カスペルスキー パスワードマネージャー:認証機能を新しく追加

当社のパスワードマネージャーがさらに拡張され、クロスプラットフォーム対応2要素認証コードジェネレーターが搭載されました。

カスペルスキー パスワードマネージャーが最近アップデートされ、二要素認証(2FA)用のワンタイムコードを生成する機能が加わりました。別の認証アプリをインストールする必要はありません。必要なものはすべてパスワードマネージャーに搭載されているのです。その詳細について少し説明しましょう。

認証機能とは?

ここ数年、私たちは、2FA、特にアプリで生成されるワンタイムコードに関して、一連の投稿を行ってきましたが、その中で最も重要なものをご覧いただくよう強くお勧めします。

多要素認証とは何か?
2要素認証の種類:長所と短所
Google Authenticatorに代わる認証アプリはない?
ワンタイムコードによる認証:メリットとデメリット(英語の記事)
Android、iOS、Windows、macOSに最適な認証アプリ

一言で言えば、アカウントの保護を強化するには、2FAが必須です。使用するすべてのサービスで、2FAを有効にすることを推奨します。特別な認証アプリで生成される1回限りのコードは、安全性が高く、しかも使いやすいと私たちは考えています。ワンタイムコードは、パスワードを入力したの後に必要で、有効期間も限られているため(通常は30秒以内)、第三者が傍受するのは極めて困難です。
2FA方式は、迅速かつスムーズで、高いレベルの保護を提供します。これまでは、Google Authenticatorや他の適切な認証アプリをデバイスにインストールしなくてはなりませんでた。カスペルスキー パスワードマネージャーを使えば、簡単にコードを生成できます。それでは、ビルトインの(搭載された)認証機能にはどのような利点があるのか解説しましょう。

1.利便性の高いインターフェイス

カスペルスキー パスワードマネージャーは、ユーザーが使いやすいように設計されています。特別な認証セクションには、名前と簡単な説明を含むトークンのリストがあり、その横にワンタイムコードが表示されます。また、これらのコードが次に更新されるまでのタイムカウンターもあります。他のアプリの動作と似ているため、すでに別の認証システムを使用している場合もカスペルスキー パスワードマネージャーに簡単に切り替えられます。

また、他にも大きなメリットがあります。カスペルスキー パスワードマネージャーはオールインワン型の普遍的なクロスプラットフォームソリューションだという点です。このアプリは、パスワードを保存し、パソコンでもスマホでも、お好きなプラットフォームでワンタイムコードを生成します。カスペルスキー パスワードマネージャーは、AndroidとiOSだけでなく、macOSとWindowsにも対応しています(Windowsの2FAコード生成サポートは、近く予定されているアップデートで追加されます)。Windowsバージョンは特に重要です。最適な認証アプリに関するブログを読んだことがある方なら、Windowsのサービスが不十分なことにお気づきでしょう。

2.同期化とセキュリティ

もうひとつのメリットは、カスペルスキー パスワードマネージャーのあらゆるトークン(パスワード、メモ、認証トークンなど)がすべてのデバイス間で自動的に同期される点です。このため、現在使用しているどのデバイスでも認証コードを生成できます。
もちろん同期するにはクラウドが使われますが、セキュリティはもちろん確保され、利便性も抜群です。まず、追加のアカウントを作成する必要はありません。マイカスペルスキーアカウントさえあればよいのです。当社の製品を使用している方は、すでにこのアカウントがあります。そして、すべての認証トークンはメインパスワードによって安全に保護されています。侵入者が何らかの方法でマイカスペルスキーアカウントに侵入したとしても、パスワードや認証システムを使用することはできません。

3.スマホが手元になくても問題なし

他の認証アプリのユーザーは、スマホを置き忘れることを常に恐れています。紛失したとなれば、悪夢でしかありません。認証トークンの回復は非常に困難なので、私たちは特別なステップバイステップ手順を作成したくらいです。一方、カスペルスキー パスワードマネージャーはトークン(およびそのすべてのパスワード)を暗号化された形式でクラウドに安全に保管するため、使用しているデバイスでいつでも認証機能を使用し、すべてのデータを新しいデバイスで復元できます。メインパスワードさえ覚えておけばよいのです。

4.簡単な移行

さらなるメリットは、Google Authenticatorなどからあらゆるデータを迅速かつ簡単に移行できることです。いつもの方法でGoogle Authenticatorからすべてのトークンを1つのQRコードにエクスポートし、それをカスペルスキー パスワードマネージャーでスキャンすればよいのです。そうすればすぐに機能します。
私たちが知る限り、Google Authenticatorからのデータ移行がこれほど簡単な認証アプリは他にありません。通常は、すべてのトークンを1つずつ再作成するという手間と時間がかかります。しかし、カスペルスキー パスワードマネージャーでは、画面を4回タップするだけですべて完了します。

他にはどんな機能がある?

最後に、強固な保護と認証機能を搭載したという特徴以外で、カスペルスキー パスワードマネージャーに備わっている機能は下記のとおりです。
• オンラインフォームにはデータが自動入力されます。ユーザー名やパスワードだけでなく、住所や銀行カードの詳細といった他の情報も入力されます。
• パスワードが脆弱な場合、以前に使用されたことがある場合、または既知の漏えい情報に含まれている場合は、警告が表示されます。
• カスタマイズできるランダムな文字の組み合わせに基づいて、可能な限り最強のパスワードを生成します。
• 重要な文書、銀行カードの詳細、その他の非常に貴重な情報(クリプトウォレットのシードフレーズなど)を安全に保管します。
• 保存されているすべてのデータを堅牢なAES-256アルゴリズムで暗号化します。暗号化キーはメインパスワードから作成され、どこにも保存されないため、メインパスワードがなければカスペルスキー パスワードマネージャーのコンテンツは復号化できません。
ちなみにカスペルスキー パスワードマネージャーの最近のアップデートでは、認証機能が搭載されただけでなく、OperaおよびOpera GXブラウザーのサポートも追加されました。そのため、Chrome(およびChromiumベースの他のブラウザー)、Safari、Firefox、Edge、そして今やOperaなど、最も人気のあるすべてのブラウザーでパスワードやその他のデータを自動入力できるようになりました。
カスペルスキー パスワードマネージャーのフルバージョンは、カスペルスキー プラスおよびカスペルスキー プレミアムのサブスクリプションに含まれており、可能な限り最も信頼性の高い保護、無制限のVPN、その他の便利な機能を多数備えています。

ヒント

ホームセキュリティのセキュリティ

最近では様々な企業が、主にカメラなどのスマートなテクノロジーを活用したホームセキュリティサービスを提供しています。しかし、セキュリティシステムは侵入者からの攻撃に対してどの程度セキュアなのでしょうか?