テストと賞について

2018年2月16日

※2018年3月7日更新:新たに受賞した賞を追記し、評価機関のロゴを追加しました。
※2018年3月26日更新:新たに受賞した賞を追記しました。
※2018年3月29日更新:画像を追加しました。
※2018年7月18日更新:新たに受賞した賞を追記しました。
※2019年2月14日更新:新たに受賞した賞を追記しました。
※2019年2月18日更新:新たに受賞した賞を追記しました。
※2019年2月22日更新:新たに受賞した賞を追記しました。

セキュリティ製品を選ぶのは、簡単ではありません。セキュリティ製品を開発する会社は数多く、それぞれが自社製品の優位性をうたっています。

製品を選ぶ人が詳しい情報を得た上で判断できるように、第三者評価機関は定期的に製品の調査を実施し、さまざまな種類のマルウェアを特定できるか、実行速度はどうか、誤検知があるかどうかを検証しています。

本音を言えばKaspersky Labの製品を選んでいただきたいところですが、そこには正当な理由がなければなりません。そこで、今回の記事では、当社製品が第三者評価機関から授与された賞を、最近の賞から過去にさかのぼってご紹介します。各賞の詳細については、こちらの記事をご覧ください。

注目いただきたいのは、当社製品が多数の評価機関から賞を受けている点です。1つの評価機関だけから多数の賞をもらっていたなら、テストの公平性や正確性が疑われるでしょう。各種機関が当社のセキュリティ製品をどのように評価したか、ご確認ください。

2019年2月22日

AV-TESTによる年間アワードで、カスペルスキー製品は4カテゴリー中で8つの賞を受け、記録的な数の受賞となりました(英語記事)。

個人向け製品のカスペルスキー インターネット セキュリティ(カスペルスキー セキュリティに同梱のWindows対応プログラム)は、「Best Performance(ベストパフォーマンス)」、「Best Usability(ベストユーザビリティ)」、「Best Repair(ベストリペア)」の3つを受賞しました。

法人向け製品のKaspersky Endpoint Securityおよび小規模オフィス向け製品のカスペルスキー スモール オフィス セキュリティは誤検知が最も少なく、ベストユーザビリティ賞を獲得。これに加え、Kaspersky Endpoint Securityはベストパフォーマンス賞、カスペルスキー スモール オフィス セキュリティは「Best Protection(ベスト プロテクション)」賞をそれぞれ受賞しました。

また、無料ツールのKaspersky Virus Removal Toolはベストリペア賞を受賞し、5年連続受賞となりました。

2019年2月18日

AV-ComparativesのSummary Report 2018(2018年度レポート)では、カスペルスキー インターネット セキュリティがTop Ratedの評価を受けました(英語記事)。同製品は7つのテスト中5つで最高スコアをマークし、残る2つでも傑出したパフォーマンスを見せました。

このほか、カスペルスキー インターネット セキュリティはMalware Removal Test(マルウェア駆除テスト)でGold Award、False Positives Test(誤検知の少なさを見るテスト)でSilver Award、Real-World Protection Test(実環境での保護性能テスト)でBronze Awardを受賞しました。また、分かりやすいユーザーインターフェイスや幅広い追加機能も評価されています。

2019年2月14日

AV-TESTは、当社のファミリー向け製品Kaspersky Safe Kids(日本では未発売)のWindows版iOS版およびAndroid版を「Approved」に認定しました(リンク先はいずれも英語)。テストでは、不適切なコンテンツのブロックにおいて、OS内蔵のツールよりも効果を発揮することが示されました。Kaspersky Safe Kidsは、よりバラエティに富んだオンラインの危険から子どもを守ることができます。たとえば、プライベートなデータの送信をコントロールする、お金を狙うオンライン詐欺を退ける、ネットいじめがないかモニタリングするなどが可能であり、わいせつ目的で子どもに取り入ろうとする動きを見張るのにも役立ちます。AV-TESTは、こうした機能のいくつかはKaspersky Safe Kids独特のものであることを指摘しています。

2018年8月20日

インターネット セキュリティは、1年にわたって実施された3か月ごとのテストをすべてパスし、2017/2018年のMRG Effitas Online Banking/Browser Security Award(年間賞)を受賞しました。当社製品がこの賞を受けるのは連続4回目であり、4回連続という記録を達成したのは当社のみです。

2018年7月18日

MRG Effitasによる最新の四半期テストで、当社製品はコンピューターとスマートフォンの両方に効果的な保護を提供していることを評価されました。カスペルスキー インターネット セキュリティは、Online Banking/Browser Security CertificationでLevel 1 Certificate(レベル1認定)を受けました(英語記事)。これは、アンチウイルス製品に与えられる最高の賞で、同製品がテストスイートに含まれている300超の脅威をすべて無力化したことに対し授与されました。

MRG Effitas 360 Degree Assessment & Certificationテストでは、カスペルスキー インターネット セキュリティがLevel 1 Certificateを獲得しました。当社製品は、ランサムウェアや金融系マルウェアを100%検知しています(英語記事)。

そのモバイル版であるカスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidも、高得点を挙げました。脅威がデバイスにダウンロードされた直後に無力化する能力を試すEarly Stage Detection、インストール中の検査能力をテストするDetection During Installationの両カテゴリーで、最高のパフォーマンスを示しました(英語記事)。

Kaspersky Anti-Targeted Attack Platform 2.0.0.122(KATA)は、ICSA Labsから新たに2つの品質認定を受けました(英語記事)。2018年第1四半期および第2四半期に行われた標的型攻撃への対抗テストにおいて、脅威を例外なくすべて検出し、誤検知もなく、5回連続で当該カテゴリー最高の成績を収めました。同等のクラスでこのような成果をあげたソリューションは他にありません。

SELabsは、同社の最高賞をKaspersky Labの3製品に同時授与しました。カスペルスキー インターネット セキュリティは誤検知を1件も出さずに、他のどの製品よりも多くの脅威を無力化し、家庭用PC向け最優秀アンチウイルス製品と認められました(リンクから英語PDFがダウンロードされます)。カスペルスキー スモール オフィス セキュリティはSmall Business Anti-Virus Protection(小規模企業向けアンチウイルスによる保護)、Kaspersky Endpoint Security for WindowsはEnterprise Anti-Virus Protection(エンタープライズ向けアンチウイルスによる保護)で、それぞれ金賞を受賞しました(リンクからは、いずれも英語PDFが直接ダウンロードされます)。当社の3製品すべてが1,116点満点中1,116点というスコアを挙げましたが、ここまでの結果を収めたのは当社製品のみでした。

法人向けセキュリティ製品20種を対象にしたNSS LabsのAdvanced Endpoint Protection(高度なエンドポイント保護)比較分析は、当社にとって極めて重要なテストの1つです(英語記事)。このテストにおいて、Kaspersky Endpoint Securityは脅威の99.4%を検知し、誤検知はゼロでした。特に注目に値するのは、エクスプロイトや複合型脅威、高度な検知回避技術に対する防御を100%達成できたこと、加えて、HTTP攻撃シナリオや、文書内およびオフラインモードにおけるマルウェアからの保護で満点の結果を示した点です。

こうした評価テストの累積結果により、Kaspersky Endpoint Securityは、Security Effectiveness(セキュリティの効果)部門でテスト参加製品中、トップの成績を収めました。総所有コストを加味した結果、最高賞であるRecommended(推奨)ステータスが同製品に与えられています。

2018年3月21日

AV-TESTの2017年度のテストで、当社の個人向け製品および法人向け製品が、昨年に引き続き「Best Performance(ベストパフォーマンス)」、「Best Usability(ベストユーザビリティ)」、「Best Repair(ベストリペア)」の賞を受けました(英語記事)。中でも、主力製品であるカスペルスキー インターネット セキュリティ(カスペルスキー セキュリティに同梱のWindows対応プログラム)は、この3つをすべて受賞しています。小規模オフィス向け製品のカスペルスキー スモール オフィス セキュリティはそのパフォーマンスを、法人向け製品のKaspersky Endpoint Security for Businessは誤検知のない点を、特に評価されました。無料で利用できるウイルス除去ツールのKaspersky Virus Removal Toolは、昨年同様ベストリペア賞を獲得しています。

PC Magazineは、当社のペアレンタルコントロール用ソリューションのKaspersky Safe Kids(日本では未提供)をテストし、4つ星の評価(5段階中)としました(英語記事)。同種の製品と比較して手頃であると指摘し、柔軟に設定できる点や多種にわたる機能を評価しています。

当社の3製品が、Tom’s Guideより賞を受けました(英語記事)。カスペルスキー インターネット セキュリティがBest Midrange Antivirus Product、Kaspersky Total Security(日本では未提供)がBest Premium Security Suite、カスペルスキー インターネット セキュリティ for MacがBest Antivirus for Macを受賞しています。

2018年3月1日

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Androidは、AV-TESTのThe best antivirus software for Android にて1位となりました(英語記事)。Protection(保護)カテゴリ−とUsability(使い勝手の良さ)カテゴリーで6点満点中6点の成績を納め、重要なセキュリティ機能のカテゴリーで1点が加点されています。

カスペルスキー インターネット セキュリティ for Macは、AV-TESTのAntivirus Solutions for macOS Sierraにて検知率100%を示しました(英語記事)。また、パフォーマンスとシステムへの負荷の小ささも評価されています。当社製品が動作中の場合と動作していない場合でのパフォーマンスの違いは1%未満と、日常の使用では気付かないレベルでした。

Windows向けのカスペルスキー インターネット セキュリティは、ドイツのComputer Bild誌が2018年に入って実施したテストで第2位となりました(ドイツ語記事)。

2018年2月19日

1つの製品に対する1つのテストの結果だけではなく、複数製品が参加する複数テストで示された持続的パフォーマンスの方が有意な評価となる、という考えの下、信頼の厚い第三者評価機関によるテストとレビューの結果をまとめて指標化したのが「TOP 3プロテクション」です。カスペルスキー製品は2017年、第三者評価機関のテストおよびレビューに86回参加しました。そのうち上位3位までの入賞は78回、首位の成績を納めたのは72回です。

201828

当社の主力商品であるカスペルスキー インターネット セキュリティは、MRG EffitasのOnline Banking/Browser Security Awardを3年連続で受賞しました(英語記事)。このセキュリティ製品に組み込まれたネット決済保護コンポーネントが、高いレベルのセキュリティをもたらしています。

201826

カスペルスキー インターネット セキュリティは、AV-Comparativesより、2017年度のOutstanding Product Awardを受賞しました(英語記事)。AV Comparativesのテストにおいて、当社製品は7年連続で最高得点を記録しています。Kaspersky Labは、この記録を初めて達成した唯一のセキュリティ製品開発会社です。

2018110

PCMagは、カスペルスキー インターネット セキュリティにThe Best Security Suites of 2018を授与しました(英語記事)。この賞を受賞したのは初めてではなく、1年前にも同じ賞をいただいています。

20162017年に授与された賞

ここでは、これまでの受賞のうち、特筆すべきものをさかのぼってご紹介します。

個人向け製品

当社の主力製品「カスペルスキー インターネット セキュリティ」は、参加テスト数が最も多く、必然的に一番多くの賞を受賞しています。

AV-TESTによる年間アワードでは、Best Performanceカテゴリー(「遅延」を生じさせない)とBest Usabilityカテゴリー(使い勝手の良さ)で第1位を獲得し、誤検知率が最も低い(理由なく警告を出さない)結果となりました(英語記事)。

PCMagは、最優秀製品賞に加え、カスペルスキー インターネット セキュリティをEditors’ Choiceに選出しました(英語記事)。

2016年には、AV ComparativesよりOutstanding Security Productを授与されました。また、1か月に一度認定されるAdvanced+を複数回にわたって受賞しています(英語記事)。

MRG Effitasからは、Online Banking Certification Testと360-degree Assessment & Certificationの2つのテストに合格したことに対する認定を受けました。一方はカスペルスキー インターネット セキュリティがネット決済をはじめとする取引の保護に優れていることを示し、もう一方はランサムウェアを含むさまざまな脅威に対する保護に優れていることを表しています。MRG Effitasのテスト、およびそれらのテストにおける当社製品のパフォーマンスの詳細については、こちらをご覧ください。

SE Labsも、比較テストの結果に基づいて、カスペルスキー インターネット セキュリティに最高評価のAAAをつけています(英語記事)。

最後になりましたが、Virus Bulletinは、テストを通じて脅威を100%捕捉しながら1件の誤検知も出さなかったことを評価し、カスペルスキー インターネット セキュリティにVB100 Certificateを与えています(英語記事)。

当社セキュリティ製品のモバイル版「カスペルスキー インターネット セキュリティ for Android」は、AV-TESTの認定を受けました。

無料ツールである「Kaspersky Virus Removal Tool」は、AV-TESTのBest Repair Award賞を受賞しました。感染後のコンピューターの復元に最適であるとテスターに認められた結果です(もちろん、最初から感染しないのが一番いいのですが)。授与された賞の一覧は、こちらをご覧ください(英語)。

法人向け製品

大企業向けおよび中小企業向けビジネス製品の両方が、個人向け製品と同様に、さまざまな賞を頂戴しています。受賞数は個人向け製品よりも多いかもしれません。

中でも重要なのは、エンドポイント保護製品「Kaspersky Endpoint Security」に授与されたGartner Peer Insights Customer Choiceの2017 Platinum Awardです。当社製品をお使いの方々が製品の使いやすさ、信頼性、インストールの簡便さ、技術サポートデスクのプロ意識を高く評価してくださったことによる受賞です。

Kaspersky Endpoint Securityは、AV-TESTから、最低誤検知率と最高保護率に対する賞も授与されました。このほか、SE Labsからは最高レベルのAAA評価を、Virus BulletinからはVB100 Certificateを頂戴しています。

小規模企業向けセキュリティ製品「カスペルスキー スモールオフィス セキュリティ」も、多数の賞をいただいています。AV-TESTからは、Best Protection、Best Performance、Fewest False Alarmsの3つの賞をいただきました。また、SE LabsではAAA評価を受けています。

また「Kaspersky Security for Linux Mail Server」は、スパムメッセージの99.8%超をブロックしたことが認められ、Virus Bulletinから最高のSpam+ Verified評価を受けました。

まとめ

自社製品の優位性を述べる権利は各社にあります。しかし、どのセキュリティ製品がどう優れているか理解するには、主観的な意見だけでは十分ではありません。第三者によるテストは、そのためにあります。各種機関が実施する第三者テストの結果から、Kaspersky Labのセキュリティ製品の性能を読み取っていただけるものと思います。第三者評価機関およびその賞の詳細については、こちらをご覧ください。