Facebookでの「パーティご招待」を大事に至らせないために

昔の高校生たちは、誰かの両親が留守にするので家でパーティをやろう、という話を自分たちの口で伝えたものです。確かに携帯電話が登場したことで、子どもたちは親が電話に出ることを心配せずに、簡単に話を伝えられるようになりましたが、Facebookほど情報を流すことを簡単にしたものはありません。今のティーンエイジャーたちは、Facebookでイベントを作成し、友達に通知を送ることができます。 こうした「いけない集まり」には、招かれざる客がつきものでした。どの生徒の家かも知らないまま、家のことなど気にもかけず、ただ楽しみたいというだけでパーティに押し掛ける人たちです。それは今でも変わりません。ただ、現在ではFacebookによって簡単に情報が広まるため、これまでになく多くの人が勝手にパーティに押しかけて、あっという間に収拾がつかない状態になることがあります。特に、イベントを作成した子どもが、通知を友達だけに制限していない場合は大変です。これは単なる見落としという場合もありますが、イェール大学医学部とテンプル大学の最近の調査が示すように、ティーンエイジャーは危険な行為に走りがちであり、そのような行為の結果をあまり気にかけないことが原因という可能性もあります。これは映画の話ではありません。最近では6月に英国で起きたことが確認されていますが、同様の事件は毎月、世界のどこかで起きているのです。 Facebookによって簡単に情報が広まるため、これまでになく多くの人が勝手にパーティに押しかけて、あっという間に収拾がつかない状態になることがあります。 親にとっては非常に心配な話ですが、まず危険なことはやらないと思われるような子どもが、こうした事件を起こすことがあります。静かで内気な子たちです。なぜなら、こういう子供には、社会的に受け入れられたいという願望があるからです。彼らは、その社会的な容認を手に入れるために大きなリスクを冒し、両親が留守にしている間に、世界中の人を家に招待してしまうというわけです。 このような現実は、子どもにとっても親にとっても成長期の痛みのひとつですが、その危険度を下げるために両親がとれる対策があります。 Facebookで子どもと友達になりましょう。子どもには嫌がられるかもしれませんし、特効薬にもなりません(友達になっても、テキストメッセージやSnapchatを使うだけです)が、Facebookで子どもと友達になると主張することで、子どもの活動を監視することにもなりますし、親が見張っているということが子どもにわかります。 相互のリスク分析を行ってください。10代の子供だけを家に残して街を出るときは、さまざまなデバイスや家具など、家にある貴重なものの価値を、子どもに印象付けましょう。値段をつけられない思い出の品についてもです。 最後に、最も重要なことかもしれませんが、子どもとの「友達関係」の技術的な部分を、強力なペアレンタルコントロール機能によって補強しましょう。たとえばカスペルスキー インターネット セキュリティ(カスペルスキー 2013 マルチプラットフォーム セキュリティに同梱)は、子どものオンラインでの活動を監視、制限、ブロックします。これには、ソーシャルメディアでの活動や、個人情報の転送のブロックも含まれます。

party

昔の高校生たちは、誰かの両親が留守にするので家でパーティをやろう、という話を自分たちの口で伝えたものです。確かに携帯電話が登場したことで、子どもたちは親が電話に出ることを心配せずに、簡単に話を伝えられるようになりましたが、Facebookほど情報を流すことを簡単にしたものはありません。今のティーンエイジャーたちは、Facebookでイベントを作成し、友達に通知を送ることができます。

パーティ-title

こうした「いけない集まり」には、招かれざる客がつきものでした。どの生徒の家かも知らないまま、家のことなど気にもかけず、ただ楽しみたいというだけでパーティに押し掛ける人たちです。それは今でも変わりません。ただ、現在ではFacebookによって簡単に情報が広まるため、これまでになく多くの人が勝手にパーティに押しかけて、あっという間に収拾がつかない状態になることがあります。特に、イベントを作成した子どもが、通知を友達だけに制限していない場合は大変です。これは単なる見落としという場合もありますが、イェール大学医学部テンプル大学の最近の調査が示すように、ティーンエイジャーは危険な行為に走りがちであり、そのような行為の結果をあまり気にかけないことが原因という可能性もあります。これは映画の話ではありません。最近では6月に英国で起きたことが確認されていますが、同様の事件は毎月、世界のどこかで起きているのです。

Facebookによって簡単に情報が広まるため、これまでになく多くの人が勝手にパーティに押しかけて、あっという間に収拾がつかない状態になることがあります。

親にとっては非常に心配な話ですが、まず危険なことはやらないと思われるような子どもが、こうした事件を起こすことがあります。静かで内気な子たちです。なぜなら、こういう子供には、社会的に受け入れられたいという願望があるからです。彼らは、その社会的な容認を手に入れるために大きなリスクを冒し、両親が留守にしている間に、世界中の人を家に招待してしまうというわけです。

このような現実は、子どもにとっても親にとっても成長期の痛みのひとつですが、その危険度を下げるために両親がとれる対策があります。

  1. Facebookで子どもと友達になりましょう。子どもには嫌がられるかもしれませんし、特効薬にもなりません(友達になっても、テキストメッセージやSnapchatを使うだけです)が、Facebookで子どもと友達になると主張することで、子どもの活動を監視することにもなりますし、親が見張っているということが子どもにわかります。
  2. 相互のリスク分析を行ってください。10代の子供だけを家に残して街を出るときは、さまざまなデバイスや家具など、家にある貴重なものの価値を、子どもに印象付けましょう。値段をつけられない思い出の品についてもです。
  3. 最後に、最も重要なことかもしれませんが、子どもとの「友達関係」の技術的な部分を、強力なペアレンタルコントロール機能によって補強しましょう。たとえばカスペルスキー インターネット セキュリティカスペルスキー 2013 マルチプラットフォーム セキュリティに同梱)は、子どものオンラインでの活動を監視、制限、ブロックします。これには、ソーシャルメディアでの活動や、個人情報の転送のブロックも含まれます。

旅先での緊急事態:スマートフォンをなくしたら

夏は誰にとっても休暇にうってつけの季節ですが、犯罪者からすれば、1年で最も忙しい時期です。旅行者は犯罪者の格好の餌食であり、その旅行者が多いということは、犯罪者は窃盗する対象に事欠かない状況にあるといえます。さらに、スマートフォンやモバイルデバイスが世界中で人気となっている現在、今まで以上に魅力的な環境になりました。 今では、貴重品は鍵をかけて保管する、公共の場では貴重品を目につく場所には置かない、混雑した観光スポットでは特にスリに注意するなどの以前からある旅行の注意事項だけではなく、旅先でデータを盗られないために、旅行者が知っておくべき注意事項がほかにもあります。中でも重要なのは、デバイスをなくしたときに電話できるように、International Mobile Station Equipment Identity(IMEI)を書き留めておくこと(IMEIは自動車に付けられる車両識別番号のデバイス版のようなものです)、そしてプロバイダーの電話番号を控えておくことです(電話番号は国内からかける場合と海外でかける場合とで違うので、正しい番号を記録するよう注意しましょう)。 デバイスをなくしたときに電話できるように、International Mobile Station Equipment Identity(IMEI)を書き留めておき、プロバイダーの電話番号も控えておきます。 しかし、最悪の事態が発生したとしましょう。湖や浜辺、その他夏の旅行先として思い浮かぶ場所で、あなたはスマートフォンかタブレットを紛失してしまいました。そのときには、データ盗難で発生する可能性のある被害を最小限に抑えて、うまくいけばデバイスを取り戻せるように、すぐに次の措置を取りましょう。 自分の携帯電話に電話:理想的な展開としては、携帯電話を単に置き忘れていて着信音が近くから聞こえるか、親切な人が拾っていて、取りに行く場所を教えてくれることです。 デバイスを検索:最良のシナリオとはいかなかった場合、デバイスの回収や遠隔操作によるデータ消去のために、すぐに行動を起こしましょう。デバイスにカスペルスキー モバイル セキュリティがインストールしてあるならば、そのデバイスを検索する、メッセージを送る、あるいは(窃盗犯かもしれない)デバイス使用者の写真を撮影することができます。また、必要に応じて遠隔操作でデータを消去して、データやIDの盗難を防ぐことが可能です。 SIMカードをブロック:携帯電話が契約したものかプリペイドかに関わらず、紛失したことに間違いがないのならば、これが次のステップになります。お勧めしたように、紛失したまたは盗難にあったデバイスについて報告する際にIMEIと携帯電話キャリアの番号が控えてあれば、SIMカードをブロックすることができます。キャリアに電話して、SIMをすぐにロックしてもらいます。これで、データへのアクセスを防いで、失うものをデバイス自体の損失にとどめます。 事件を報告:最悪の事態が発生して、旅先でスマートフォンを単に置き忘れたわけではなく、盗難にあったことがわかったら、地元の警察署にすぐに連絡します。当局に携帯電話のIMEIかシリアル番号を伝えましょう。もしも窃盗犯が逮捕された場合には、犯人を起訴するのにこの情報が極めて重要な役割を果たします。

ヒント