カスペルスキー インターネット セキュリティ

131 記事

コンピューターの一番厳しい保護レベル

家族で共有するコンピューターはありますか?共有しているのであれば、それぞれが自分の使いたいソフトウェアをインストールしているでしょうし、システム設定を変えたり、好きなWebサイトを見たりしていることでしょう。同じユーザーアカウントを皆で使っていても不思議はないし、もしかするとまったく保護をかけていないかも?その結果、実はウイルスをごっそり「飼って」いたり、自分たちの保管するデータを危機にさらしていたりするのは想像に難くありません。 コンピューターをもっと安全に使うには、「実行アプリケーションの制限」というモードが役立ちます。これはカスペルスキー インターネット セキュリティ(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティのWindows用プログラム)に搭載されています。「信頼できない」プログラム(Kaspersky Security Networkに情報がないプログラム)が起動しようとしたときにブロックしてくれます。つまり、よく知っていて信頼できるアプリケーションだけに実行を許すことで、コンピューターの安全性を確保するという仕組みです。 この機能は、既定では無効になっています。有効にしたら、コンピューターの挙動がとても厳しいものになりますのでご注意を。まず準備段階では、Kaspersky Labが保有する「信頼できる」アプリケーションのデータベースを参照しながら、コンピューターで使われているすべてのアプリケーションをリストアップします(ダイナミックライブラリやスクリプトも含めてすべて)。終わるまでに数時間かかることがありますが、この作業が必要になるのは「実行アプリケーションの制限」機能を初めて有効にするときだけです。リストアップが終わると、結果が表示されます。「信頼する」「信頼しない」などのカテゴリを変更したいときには、ここで変更を加えてください。これで、この高度なセキュリティ機能を使う準備が整いました。 実行アプリケーションの制限機能を有効にするには: カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014を開き、右下の上向き矢印をクリックします。 [アプリケーション動作状況]を選択します [実行アプリケーションの制限が無効です]というメッセージの下にある[有効にする]リンクをクリックします。システムファイルとインストール済みアプリケーションのリストアップが始まります。終了するまで待ちます システムファイルやアプリケーションの情報が十分でない場合、[実行アプリケーションの制限]ウィンドウにメッセージが表示されます。不明なファイルの一覧を見るには、[不明なシステムファイルのリストに移動する]をクリックします。 完全に安全だと判断しきれないアプリケーションが見つかる場合があります。これは、関連のシステムファイル数が多すぎるためです。そのようなときは、「実行アプリケーションの制限」機能の有効化をお勧めしません。機能を有効化しない場合は[実行アプリケーションの制限を有効にしない]ボタンをクリックしてください。 「実行アプリケーションの制限」機能を有効にしつつも、不明なファイルの実行は許可したい場合は、[不明なシステムファイルの実行を許可し、続行する]のリンクをクリックしてください。 次の手順では、ブロックするアプリケーションのリストに変更を加えます(変更したい場合)。続いて、[実行アプリケーションの制限を既定で有効にする]ボタンをクリックします。 注意:実行アプリケーションの制限は、アプリケーション動作状況、ファイル保護、およびシステムウォッチャーが有効になっている場合に機能します。

ZETAシールド

カスペルスキーの法人向けプロテクション技術「ZETAシールド」が個人向け製品にも

Kaspersky Labは、法人向けソリューションで大きな成功を収めた「ZETAシールド」技術をカスペルスキー インターネット セキュリティ 2014(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティのWindows対応プログラム)に採用しました。さらに強固なセキュリティ機能が追加されたのです。 ZETAは「Zero-day, Exploits & Targeted Attacks」(ゼロデイ、エクスプロイト、標的型攻撃)の略です。この技術は企業を標的型攻撃から保護するために開発されました。 最高経営責任者(CEO)のユージン・カスペルスキー(Eugene Kaspersky)は、自身の個人ブログで次のように述べています。 「ZETAシールドは、ハイテクなアンチウイルス顕微鏡だと考えるのが一番分かりやすいだろう。入り組んだファイルの奥深くに潜む最も狡猾なマルウェアを見つけ出し、排除する技術だ。簡単に言うと、ZETAシールドは将来起こり得る脅威に対抗するカスペルスキー独自の防御技術であり、最もありそうにない場所にあるまだ知られぬサイバー脅威を追跡できる。」 ZETAシールドはハイテクなアンチウイルス顕微鏡だと考えるのが一番分かりやすいだろう。入り組んだファイルの奥深くに潜む最も狡猾なマルウェアを見つけ出し、排除する技術だ もう少し専門的な話をすると、ZETAシールドはコンピューター上のデータストリームをスキャンして、正規のファイルに埋め込まれたエクスプロイトのコードフラグメントの特徴を探します。オフィス文書の本文にある実行コードであっても、怪しいコマンドの呼び出しであっても見つけ出します。ZETAは極めて柔軟性の高い技術であるため、マシン上の多種多様なファイルタイプやプロセスの奥深くまで詳しく分析することができるのです。 このデータストリームに関する部分は重要です。これこそが、他のセキュリティ技術にはないZETAシールドの特徴だからです。ZETAシールドは個々のファイルではなくデータストリームを処理することで、受信データを詳細に分析し、不自然と思われる要素を特定して、他の潜在的な脅威を示す間接的な指標として使用します。 Kaspersky Labが、法人向けの極めて重大なプロテクションメカニズムを、主に消費者を対象とした製品に搭載するという決断を下した理由について、最もうまく説明しているのはユージン・カスペルスキー自身の言葉かもしれません。 「標的型攻撃は、政府機関、防衛機関、大手企業ばかりを狙うのではない。誰でも被害者になりうる。だからこそ、標的型攻撃からの防御策を個人向け製品に取り入れたのだ。」

ヒント:kis2014アップデート

製品の自動アップデートを設定する方法

私たちのアンチウイルス製品は常にテストされ、改良が加えられています。製品がリリースされた後でも、アップデートに取り組んでいます。目的はアンチウイルス機能を改良すること、つまり皆さんのコンピューターをより強力に守ることです。それでは、新しいサービスパックや製品の新バージョンがリリースされたことはどうやったらわかるのでしょう?一方で、自分は何もせず自動的にアップデートされるようにするにはどうしたらよいでしょう? カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティのWindows用プログラム)にはアップデートの有無をチェックする機能があり、アップデートを実行する場合のモードを選ぶことができます。 通知を特に受け取らず自動的に製品がアップデートされるようにする場合は、自動アップデートモードをお勧めします。最新の更新パッケージや製品の新バージョンをバックグラウンドでインストールするモードです。 アップデートがあったことを把握しておきたい場合は、アップデートや新バージョンをインストールする前に承認を求めるモードを選択します。 アップデートモードの選択方法は次のとおりです: カスペルスキー インターネット セキュリティのメインウィンドウで、[設定]リンクをクリックします。 左側のリストから[詳細]をクリックし、右側のリストで[アップデート]をクリックしてから希望のモードを選択します。 アップデートを自動的にダウンロードしてインストールする  アップデートをダウンロードする前に、インストールの確認ダイアログを表示する アップデートを自動ダウンロードせず、アップデートと新しいアプリケーションについての通知を受信しない ただし、3番目のオプションはお勧めしません。 ご注意:パッチは、プログラムアップデートに含まれません。 同様の設定はカスペルスキー アンチウイルスにもあります。

ヒント:kis2014アップグレード

製品を最新バージョンにアップグレードする方法

世は諸行無常。ソフトウェアの世界も同様で、たとえばカスペルスキーの製品も、改良を重ねて変わり続けています。一番新しい変化と言えば、バージョン2014がリリースされたことでしょう。先日、新バージョンの使い方を紹介しましたが(ランサムウェアに対抗する方法)、今後も引き続き新バージョン製品の使い方についてお伝えしていきます。今回は、すでに旧バージョンを利用している皆さんのために、新バージョンへのアップグレード方法を説明したいと思います。 新製品へのアップグレードといえば、必ずいただく質問があります。「どうやって新バージョンをインストールしたらいいのか」「今使っているライセンスはどうなるのか」。さっそく、お答えしましょう。 1.カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012/2013をお使いの場合、2014へアップグレードするには手作業が必要です。旧バージョンをアンインストールしてから、バージョン2014をインストールしてください。 (カスペルスキー インターネット セキュリティは、カスペルスキー マルチプラットフォーム のWindows用プログラムです) カスペルスキーの公式Webサイトから、カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014のプログラムをダウンロードします カスペルスキー インターネット セキュリティを終了します。タスクバーの通知領域にある「K」アイコンを右クリックし、[終了]をクリックしてください カスペルスキー インターネット セキュリティ 2014のインストールを開始します 以前のバージョンに上書きインストールする場合、今までの設定やライセンス情報を引き継ぐことができます。   2.カスペルスキー インターネット セキュリティ 2012/2013のライセンス期間がまだ残っている場合、ライセンス有効期間内であれば、今使っているアクティベーションコードをカスペルスキー インターネット セキュリティ

デスクトップロッカー

ランサムウェアに対抗する方法

インターネットを使っている以上、スクリーンをロックするようなソフトウェアに出会わないとはかぎりません。どぎまぎするような画像が画面いっぱいに表示されてしまい、人に見られる前に消そうと思うあまり、要求されたかなりの額を支払う羽目に陥ることがあるかもしれません。または、ランサムウェアに引っかかり、「FBIによるスクリーンのロック」を解除するコードを発行してもらう代わりにお金を払わねばならなくなるかもしれません。 こういったバナーを表示して画面を不正にロックするプログラムは、攻撃者があなたを脅して金銭を巻き上げようとするために利用する道具です。ロックされると、キーボード入力ができなくなり、タスクバーやショートカットへのアクセスも不可能になります。こうなってしまうと、攻撃者の言うままです。 新バージョンのカスペルスキー インターネット セキュリティ(カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティのWindows対応機能)には、「不正ロック対策」機能があります。これは、キーボードのショートカットを使って恐喝者を撃退する機能です。 この機能を有効にする、または自分でショートカットキーを設定するには、メインウィンドウの[設定]をクリックします。[プロテクション]をクリックしてから[システム ウォッチャー]を選択し、[不正ロック対策]セクションの[デスクトップロッカーを検知して終了する]チェックボックスをオンにしてください。 ドロップダウンリストから、キーの組み合わせを選びます。この組み合わせのキーを押せば、不正ロック対策が有効になり、不正に画面をロックするプログラムを検知して削除できます。

信頼リスト-featured

コンピューターのスキャン速度を上げる方法

カスペルスキー インターネット セキュリティが動作しているときに使われるコンピューターリソースの最適化について、これまでいくつか方法を紹介してきました(『コンピューターのパフォーマンスを上げるようにカスペルスキー製品を設定する方法』『コンピューターが休止状態の時にスキャンを実行させる方法』)。 今回は、カスペルスキー インターネット セキュリティが動作するコンピューターのパフォーマンスを上げるための、また別な方法を紹介します。ウイルススキャン実行時に適用できる、特定オブジェクトをスキャンしないようにするルールの作成です。たとえば、プログラムやフォルダーのスキャンにあまり時間をかけたくないような場合は、信頼できる特定のオブジェクトをスキャン対象から外すルールを作成しましょう。 アプリケーションのメインウィンドウにある[設定]リンクをクリックし、表示されたウィンドウ左上の箱アイコンを選択します。 ウィンドウ左側の[検知する脅威と信頼リスト]をクリックし、ウィンドウ右側の[信頼リスト]セクションで[設定]ボタンをクリックします。表示されたウィンドウで[追加]をクリックします。 [信頼するオブジェクト]ウィンドウが表示されたら[説明]セクションの[オブジェクト]項目のリンクをクリックします。 [オブジェクト名マスクの編集]ウィンドウで[参照]ボタンをクリックし、スキャンから除外したいファイルまたはフォルダーを選択して[OK]をクリックします。 このルールを適用する保護機能を選択します。[信頼するオブジェクト]ウィンドウの[説明]セクションで[保護機能]項目のリンクをクリックします。[設定]というリンクが出てきたらこれをクリックします。このオブジェクトをあらゆるタイプのスキャンから除外したい場合は、[保護機能]ウィンドウ内のチェックボックスをすべてオンにしてください。 [OK]を2回クリックします。 これで、信頼するオブジェクトをスキャンから除外するルールを追加できました。これ以降は、指定したオブジェクトがスキャン対象外となり、その分の時間を節約できます。

USBスキャン

USBメモリの自動スキャン

USBメモリなどの外付けドライブからマルウェアに感染することがあります。これを避けるために、ドライブ接続時にスキャンを実行するような設定をしておきましょう。