カスペルスキー、新たな拠点を大阪に開設

2014年5月2日

2014年4月1日、株式会社カスペルスキーは、西日本営業所を大阪に開設しました。これを記念して、先日、開設記念セミナーが実施されました。会場にはパートナー様74社150名が来場し、活気と熱気にあふれたイベントとなりました。

カスペルスキー西日本営業所

株式会社カスペルスキー(以下、カスペルスキー)は、2004年の創立以来、東京に本拠をおいて活動してきました。その活動の場を広げるべく、福岡に九州営業所を開いたのが2013年4月のこと。このたび10周年を迎えてすぐに開設した西日本営業所は、これに続く2つめの営業所となります。大阪と言えば、弊社のサイバー犯罪撲滅の取り組みが大阪府警察との連携をきっかけに広がった経緯もあり、縁浅からぬ土地でもあります。

カスペルスキーの緑を日本中に広げていく – 日本緑化計画

カスペルスキーでは、「日本緑化計画」を合い言葉に、法人営業活動を推進しています。カスペルスキーのコーポレートカラーである緑を日本中に広げていく、という決意を凝縮した言葉です。九州では、徐々に緑が広がっています。これからは、大阪を中心に西日本一帯へ緑を広げていく番です。緑が萌え出る春に緑化計画の新たな拠点がオープンするというのも、なにやら象徴的に見えなくもありません。

カスペルスキー西日本営業所

左:SE 関場、中央:所長 前嶋、右:営業 高橋

「信頼できるパートナーとして認知いただけるよう、顔の見える営業として活動していく」(西日本営業所 所長 前嶋昇)
「パートナー様向けトレーニング実施やイベント参加を積極的に」(同営業所 セールスエンジニア 関場哲也)
「関西地区に根を下ろして皆さまと共に進む」(同営業所 営業 高橋俊雄)

西日本営業所のメンバーは、それぞれの言葉で決意を語りました。また、出席いただいたパートナー様からは、製品技術だけではなく、インターポールとの連携等の社会活動に関しても評価の声をいただき、大きな期待が寄せられていることを感じたイベントでもありました。10年目のカスペルスキーは、パートナーの皆さまとともに、さらなる「緑化」に取り組んでいきます。

カスペルスキー西日本営業所