ウイルス

22 記事

「Not-a-Virus」とは?

カスペルスキー製品で「not-a-virus」(ウイルスではないもの)が検知されることがあります。確かに悪意あるプログラムではないのですが、どういうものなのか、知っておいた方がよいでしょう。

ハロウィーン2013

見た目に恐ろしいウイルス8種

システムを壊したり貴重なデータを盗んだりするコンピューターウイルスよりも直接的に怖さを実感させるもの、それは、恐ろしげな画面を作り出すウイルスです。ハロウィーンに敬意を表して(昨日でしたが)、これまでで一番見た目に恐ろしいウイルスを紹介しましょう。ほとんどはDOSの時代のもの。つまり、コンピューティングというものがもっとシンプルで、金銭的利益ではなく自己顕示のためにウイルスが作成されていた時代に現れたものです。大損害を与えるまでいかないものもありますが、その動作を見れば、ぞっとすること請け合いです。   Cascade:自分のシステムが文字通り崩れていくのを目の当たりにしたユーザーほど、怖い思いをする人はいないでしょう。Cascadeは80年代の終わりから90年代の初めにかけて流行したウイルスです。これがシステムにインストールされると、DOSの文字が画面の下方へ落ちていき、その間コンピューターが使い物にならなくなり、しかも定期的にそれが繰り返されます。このウイルスはまた、同名のコンピューターウイルスが出てくる『スタートレック:ヴォイジャー』のエピソードにインスパイアされたようです。     MadMan:このDOSウイルスのもたらす損害は大きくありませんが、ぎょっとするような映像が映し出されます。目を細めた赤い顔の男が表れ、「Nothing can save you here, friend – you’re in my world now.」(誰もお前を助けてはくれない – お前は俺の世界にいるのだ)というメッセージが表示されるのです。このウイルスを削除しようとしても「I’m watching you」(お前を監視しているぞ)という文字が表れます。   AIDS:下品で(もちろん怖い)プログラムのひとつ。90年代初めに感染がみられたこのウイルスは、ユーザーの画面を乗っ取り、長ったらしい下品なメッセージとものすごく大きな文字を使って、システムがAIDSに感染したと告げます。駆除するには、この時点でシステムを再起動し、感染した.COMファイルを削除しなければなりません。   Skulls (Skuller):これは、2004年当時普及していたSymbian OSを攻撃するトロイの木馬です。携帯電話をデコレーションするアプリのふりをして、画面上のアイコンを骸骨の画像に置き換え、標準のアプリが使えないようにしてしまいます。Kaspersky Labのエキスパートたちは的確にも、このマルウェアを「Vandal Trojan」(「荒らし」トロイの木馬)と呼んでいました。Skullsは、いま流行っているモバイルマルウェアの走りで、確かに恐ろしいものでした。