オンラインプライバシーの必要性、ユーザーたちの本音は?

2013年10月8日

コンピューターをウイルスから保護する必要があることは、ほぼ誰でも知っています。それに比べ、安全でプライバシーに考慮したオンラインでの行動に関する知識はほとんど広まっていません。エドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏が米国政府の監視について暴露して、メディアで幅広く報道されたことさえも、状況を変えることにはなりませんでした。私たちは、一般の人々に対して、オンラインでのトラッキングについてどう考えているか、どのようにして自分たちの身を守っているか、そして政府、企業や広告会社によるトラッキング、または親戚や雇用者による密かな監視など、どのようなトラッキング行動を不快に感じるかについて質問しました。

オンラインプライバシー-title

アレックス(Alex)さん、20

職業:大学生

趣味:スケートボード

survey-alexander

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラッキングは誰にとっても厄介な問題です。人生の特別なひとときを公開したいと思う人なんていません。喜んでデータをシェアする人も多いだろうけど、それ以外の情報を積極的に集めて回るのはよくないと思います。

どんな種類のトラッキングであっても、僕は気になります。ただし、その影響はいろいろだと思います。政府の監視が僕に影響したことはこれまで無いけど、もしも奥さんが旦那を密かに監視していたらどんなことになるのか、たぶんすぐにわかると思います。プライバシーを守るため、自分の居場所や今何をしようとしているかなどはシェアしていません。重要な話をするのは実際に会っているときだけで、オンラインでは話しません。また、アンチウイルス製品を使っています。

 

ドミートリー(Dmitry)さん、31

職業:ソフトウェアテスト専門家

趣味:自転車、卓球、ビリヤード、スノーボード

survey-dmitry0

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オンラインでトラッキングされても気にしないです。僕のことをわざわざ追跡する人なんているとは思えないしね、個人的に。いるとしたらせいぜい昔の彼女くらいだけど、その場合はちょっと面倒かな、特にソーシャルネットワーク上では。自分自身を守るためにしているのは、僕のアカウントを他人が詮索しないように、複雑なパスワードを使うことですね。

 

ロマン(Roman)さん、39

職業:購買マネジャー

趣味:インラインスケート、子育て

survey-roman

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いまどきインターネット上で何かを隠すのはほぼ不可能だし、無意味です。誰かがあなたに興味を持ったとしたら、何もかもあっという間に掘り出すでしょうね。だから、僕は何かを隠そうともしていませんよ。自分の生活についてこまごま書いたブログを運営しているから、Googleで簡単に検索できますし。どうぞ見てください!気にしているとすれば、マルウェアを避けるようにしているのと、スパムメールがなるべく届かないように、メールアドレスの使い方に注意していることくらいですかね。

 

ドミートリー(Dmitry)さん、24

職業:IT管理者

趣味:写真、ハイキング

survey-dmitry

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は、FacebookやGoogleなどが実施している商業的なトラッキングに大いに注意を払っています。僕たちはこうしたITの大企業に縛られています。彼らは無料のサービスを提供していますが、実際のところ、僕たちは個人情報で支払っているのです。彼らは僕たちのデータをどこかの第三者に販売するわけで、長期的にどのような影響があるのか予測するのは難しい。会社によるモニタリングがもたらす影響のほうが、明らかです。僕は勤務先でこうしたモニタリングを担当しているので、よくわかります。なにか「不正」をしでかせば、奥さんや雇い主がどんなふうに自分を監視しているのか、すぐにわかると思いますよ。

トラッキングを防ぐために特別なことはしていませんが、ネットワーク上の脅威全般について注意を払っています。たとえば、VPNを有効化せずにオープンなWi-Fiホットスポットを使用することはありません。

 

アーサー(Arthur)さん、26

職業:乳製品の製造技術者

趣味:Kaspersky Labファンクラブ

survey-arthur2

 

 

 

 

 

 

 

 

正直なところ、隠すものはそんなにないな。でも、誰かにこっそり監視されるのは気にいらない。米国の監視データベースを個人的な理由で使用したNSAのアナリストのことを読んだけど、あれはすごく嫌な感じがした。実生活でいうと、広告会社によるトラッキングがいちばんイライラする。どうでもいい同じ広告をいつも表示してくるからね。自分自身を守るためには、強力なパスワードを使っている。もちろんカスペルスキーの製品もね。

 

イワンIvan)さん、21

職業:大学生

趣味:F1

survey-ivan

 

 

 

 

 

 

 

 

 

政府によるトラッキングは大して気にしていません。隠すような違法なことはしていないし。あってはならないと思うのは、Google検索などのツールを使えば僕についてのデータを簡単に収集できる、という事態です。だから、僕はあちこちのWebサイトで本名を使うのは避けるようにしているし、スパムを減らすために一時的なメールサービスをいくつか使ったりしています。結婚していないので、こっそり監視してくるような奥さんもまだいません。ただ、前の彼女が友人と僕の会話をチェックしていたので、何度かケンカになりました。コンピューターを共有していたから、起こるべくして起こった感じですけど。監視行為がもたらす影響は、ほぼリアルタイムでわかりますよ。