製品がインストールされたコンピューターのパフォーマンスを上げる方法

2013年8月1日

Kaspersky Labをはじめとするセキュリティ各社は、コンピューターをおびやかす脅威からデータを守るソフトウェアを作成し、幅広いラインナップを個人や法人のお客様へ提供しています。中でも、個人ユーザーの皆さまにさまざまな脅威からの保護をご提供するのがカスペルスキー 2013 マルチプラットフォーム セキュリティです。

kis2013スピードアップ-アニメ

しかしながら、カスペルスキーの製品をインストールしてあるとコンピューターのパフォーマンスが落ちる、というご意見があります。特に、コンピューター起動時に時間がかかるといいます。

実際のところ、インストールされているアンチウイルス製品はコンピューターを守る、システム内でのアプリケーションの動作をスキャンする、という動きをしていますが、コンピューターの速度を遅くすることはありません。第三者機関によるテストの結果をご覧いただいても、カスペルスキー アンチウイルスは速度が早い方であることがおわかりいただけると思います。

しかし、他の製品と同様、カスペルスキー インターネット セキュリティ(カスペルスキー 2013 マルチプラットフォーム セキュリティに同梱)も目的に合わせてカスタマイズすることができます。

kis2013スピードアップ-title

この製品には、コンピューターの起動時に自身の起動を遅らせることで、システムリソースをOSの起動に譲る機能があります。

このオプションを有効にするには、まず[設定]ウィンドウ左側上部にあるボックスの画のタブをクリックします。続いて、画面の左側で[パフォーマンス]を選択し、画面右側で[Windowsの起動後しばらくしてから保護を開始する]チェックボックスをオンにします。

kis_パフォーマンス

 これが有効だからといって、あまり使いすぎないようにしてください。この機能を有効にしてあると、アプリケーションが起動するまでカスペルスキー インターネット セキュリティはネットワーク接続できません。したがって、その間はマルウェアの活動を阻止したり遮断したりできなくなります。