インターポールとKaspersky Labが協力体制に正式合意

国はそれぞれに法律と国境をかかえていますが、サイバー犯罪者は世界を股にかけて活動しています。サイバー犯罪をストップさせるには、国際間の協力が不可欠です。このたび、国際刑事警察機構(インターポール)とKaspersky Labは協力体制を組むこととなりました。 Kaspersky Labは、サイバー脅威の調査において幅広い経験を持っています。一方、インターポールは犯罪捜査の優秀なシステムを有し、世界各地の法執行機関と連携し、世界190か国以上にわたる幅広いエージェントのネットワークを所有しています。 Kaspersky Labの経験とインターポールのリソースをもってすれば、遠隔地から犯罪を仕掛けるような連中は、もはや安穏としてはいられないでしょう。また、はるか遠くへ逃げおおせるという希望も持つことができなくなるでしょう。 「私は “インターネット・インターポール” を作ることを、長年夢見てきました。これからは、どこか遠い国で隠れおおせる犯罪者はいなくなっていくことでしょう」 Kaspersky Labの取締役会長兼最高経営責任者(CEO)であるユージン・カスペルスキー(Eugene Kaspersky)は、インターポールのセクレタリーゼネラルであるロナルド・ノーブル(Ronald Noble)氏、およびINTERPOLE Global Complex for Innovation(IGCI)のエグゼクティブディレクターである中谷昇氏による会合において、この歴史的な合意に至りました。いずれの組織にとっても、大きな意味を持つ合意です。 ユージン・カスペルスキーは次のように語っています。「私は “インターネット・インターポール” を作ることを長年夢見てきましたが、ついにそれが現実のものとなりました。私たちは、世界各地の警察組織へ私たちの専門知識・技術・人材を提供することでサイバー犯罪の捜査に積極的に関与します。これからは、物理的な国境を盾にどこか遠い国で隠れおおせる犯罪者はいなくなっていくことでしょう」 これはKaspersky Labのエキスパートたちにとっても喜ばしいニュースとなるでしょう。エキスパートたちは、温暖なシンガポールに2014年開設予定のIGCIオフィスを定期訪問する見込みです(モスクワの長い冬をご想像ください…)。Kaspersky Labは、現在開設へ向けて準備中の「国際インターネット警察」の一員となります。インターポールの取り組みとKaspersky Labの専門技術を備えたこの組織は、犯罪への大きな一撃となるでしょう。私たちは、世界中そしてWeb上の物陰に潜むサイバー犯罪者たちの追及に向けて協力していきます。

インターポール

国はそれぞれに法律と国境をかかえていますが、サイバー犯罪者は世界を股にかけて活動しています。サイバー犯罪をストップさせるには、国際間の協力が不可欠です。このたび、国際刑事警察機構(インターポール)とKaspersky Labは協力体制を組むこととなりました。

Kaspersky Labは、サイバー脅威の調査において幅広い経験を持っています。一方、インターポールは犯罪捜査の優秀なシステムを有し、世界各地の法執行機関と連携し、世界190か国以上にわたる幅広いエージェントのネットワークを所有しています。

Kaspersky Labの経験とインターポールのリソースをもってすれば、遠隔地から犯罪を仕掛けるような連中は、もはや安穏としてはいられないでしょう。また、はるか遠くへ逃げおおせるという希望も持つことができなくなるでしょう。

「私は “インターネット・インターポール” を作ることを、長年夢見てきました。これからは、どこか遠い国で隠れおおせる犯罪者はいなくなっていくことでしょう」

Kaspersky Labの取締役会長兼最高経営責任者(CEO)であるユージン・カスペルスキー(Eugene Kaspersky)は、インターポールのセクレタリーゼネラルであるロナルド・ノーブル(Ronald Noble)氏、およびINTERPOLE Global Complex for Innovation(IGCI)のエグゼクティブディレクターである中谷昇氏による会合において、この歴史的な合意に至りました。いずれの組織にとっても、大きな意味を持つ合意です。

ユージン・カスペルスキーは次のように語っています。「私は “インターネット・インターポール” を作ることを長年夢見てきましたが、ついにそれが現実のものとなりました。私たちは、世界各地の警察組織へ私たちの専門知識・技術・人材を提供することでサイバー犯罪の捜査に積極的に関与します。これからは、物理的な国境を盾にどこか遠い国で隠れおおせる犯罪者はいなくなっていくことでしょう」

これはKaspersky Labのエキスパートたちにとっても喜ばしいニュースとなるでしょう。エキスパートたちは、温暖なシンガポールに2014年開設予定のIGCIオフィスを定期訪問する見込みです(モスクワの長い冬をご想像ください…)。Kaspersky Labは、現在開設へ向けて準備中の「国際インターネット警察」の一員となります。インターポールの取り組みとKaspersky Labの専門技術を備えたこの組織は、犯罪への大きな一撃となるでしょう。私たちは、世界中そしてWeb上の物陰に潜むサイバー犯罪者たちの追及に向けて協力していきます。

webカメラ

Web カメラにご注意!

コンピューターにマルウェアを感染させてリモートアクセスを試みる攻撃者は、必ずしも金銭が目的とはかぎりません。サイバー犯罪者の中には、愉快犯もいます。そんな彼らにとって、最高の狙いはプライベートな会話、写真、Web カメラへのアクセスであり、その被害者のほとんどは容姿端麗な女性や 10 代の女性です。 コンピューターにリモートアクセスするためのアプリケーションは一般的であり、合法、違法の両面で広く利用されています。リモートデスクトップや TeamViewer などのアプリケーションは、システム管理者や技術サポート担当も承認しており、ユーザーの PC のトラブルをリモートから解決する場面でも活用されています。一方で、マルウェアの主要機能も同様の機能を持っています。たとえば ZeuS の場合、PC をボットネットの一部に組み込み、はるか海の向こうからでも遠隔操作できるようにしてしまいます。こうした不正利用は、金銭狙いが一般的です。ディスク内にある重要なデータ(支払い用の認証情報やパスワードなど)を探し出し、感染コンピューターを使ってスパムを送信したり、DDoS 攻撃を実行したりします。そんな中で、個人的な欲求を満たすだけのためにリモートアクセスし、標的を監視する攻撃者もいます。 攻撃者の行動で最も多いのは、ヌード写真の検索と Web カメラによる覗き見です。 このような攻撃者にとって最も人気ある獲物は、プライベートの写真です。攻撃者は検索可能なディスク内や接続されているモバイルデバイス内を手動で漁り、PC 所有者のプライベート写真を探します。さらに、ノート PC の内蔵カメラや外部の USB カメラをオンにして所有者を直接覗き見し、本人の写真を撮影することもあります。こうして取得した写真は、攻撃者の趣味や主義に応じて「愉快目的で」公開されたり、脅迫に利用されたりします。 覗き見以外でよくあるのは、いたずらを仕掛けることです。一般的に彼らが使っている特殊なリモートアクセスツールには標的とやりとりするための機能が付いており、画面へのメッセージ表示、特定の Web サイトの表示、タスクバーまたは Windows の[スタート]ボタンの削除、CD トレイの開閉などを実行できます。コンピューターの思わぬ動作に、標的がパニック状態に陥るのを見るのが彼らにとっての楽しみなのです。 以上のような行為にいそしむ犯人は、優れた技術スキルを持った金銭目的の攻撃者とは異なり、資金も技術力もない素人がほとんどです。そのため、Web サイトにエクスプロイトをしかけて標的を感染させる攻撃はめったになく、ソーシャルエンジニアリングを使うか、P2P ファイル共有ツールを使ってマルウェアを広めようとします。そんな連中を寄せ付けないためには、信頼できるソースからでないとアプリケーションをダウンロードしない、総合的なコンピューター保護製品を利用する、P2P ファイル共有を行わない、メールやソーシャルネットワークで怪しいリンクはクリックしないなど、念を入れて注意してください。また、Web

webカメラ
ヒント