。したがって、こんな大騒ぎや見せかけだけの怒りが何なのか、よくわかりません。 Snapchatには写真と動画を削除する既定の機能があるため、セクスティングに最適なアプリであるという意見には、どんなに純粋な評者でさえも同意するでしょう。 Snapchatの開発者たちが開発時にそのことを考えていたのなら(考えていなかったとは思えませんが)、このような共有を短期間のみ可能とするアプリケーションを作成しようとした点で、彼らは評価されるべきなのかもしれません。 しかし実際には、Snapchatを他のSNSと同じくらい何も考えずに使う人が数多くいます(ほとんどの人と言ってもいいでしょう)。率直に言えば、個人的にはSnapchatを笑える動画を送るためのサービスとしか考えていないので、どうして動画をこんなにも短時間で永久に消す必要があるのか、疑問を感じずにはいられません(スタンフォード大の人に偉そうなことは言えませんが)。 報じられたところによると、Snapchatのある関係者は、「電話の内容を許可なく録音するのが違法なのには理由がありますが、それは誰もがテレフォンセックスをしているからではありません」と述べたそうです。 サンフランシスコを拠点とするオンラインマーケティング会社Survataが最近実施した調査で、Snapchatユーザーは実際にはテキストメッセージという旧来の手段でセクスティングすることが多いことがわかりました。Survataの調査対象は18~29歳の米国人5,475人です。Snapchatユーザーであることを認めた715人のうち、Snapchatでセクスティングしたことを認めたのはわずか13%でした。別のサンプルでは、Snapchatを使っていない人の26%がテキストメッセージでセクスティングしたことがあると回答しています。 そこでSurvataは、セクスティングでないなら何にSnapchatを使っているのかを質問してみました。最も一般的な回答は、驚くような内容ではありませんが、「友人におもしろい写真を送る」「友達に変顔を見せる」「友人にジョークを送る」というものでした。 Snapchatは本当に優れた通信手段です。通信の記録が永久に残ることはありません。 何についても言えることですが、Snapchatの使い道は、ユーザーがどれほど賢く、クリエイティブで、想像力豊かかによって、いくらでも出てきます。テストでカンニングするためにも使えるでしょうし、不倫相手と密かに連絡を取ることも可能です。ドラッグの取引にも使えるかもしれません。破廉恥な使い道ばかり挙げましたが、真剣に考えれば建設的な用途も多く見つかるはずです。たとえば、Snapchatのセキュリティによりますが、活動家が独裁政権の監視下で機密情報を送受信するのに最適なツールとなる可能性もあります。Snapchatは本当に優れた通信手段です。通信の記録が永久に残ることはありません。 一見してSnapchatが優れているところはもちろん、前もって設定しておいた時間を過ぎるとSnapchat(と呼ぶものでしょうか?)が永久に消える点です。ただし、受信者がスクリーンショットを撮らなければの話です。でも安心してください。誰かがSnapchatのスクリーンショットを撮ると、アプリケーションが送信者に知らせてくれるのです。残念ながら、婚約指輪をくれたので生涯を共にすると思っていた元彼が、スクリーンショットを撮っていやらしい友人と共有することを止める術はありません。さらに悪い場合は、インターネット上に投稿されて、我々がみんな死んだ後もずっと残ってしまうということもあるでしょう。 しかし結論としては、良いSnapchatも、悪いSnapchatも、どちらでもないものも、すべて2つのものに行き着きます。スクリーンショットと信頼です。Snapchatを使って連絡を取る相手が心から信頼できる人なら、安全上何も問題はありません。いくらでもSnapchatを使ってください。一方、Snapchatで陰部の写真を送る相手が、犯罪者仲間だと思っていたら実は覆面警官だったという場合には、おそらく安全な通信手段とは言えないでしょう。

ヒント