Bitcoinを安全に使うために

2013年11月20日

オンライン取引の支払いにまだBitcoinを使ったことがない人も、近い将来、使うことになるかもしれません。Bitcoinは2008年に誕生したデジタル通貨であり、この数年で一般ユーザーによるオンライン取引でも広く利用されるようになりました。その人気は急速に高まっています。

Bitcoinの安全

しかし、革新を起こすほどの可能性を秘めたこの通貨を適切に使用できるかどうかは、安全性に大きく左右されます。その安全性ですが、このところ何度も脅かされているのです。驚くほどのことではありません。私たちの日常生活の多くの部分(個人情報、金融データ、そしてお金自体)がオンラインへと移ったため、犯罪者の関心はサイバー犯罪に向けられるようになりました。想像してみてください。このインターネット上のお金を自分のコンピューターの中に保存したら、どうなるでしょうか?あるいは、一部のユーザーが選んだように、オンラインのプライベートバンクに預けた場合は?こうしたサイバー犯罪者にとって非常に魅力的な標的となるはずです。

私たちの日常生活の多くの部分(個人情報、金融データ、そしてお金自体)がオンラインへと移ったため、犯罪者の関心はサイバー犯罪に向けられるようになりました

では、自分が所有するBitcoinの安全はどうやって守ればいいのでしょうか?まずは、オンラインの銀行や証券取引サービスに全額を預けないことです。これらは匿名の団体が運営する比較的新しい機関なので、お金が盗まれた場合に戻ってくる保証はありません。評判がいいとされるサービスを検討するとしても、やはり、物理的な銀行の金庫室よりもオンラインバンクに侵入する手段の方が多いのです。

代わりに、オフラインのBitcoinウォレットサービスを使いましょう。ElectrumやArmoryなどは、ユーザーのハードドライブ内の厳重に暗号化された領域にBitcoinを保存することができます。これらは強力なパスワードで保護してください。むしろ、自分で作成したパスワードは使用するべきではありません。オープンソースのパスワード生成ソフトウェアを使いましょう。セキュリティを最大限強化するために、このオフラインのウォレットは別のハードドライブか、インターネットに接続されていないコンピューターに保存します。オンライン取引を実施する必要があるときだけ、Bitcoinをインターネット接続デバイスに転送するようにしましょう。