カスペルスキー アンチウイルス

6 記事

バージョン2014のご紹介

クラウドベースのKaspersky Security Networkによると、毎日およそ20万件の新しいマルウェアサンプルが発見されています。1年前、その数は12万5,000件でした。サイバー脅威に対して十分な品質の対策を講じていないと、毎日スパムメールに悩まされたり、ウイルスに感染したせいでPCの動作が遅くなったりするだけでなく、財布の中身に直接影響します。サイバー犯罪者はオンラインバンキングの認証情報や他の重要な金銭的情報を盗み取ろうとします。インターネットユーザーのうち62%は、過去12か月に少なくとも1度はオンラインバンキング、ショッピング、または決済サービス関連の攻撃を受けたことがあるとしています。現代のサイバー犯罪と戦うセキュリティソリューションには、「金銭的な被害を防止する」という明白な課題があります。 現存する脅威からユーザーを守り、金銭的なデータを安全に保護するために、Kaspersky Labから近々新たにリリースされるのが「カスペルスキー インターネット セキュリティ」(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティに同梱のWindows向けプログラム)および「カスペルスキー アンチウイルス 2014」です。この2製品は、以前から備わっていた保護機能(ネット決済保護など)が強化されただけでなく、ユーザーのPCとデジタル資産を保護する「実行アプリケーションの制限」などの新機能が追加されています。また、どちらもPCのリソース消費を最低限に抑えるように最適化されています。   新機能 カスペルスキー インターネット セキュリティ2014とカスペルスキー アンチウイルス2014には、革新的なアンチウイルス技術がいくつも追加されており、保護機能が飛躍的に向上しています。両製品とも、Kaspersky Lab独自のアンチウイルス技術であるZETAシールドを搭載しています。この技術によって、データファイル(PDFドキュメントやXLS表計算シートなど)を詳細にスキャンし、内部の奥深くにエクスプロイトやマルウェアが潜んでいないかを確認します。 独自技術のZETAシールド、強化されたネット決済保護機能(カスペルスキー インターネット セキュリティ) また、ぜい弱性攻撃ブロックの技術が強化され、新種の脅威に対する保護力が向上しています。ぜい弱性攻撃ブロック機能は、正規のプログラムをスキャンして、エクスプロイトの一般的なふるまいとされるものがないかを調べます。エクスプロイトとは攻撃の一種で、インストールされたソフトウェアのぜい弱性を悪用してPCに入り込みます。ぜい弱性攻撃ブロックは、サイバー犯罪者のターゲットになりやすいJavaやAdobe Readerなどのプログラムを細かく監視し、正規のプログラムに潜むぜい弱性を突いてコンピューターの防御を破ろうとするサイバー犯罪者をブロックします。 しかし、新種の脅威や高度な脅威だけがリスクをもたらすのではありません。ランサムウェア型トロイの木馬のような昔からある脅威によってコンピューターにアクセスできなくなり、「ロック解除」するには料金を支払うようにと要求される場合があります。アンチウイルス製品がインストールされているのに、こうしたことが起きたりもします。一般に、人々はセキュリティプログラムの警告が表示されるのを無視して、正規の楽曲ファイルやドキュメントなど、正規のプログラムを装ったプログラムを自ら進んでインストールしがちです。それが実は悪意のあるプログラムだったと分かったときにはもう手遅れです。 カスペルスキー インターネット セキュリティ2014とカスペルスキー アンチウイルス2014では、こうした画面ロックに対抗する新しい保護機能が導入され、ランサムウェアに対処できるようになりました。万一画面をロックされて金銭を要求されるようなことがあっても、簡単なキーの組み合わせを入力することでマルウェアを削除できます。