2017年3月16日

カスペルスキー プラグインの便利な機能

セキュリティ ヒント 製品

ブラウザー拡張機能の「カスペルスキー プラグイン」をご存じでしょうか。カスペルスキー プラグインは、当社の個人向けセキュリティ製品(カスペルスキー インターネット セキュリティ)の一部です。

カスペルスキー プラグインの主な機能は、パスワードやクレジットカード番号といった個人情報の漏洩を防ぐこと、そして悪意あるWebサイトに迷い込まないようにすることです。

ところで、この拡張機能の仕事はこれだけではありません。

カスペルスキー プラグインができること

カスペルスキー プラグインは、製品をインストールする際にブラウザー(Internet Explorer、Google Chrome、Mozilla Firefox)へ自動的にインストールされます。インストール後に拡張機能を有効にするかどうかを尋ねる通知が表示されますので、利用する場合は有効にしてください。では、カスペルスキー プラグインには上記以外にどういった機能があるか、簡単に見ていきましょう。

バナー広告対策

この機能を有効にすると、じゃまな広告が表示されないようになります。バナー広告対策を有効にする手順は、当社のサポートページ(こちら)をご覧ください。

Webトラッキング防止

SNSサイトや広告代理店は、ページを見に来た人の行動を追跡し、プロフィールを作成してマーケティング目的に利用します。Webトラッキング防止は、Webサイトやオンライン広告代理店による追跡をブロックする機能です。設定などの詳細については、サポートページ(こちら)をご覧ください。

セキュリティキーボードを開く

ログインIDやパスワードなど、重要なデータを盗み見る方法のひとつに、キー入力を盗み見るソフトウェア(キーロガー)があります。セキュリティキーボードはコンピューターの画面上に表示されるキーボードで、ここから入力すれば、入力した内容を見られずに済みます。オンラインバンキングやオンラインショッピングの際に役立つ機能です。使い方の詳細については、サポートページ(こちら)をご覧ください。

カスペルスキー プラグインを削除してしまったけれどもやはり使いたい、という場合には、こちらに説明する手順で元に戻すことができます。