緑の電車、鹿児島を行く

カスペルスキーのグリーンベアがプリントされた路面電車が、鹿児島市内を走行中!世界を守る、鹿児島も守る。

グリーンベアトレイン-2

日本には路面電車の走る地域がいくつかあります。高知や長崎が有名ですが、東京ならば荒川線や世田谷線が走っています。鹿児島市もそんな地域のひとつ。鹿児島と言えば、グリーンベアが『かごしまITフェスタ』に参加するなど、カスペルスキーと縁浅からぬ土地ですが、カスペルスキーのグリーンベアがペイントされた車両が走っているのはご存知ですか?

昨年も走っていたグリーンベアトレイン。今年12月から、新デザインの車両が走行を開始しました。鹿児島在住の方、年末年始に帰省される鹿児島県人の皆さま、諸事情で鹿児島を訪問予定の方々、ぜひ鹿児島市営電車の緑の車両をチェックしてみてください!

とはいえ、運よく(?)鹿児島を訪れるチャンスがある方々は、少数派かもしれません。そこで、このグリーンベアトレインを写真でお見せいたしましょう!

グリーンベアトレイン-1

こんにちは、グリーンベアトレインです

グリーンベアトレイン-3

私たちは「Save the World」(世界を守る)

グリーンベアトレイン-4

鹿児島も守る

グリーンベアトレイン-5

カスペ~ルスキ~~♪♪

ヒント:kis2014ゲーム制限

対象年齢に基づいてゲームを制限する方法

日々の生活の中で、ネガティブなものに遭遇することがあります。暴力、敵意、残虐行為など…。実生活のなかでこうした情報を子供たちから遠ざけることは難しいのですが、コンピューターゲームに関しては可能です。カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティのWindows対応プログラム)には、PEGIまたはESRBが定める対象年齢に基づいてゲームを制限する機能があります。対象年齢の判断基準についてはそれぞれのWebサイトに詳しく解説されていますが、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014で制限年齢を選択したときにも簡単な説明が表示されます。 では、どのように設定すればよいでしょう? カスペルスキー インターネット セキュリティのメインウィンドウを開き、[保護者による管理]を選択します。 初めてこの機能にアクセスする場合は、ここでパスワードを指定します。すでに設定済みであれば、パスワードを入力します。 コンピューターに複数のアカウントを設定してある場合は、お子さんが使用するアカウントを使用します。スイッチをクリックで切り替えて「保護者による管理」機能を有効にし、アカウント名をクリックします。 [アプリケーションの制限]セクションにある[詳細]リンクをクリックします。 表示されたウィンドウで、歯車のアイコンが付いたボタンをクリックします。 [年齢制限]チェックボックスをオンにし、カテゴリを選択します。   PEGIおよびESRBのWebサイトでは、どのゲームがどんな対象年齢になっているのか確認できます(英語のサイトです)。

ヒント:kis2014ゲーム制限
ヒント