Kaspersky LabはあなたのFacebookアカウントをお守りします

2015年6月26日

更新情報:本記事にて紹介されているアプリの提供は終了いたしました。

サイバー犯罪者は、Facebookアカウントを狙っています。アカウントを乗っ取って、あなたや私のふりをして変なものに「いいね!」したり、怪しげなグッズやサービスを宣伝したり…。Facebook運営はこういった犯罪的動きを認識しており、手段を構築してきましたが、このたびKaspersky Labもその取り組みに加わることとなりました。

自社サービスの利用者をサイバー犯罪の被害から守るため、Facebookでは、不審な活動が見られるアカウントやマルウェア感染が疑われるようなアカウントに対し、無料のアンチマルウェアスキャンを推奨しています。

hacking_FB_vk

Facebookがマルウェアの発信源となることは、当然ながらありません。しかし、Facebook利用者は、さまざまなルートで感染する恐れがあります。たとえばフィッシング詐欺の5分の1は、Facebookから来た通知を装っています。Facebookから来たように見えるメールを受け取ったら警戒しましょう。偽物かもしれません。また、Facebook利用者を狙ったトロイの木馬も数多く存在します。

あなたのFacebookアカウントが不審な動きを見せていてマルウェアの感染が疑われる場合、Facebookはデバイスのスキャンを推奨します。具体的には、ログインしたときに、セキュリティスキャンを促す通知が現れます(下図)。

fb02

感染駆除を行うのをお手伝いするプログラム、そのうちのひとつがKaspersky Malware Scan for Facebookです。直近の3ヶ月間だけで、Facebook利用者260,000人のお手伝いをしました。このプログラムをダウンロードすると(すぐ終わります)、スキャン状況を示すウィンドウが開きます。

fb07

スキャンが完了するまで少しお待ちください。コンピューターにセキュリティ上の問題が見つかった場合は、スキャン完了と同時に解決手順が表示されます。

しかし、先手を打つのに越したことはありません。自分でつけた記憶のない「いいね!」やした覚えのない投稿を見かけたら、または自分のコンピューターがマルウェアに感染しているような気がしたら、セキュリティ製品でスキャンをかけましょう。カスペルスキーでは、無料で30日間お試しいただける体験版をご用意しています。

また、Facebookアカウントの保護を強化するために、プライバシー設定とセキュリティ設定を見直すこともお勧めします。