ブラウザー拡張機能「カスペルスキー プラグイン」が必要な理由

2016年4月14日

お気付きかもしれませんが、カスペルスキーのセキュリティ製品をインストールすると、「カスペルスキー プラグイン」というブラウザー用のセキュリティ拡張機能も同時にインストールされます。今回の記事では、カスペルスキー プラグインの機能とセットアップ方法を説明します。

kasperky-protection-plugin-FB

カスペルスキー プラグインの主な役割は、パスワードやクレジットカード番号などの個人情報が流出しないように保護することです。この拡張機能では、ブラウザーのアクティブタブに表示されているリンクがすべてチェックされます。チェック対象のリンクの中で、危険なリンクには赤いアイコン、安全なリンクには緑色のアイコンで印が付けられます。

0_ja

また、カスペルスキー プラグインは危険なサイトやフィッシングページをブロックし、広告バナーを非表示にします。さらに、利用者をキーロガーから保護します。ちなみに、キーロガーはマルウェアの一種であり、利用者のキー入力を記録し、パスワードやクレジットカード番号を狙う犯罪者に送信します。

では、カスペルスキー プラグインが実行されているかどうか、確認してみましょう。

Microsoft Internet Explorer

Internet Explorer(IE)用のカスペルスキー プラグインは自動的にインストールされます。カスペルスキー プラグインがインストールされ、アクティブであるかどうかを確認するには、IEブラウザーを開き、ツールアドオンの管理を選択します。

1_ja

2_ja

Google Chrome

カスペルスキー プラグインは、Google Chromeに自動的にインストールされます。インストールされているかどうかは、Chromeの右上にある設定メニューで確認できます。

4_ja

既定では、この拡張機能はオフになっていますが、手動でオンにすることができます。

5_ja

この拡張機能を削除しても、Chromeストアから再ダウンロードできます。

6_ja

ただし、カスペルスキー プラグインが機能するのは、カスペルスキーのセキュリティ製品がアクティブの場合のみですので、ご注意ください。

カスペルスキー プラグインの詳細については、当社のサポートページをご覧ください。ネット決済保護データ入力の保護Web保護の設定に関する記事は、ぜひお読みください。