インタビュー

24 記事

expert

SNSインタビュー:ニコライ・グレベンニコフに聞く

情報セキュリティの問題はかつてないほど重要性を増し、今では誰もが気にかけていることでしょう。自分の心配事を真のエキスパートに相談できるというのはうれしいもの。私たちは多くの方のご意見を伺いたいと考え、Facebookなどのソーシャルネットワークで、当社の製品(とセキュリティ問題一般)についてのご質問を募りました(※1)。今回皆様のご質問にお答えするのは、Kaspersky LabのCTO、ニコライ・グレベンニコフ(Nikolay Grebennikov)です。 Kaspersky LabはなぜiOSデバイス向けのセキュリティ製品を提供しないのですか? 実はiOS向けの製品はあるのですが、他のプラットフォーム向けに設計された製品とは異なります。iOSは著作権で保護されたシステムであり、アプリの開発や配布のプロセスはAppleが厳格にコントロールしています。たとえば、サードパーティの開発者がアクセスできないAPIは非常に多くあります。これらのAPIは、本格的なアンチウイルスプログラムの作成に欠かせないものです。とはいえ、このようにAppleが自社の技術を非公開にしているおかげで、iOS(特にエンドユーザー)を狙うマルウェアはそれほど多くありません。しかしiOSユーザーも、フィッシング(ユーザーから機密情報や認証情報を盗むための偽のメールやWebサイト)やジェイルブレイクのエクスプロイトに対してはぜい弱です。マルウェアが潜むWebサイトへのアクセスを防止するため、私たちはKaspersky Safe Browserを開発しました。これはKaspersky Labが独自に設計したブラウザーで、子供が安全にWebにアクセスでき、不適切なコンテンツに出会わないようにすることを第一の目的としています。マルウェアWebサイトに関する情報は、クラウドソリューションであるKaspersky Security Networkによってリアルタイムで更新されます。   カスペルスキー製品はNSAのスパイをブロックできますか? 電子フロンティア財団(EFF)など、いくつかの団体から、公開書簡でこれとまったく同じ質問がありました。Kaspersky Labは、公式な回答を行った最初のアンチウイルスベンダーです。私たちの回答を簡単に説明すると、次のようになります:Kaspersky Labは、あらゆる悪質コードを検知してブロックしています。誰が作成したコードかは関係ありません。 そこまでうまくユーザーをマルウェアから保護できるのなら、自社を違法コピーから守ればいいのではないですか? 厳格な保護対策を実装するのは簡単ですが、それによって正規ライセンスのユーザーに予想外の問題が数多く発生する可能性があります。さらに重要なことに、Kaspersky Labは企業方針として、当社のセキュリティ製品を試して脅威から保護される機会をすべての人に提供しています。無料版をお試しいただいた方は、すぐに有料バージョンを購入していただけるものと確信しているからです。 9 nopコマンドで始まるアプリケーションは、すべてトロイの木馬として検知されるのでしょうか? そのような検知アルゴリズムは採用していません。この問題の影響を受けるファイルのサンプルを送っていただけますか? 自己適応システムとウイルスに何か共通点はありますか?ウイルスは自分に不利な要因があると突然変異するものなのでしょうか? 共通点は何もありませんし、ウイルスが環境に適応することもありません。しかし、ウイルスの開発者たちは状況に応じて戦術を変えます。彼らはアンチウイルス企業が開発しているものを徹底的に追跡し、どうすれば自分たちの「製品」が検知されないかを毎日考えているのです。また、何らかの手法によってセキュリティシステムを突破し、アンチウイルスに見つからないようにマルウェアの活動をカモフラージュしようとするウイルスもあります。しかし我々は、複合的なソリューションの技術を使用することで、このようなマルウェアとの戦いで成果を上げています。 アンチウイルスの無料バージョンと有料バージョンは何が違うのですか? Kaspersky Labのポートフォリオの個々の製品の違いというご質問ですね。当社が無料で提供しているのは、目的別ツールと体験版のみです。体験版の場合、試用期間の終了後も使用するにはライセンスを購入する必要があります。 なぜAvastのようにフリーウェアライセンスを提供しないのですか? 無料体験版はありますが、製品を完全に無料で提供する準備はできていません。アナリストや開発者の給料を支払うための資金がなければ、最高の品質のセキュリティ製品を作ることはできないからです。第三者機関がカスペルスキー インターネット