勝つチャンスはいつだってある

Kaspersky Labは、ロシア最年少のチェスのチャンピオン、ミハイル・アンチーポフのスポンサーです。この若き王者に、チェスを始めたきっかけ、ゲームでの戦略と戦術、将来のプランなどについて聞きました。

antipov-interview-featured

将来何になりたいか、18歳の時にはっきり自覚している人は、そう多くありません。でも、若干16歳でロシア最年少のチェスのグランドマスターに輝いたミハイル・アンチーポフ(Mikhail Antipov)は、将来を迷いなく見据えています。

Kaspersky Labは、2011年からこのチェスの神童を支援してきました。彼はプロになって、世界王者のマグヌス・カールセン(Magnus Carlsen)に挑戦したいと考えています。 antipov-interview-portrait-FB

なぜチェスを始めたのですか?

僕が5歳半の時、幼稚園で子供たちがチェスをしているのを見ました。ゲームの展開が面白くて、両親にチェスの遊び方を教えてほしいと頼みました。父は学生の頃、チェスをしていて、級まで持っていたそうです。最初は両親と遊んでいましたが、そのうち学校のチェスクラブに参加するようになり、友人たちよりずっと早く上達しました。その頃、本格的にトレーナーについて、さらにトレーニングに励みました。

チェスで初めてお父さんに勝ったのは、いくつの時ですか?

僕の記憶では、初めて父に勝ったのは、8歳の頃でした。

Kaspersky Labとの関係はどのように始まったのですか?

これも、父が手を貸してくれました。2010年にKaspersky Labとスポンサー契約を交わしました(英語記事)。そのおかげで今では何人かのトレーナーについていますし、さまざまなトーナメントへの参加費も負担していただいています。とても感謝しています。

どのくらい先の手まで読むのですか?

難しい質問ですね。チェスの戦いには、戦略と戦術という2つのアプローチがあります。戦略は、有利な局面を作るための選択肢です。プレイヤーは先の局面を読み、評価して、陣地を固めようとします。攻撃から防御する場合は、戦術的プランよりももっと直接的な防御戦術を使う、より受け身なプレイスタイルになります。

実生活では戦略家ですか?それとも戦術家でしょうか?人生という盤面を「読む」タイプですか?それとも状況に応じて行動するタイプですか?

僕は戦略家です。あらゆる局面が人生に影響を与えると考えているので、何でも計算しようとします。自分を論理的な人間だと考えると、僕自身の行動はすべて説明がつきます。

チェスは論理的なスポーツですね。どこが一番好きですか?

チェスは論理的思考を鍛えます。子供にも当てはまる話です。チェスは多くの人のためになると思います。チェスで一番好きなのは、ハードサイエンスではないので、常に選択肢と可変性を前提としているところです。試合の中でさまざまな選択肢を探っていくのは楽しいです。

試合中、緊張しますか?

すごく厳しい局面や、特に大切な試合でない限り、それほど緊張しません。以前より落ち着いて対局に挑めるようになったので、最近は緊張しなくなりました。

これまでの対戦で勝った相手や負けた相手も含め、最強のライバルは誰ですか?

勝った相手では、ウクライナのグランドマスター、アントン・コロボフ(Anton Korobov)です。負けた相手では、グランドマスターのワシリー・イヴァンチュク(Vasily Ivanchuk)です。

ぜひ対戦したい相手は?

マグヌス・カールセンです。世界最強のチェスプレイヤーなので、ぜひ対決したいです。

確実に勝てるチャンスがあると思いますか?

そうは思いません。でも、チェスは誰にでも勝つチャンスがあります。たとえ自分とライバルのレベルが全然違っていてもね。

つまり、運次第ということですか?

それがすべてとは思いません(勝負のカギを握るのは実力なので)。ただ、運も実力のうちだと思います。

将来をどう思い描いていますか?何か夢はありますか?

絶対に叶えたい夢は、チェスでプロになることです。5~7年以内に達成できるよう頑張ります。

ヒント