マルウェア感染の可能性を示す10の危険信号

2013年8月20日

もしあなたがシステムセキュリティの基本的なルールをすべて守っているとしても(つまりオペレーティングシステムとプログラムを定期的にアップデートし、スパムを徹底的に避け、怪しげなリンクを絶対にクリックせず、そしてもちろん、総合アンチウイルス製品を使っていたとしても)、システムがマルウェアに感染するという最悪の事態を完全に回避することはできないでしょう。しかし、マルウェアに感染しているかどうかはどうしたら分かるのでしょうか。以下に挙げる10項目は、システムが感染していると言い切るものではありませんが、感染している可能性があることを示す危険信号だと考えてください。

感染兆候-title

1. 突然のクラッシュ:システムの突然のクラッシュを経験したことがある人なら、クラッシュや定期的に発生する恐るべき死のブルースクリーンは、何かひどく間違ったことが起きていることを示す危険信号であるのを知っているでしょう。突然のクラッシュが起きたら、すぐにシステムをスキャンして、感染していないかを確認してください。

2. システムの動作が遅い:リソースの消費が大きいアプリケーションを実行しているわけではないのにシステムの動作が遅いと感じたら、システムがウイルスに感染しているせいかもしれません。

3. ハードドライブが過剰に動作している:同じく、コンピューターがアイドル状態なのにハードドライブが過剰に動作していることに気付いた場合は、感染している可能性があります。

4. 見慣れないウィンドウが表れる:起動プロセス中に見慣れないポップアップウィンドウが表示される場合、特にシステム上のさまざまなドライブにアクセスできないと警告するものが表示された場合は、何か問題が発生しています。

5. 奇妙なメッセージが表示される:システムの実行中にダイアログボックスが表示され、いくつかのプログラムやファイルを開けないという警告が出る場合は、これも厄介な問題を示すサインです。

6. プログラムの動作がおかしい:プログラムが消えてしまう、壊れている、起動していないのに勝手に立ち上がる、または命令していないのにインターネットにアクセスしようとしているという警告が表示される場合は、マルウェアのえじきになっている危険性が高いといえるでしょう。

7. ランダムなネットワーク動作:サイズの大きなプログラムを実行している、または多量のインターネットデータにアクセスしているというわけではないのに、高レベルのネットワーク動作を示すルーターのランプが常に点滅しているなら、何か問題が起こっているかもしれません。

8. メールの動作がおかしい:メールが送れない、または自分が送った記憶のない不明なメールが届いているという連絡を知り合いから受けた場合は、システムがマルウェアに感染している可能性が高いと考えられます(またはメールのパスワードが盗まれたのかもしれません)。

9. IPアドレスがブラックリストに載っている:あなたのIPアドレスがブラックリストに入っているという通知を受け取ったら、これはコンピューターが不正に使用されているかもしれないという重大なサインです。システムがマルウェアに感染しており、広範囲にスパムをまき散らすボットネットの一部として使われているかもしれないと疑うべき時です。

10. アンチウイルス製品が突然無効になる:多くのマルウェアプログラムは、自分が駆除されてしまわないように、アンチウイルス製品を無効にするように作られています。そのため、アンチウイルスシステムが突然動作しなくなったら、何かもっと大きな問題が発生している可能性があります。

システムがマルウェアに感染しているかどうかを知る確実な方法は、アンチウイルス製品を使ってシステムをスキャンすることです。あやしいな、と思った場合にスキャンするだけでなく、定期的にスキャンが実行されるようにスケジュールするのもよいでしょう。