Kaspersky Lab、新社屋を披露

新築祝いのパーティーはとても楽しいものです。特に新しい家がゆったりと広く、立地が良く、幸福な人々であふれているとなれば。3,000人の社員のうち1,600人が働く私たちの本社は、そのような家のようであると言って差し支えないでしょう。 到着したゲストは、入り口でちょっとした驚きに出会います。ストリートアートが3Dのように飛び出して見えるのです。このような装飾が可能なのは、Kaspersky Labがオフィスビルだけではなく、周辺の土地も所有しているためです。その様子はインフォグラフィックをご覧ください。 ロシアには、建設工事が完了することは決してない、中断するだけだ、という言葉があります。これは真実で、受付デスクと、20年に及ぶウイルスとの戦いを記念したミュージアムについてはまだ調整が必要です。しかし私たちは、新しいオフィスの記念すべき開館を祝う準備を整えました。Eugene Kaspersky(ユージン・カスペルスキー)とABD ArchitectsのBoris Levyant(ボリス・レバント)氏が、建設作業の終わりを祝って、昔ながらの赤いリボンにハサミを入れました。 3,000人の社員のうち1,600人が働くKaspersky Labの本社は、ゆったりと広く、立地が良く、幸福な人々であふれています! 新社屋は川のそばにあります。またビーチや運動のできる広場もあり、ほとんどすべての従業員が、巨大な見晴らしの良い窓から美しい景色を見渡せます。会議室やサービスルームは建物の中央部分にあるため、ほとんどの社員のデスクは窓のそばにあります。この配置は美観を楽しむことができるだけではなく、環境に優しいものでもあります。つまり、照明をそんなに使わずに済みます。サーバー室にも、冬になると外気を利用して冷却するという環境に配慮したシステムがあります。景色の話に戻りましょう。一番きれいなのは、5階にあるユージン・カスペルスキーのオフィスのバルコニーから見る景色です。この部屋は大きくはなく、家具も多くはありません。部屋の主は出張していることが多く、ここで会議をすることはほとんどないからです。しかし、いくつかの興味深いものが飾られています。たとえば最近のモスクワ・シティ・レーシングで壊れたフェラーリの破片やエキゾチックな帽子のコレクション、そしてフロッピーディスクに収められた最初のカスペルスキーアンチウイルスソフトウェアなどです。 本社の2つのビルのうち1つは開発者専用です。開発者はKaspersky Lab従業員の3分の1を占めています。オフィスのあらゆるところで人々は思い思いにデスクを飾り立てていますが、リンゴやおしゃれな緑のロボットが数多く見受けられることは、Kaspersky LabがAndroidとMacを保護していることを良く表しています。 Kaspersky Lab最大の部署の1つである研究開発部門は、特別な設備が整った新しい卵形のホールを気に入っています。ここでアナリストらは常時ウイルスの広がりを監視し、マルウェアのデータベースをアップデートし、インターネットに目を光らせています。宇宙のミッションコントロールセンターのようなこの施設に、どんなゲストも感銘を受けます。 近くのレクリエーションルームにはフィットネスマシンが2台とゲーム機、ホッケーのテーブルゲームがあります。ここは社員がリラックスできる場所というだけではなく、健康を保つのにも役立っています。大きなジム、サウナとマッサージ室も大人気です。窓のすぐ外にはビーチとバスケットボールコート、小さなフットボール場、大きなスイミングプールがあります。 もちろん、オフィスの周りにはコーヒーマシンを備えるレクリエーションエリアがたくさんあり、広い食事スペースもあります。それだけではありません。1階のコーヒーショップはまだ完成していませんが、もう飾り付けられています。新社屋披露パーティーのとき、ゲストは使われなくなったコンピューターの部品を使って作品を作り、壁に飾りました。 健康なライフスタイルは、フィットネスルームだけから生まれるのではありません。社員はここでスポーツ施設を利用できますし、自転車で仕事に来る人のために駐輪場も用意されています。また、ビーチやスイミングプールも近くにあります。夏になれば、公園を散歩するだけで気持ちが良いものです。報道関係の友人たちの力を借りて、私たちは建物の壁に沿って木を植えました。これから育てていくつもりです……おそらく。 ロシアには、すべての男は家を建て、木を植え、子供を育てるものだ、という言い回しがあります。そうです、私たちは家を建て、木を植えました。子供を育てるのはオフィスではできそうにありませんが、代わりに私たちは、コンピューターの脅威と戦うファイターを育てていきます。

カスペルスキー新社屋-featured

新築祝いのパーティーはとても楽しいものです。特に新しい家がゆったりと広く、立地が良く、幸福な人々であふれているとなれば。3,000人の社員のうち1,600人が働く私たちの本社は、そのような家のようであると言って差し支えないでしょう。

カスペルスキー新社屋-title

到着したゲストは、入り口でちょっとした驚きに出会います。ストリートアートが3Dのように飛び出して見えるのです。このような装飾が可能なのは、Kaspersky Labがオフィスビルだけではなく、周辺の土地も所有しているためです。その様子はインフォグラフィックをご覧ください。

ロシアには、建設工事が完了することは決してない、中断するだけだ、という言葉があります。これは真実で、受付デスクと、20年に及ぶウイルスとの戦いを記念したミュージアムについてはまだ調整が必要です。しかし私たちは、新しいオフィスの記念すべき開館を祝う準備を整えました。Eugene Kaspersky(ユージン・カスペルスキー)とABD ArchitectsのBoris Levyant(ボリス・レバント)氏が、建設作業の終わりを祝って、昔ながらの赤いリボンにハサミを入れました。

3,000人の社員のうち1,600人が働くKaspersky Labの本社は、ゆったりと広く、立地が良く、幸福な人々であふれています!

新社屋は川のそばにあります。またビーチや運動のできる広場もあり、ほとんどすべての従業員が、巨大な見晴らしの良い窓から美しい景色を見渡せます。会議室やサービスルームは建物の中央部分にあるため、ほとんどの社員のデスクは窓のそばにあります。この配置は美観を楽しむことができるだけではなく、環境に優しいものでもあります。つまり、照明をそんなに使わずに済みます。サーバー室にも、冬になると外気を利用して冷却するという環境に配慮したシステムがあります。景色の話に戻りましょう。一番きれいなのは、5階にあるユージン・カスペルスキーのオフィスのバルコニーから見る景色です。この部屋は大きくはなく、家具も多くはありません。部屋の主は出張していることが多く、ここで会議をすることはほとんどないからです。しかし、いくつかの興味深いものが飾られています。たとえば最近のモスクワ・シティ・レーシングで壊れたフェラーリの破片やエキゾチックな帽子のコレクション、そしてフロッピーディスクに収められた最初のカスペルスキーアンチウイルスソフトウェアなどです。

本社の2つのビルのうち1つは開発者専用です。開発者はKaspersky Lab従業員の3分の1を占めています。オフィスのあらゆるところで人々は思い思いにデスクを飾り立てていますが、リンゴやおしゃれな緑のロボットが数多く見受けられることは、Kaspersky LabがAndroidMacを保護していることを良く表しています。

Kaspersky Lab最大の部署の1つである研究開発部門は、特別な設備が整った新しい卵形のホールを気に入っています。ここでアナリストらは常時ウイルスの広がりを監視し、マルウェアのデータベースをアップデートし、インターネットに目を光らせています。宇宙のミッションコントロールセンターのようなこの施設に、どんなゲストも感銘を受けます。

近くのレクリエーションルームにはフィットネスマシンが2台とゲーム機、ホッケーのテーブルゲームがあります。ここは社員がリラックスできる場所というだけではなく、健康を保つのにも役立っています。大きなジム、サウナとマッサージ室も大人気です。窓のすぐ外にはビーチとバスケットボールコート、小さなフットボール場、大きなスイミングプールがあります。

もちろん、オフィスの周りにはコーヒーマシンを備えるレクリエーションエリアがたくさんあり、広い食事スペースもあります。それだけではありません。1階のコーヒーショップはまだ完成していませんが、もう飾り付けられています。新社屋披露パーティーのとき、ゲストは使われなくなったコンピューターの部品を使って作品を作り、壁に飾りました。

健康なライフスタイルは、フィットネスルームだけから生まれるのではありません。社員はここでスポーツ施設を利用できますし、自転車で仕事に来る人のために駐輪場も用意されています。また、ビーチやスイミングプールも近くにあります。夏になれば、公園を散歩するだけで気持ちが良いものです。報道関係の友人たちの力を借りて、私たちは建物の壁に沿って木を植えました。これから育てていくつもりです……おそらく。

ロシアには、すべての男は家を建て、木を植え、子供を育てるものだ、という言い回しがあります。そうです、私たちは家を建て、木を植えました。子供を育てるのはオフィスではできそうにありませんが、代わりに私たちは、コンピューターの脅威と戦うファイターを育てていきます。

gamescom-featured

ゲーム好きの祭典、gamescom

2013年のgamescom、来場者数が過去最多に 8月末、世界最大のゲームの祭典であるgamescomが、ドイツのケルンにて3年連続で開催されました。数多くのイノベーションやここでしか見られないゲームのプレビューに引き寄せられて集まった人々の数は、34万という過去最高に達しました。1日券はすべての開催日で完売となり、半日券を求めて午前中の間ずっと並ぶファンも大勢いました。『Wardogs』や『Assassin’s Creed 4』のようなゲームの予告映像を見たり情報を入手したりするには、3時間並ばなければならないこともありました。 大きな呼び物の1つはもちろん、Microsoftの新しいゲーム機「Xbox One」とソニーの「PlayStation 4」の発表です。そのほかにも、凝った衣装に身を包み、注目を浴びていた来場者が多数いました。ビデオゲームのキャラクターのような格好をするというのは日本発祥のトレンドで、「コスプレ」と呼ばれています(「costume」と「play」を足した言葉です)。 カスペルスキー、展示会を盛り上げる カスペルスキーのブースでもさまざまなものが展示されました。来訪者はカスペルスキー製品の情報だけでなく、カスペルスキー インターネット セキュリティ(カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティのWindows対応アプリケーション)のゲーミングモードで『X Rebirth』と『Secret Files: Sam Peters』という2つの新しいゲームを試すことができました。 ゲーム愛好者の多くはプレイするゲームの代金を支払うだけではなく、バーチャルな世界のアイテムにお金を使っています。そのため最近では、ゲーム開発者を標的にしたサイバー犯罪が増加しています。つまりゲーマーたちのゲーム用アカウントが危険にさらされているということです。 カスペルスキーのブースで実施した調査では、ゲーム愛好者にとってサイバーセキュリティが重要度を増していることが明らかになりました。ゲーム愛好者の多くはプレイするゲームの代金を支払うだけではなく、バーチャルな世界のアイテムにお金を使っています。そのため最近では、ゲーム開発者を標的にしたサイバー犯罪が増加しています。つまりゲーマーたちのゲーム用アカウントが危険にさらされているということです。 私たちはゲーム用アプリの人気が高まっていることにも気付きました。スマートフォンの利用が広がり続ける中で、時間つぶしに小さなゲームをプレイする人の数が増えています。コーヒーショップや駅で周りを見渡してみれば、公共のホットスポットを使用している人はたくさんいます。そうしたホットスポットを利用する場合は、カスペルスキー モバイル セキュリティ for Androidのような正規のソフトウェアによってサイバー犯罪者から自分を守るのは非常に重要です。 私たちは今年、各開催日の終わりに特別なイベントを実施しました。モットーは「ロシア人のように楽しむ」です。金曜日、土曜日、そして日曜日の夜に、DJのYuriy Gurzhy(ユーリ・ガーツィ)とKatja Kubikova(カーチャ・クビコワ)が、バラライカによるロックンロールやクレズマー・スカ、ジプシー・パンクなどのミックスでパーティをスタートさせました。雨天にもかかわらず、カスペルスキーのRussendiskoでは毎晩遅くまで皆が踊って楽しみました。 このような素晴らしいイベントに再び参加できたことをうれしく思うとともに、来年もまたこのような機会を持つことを楽しみにしています。

gamescom-featured
ヒント